menu
search

ワイモバイルとマイネオ、おすすめなのはどっち?料金や速度・メリットを徹底比較!

「毎月のスマホ代が7,000円は高いな…。格安SIMに乗り換えようかな」

「ワイモバイルとかマイネオとかよく聞くけれど、どう違うんだろう?」

大手キャリアと同等の通信品質でありながら、割安な料金で利用できることで近年人気の高まっている格安SIM。

そんな格安SIMの中でも、特に人気・知名度が高いがワイモバイルとマイネオです

両社とも、使ったことがなくとも一度は耳にしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

本記事では、ワイモバイルとマイネオの料金、速度、オプションサービスなどを比較して、それぞれどんな人におすすめの回線なのかをわかりやすく解説していきます。

それでは、見ていきましょう。

ワイモバイル公式サイトはこちら

マイネオ公式サイトはこちら

この記事の目次

ワイモバイルとマイネオってどんなキャリア?

(画像:ワイモバイル公式サイト2020/7/13)

ワイモバイルは、ソフトバンク回線を利用した格安SIM、マイネオはドコモ・au・ソフトバンク回線から好きなものを選んで利用できる格安SIMです。

大手キャリアの回線を借り受けてサービス提供していることから、どちらの速度も安定して高速です。

また、両方とも格安SIMの中でも大きなシェアを誇っており、人気のサービスとなっています。

ワイモバイルってどんな会社がやっているサービス?

(画像:ワイモバイル公式サイト2020/7/13)

ワイモバイルは、大手キャリア・ソフトバンクのサブブランドとして誕生した格安SIMです

ソフトバンク回線を利用してサービス提供しているため、安定した品質での通信が可能です。

基本プランに10分以内の無料通話が含まれていたり、データ増量キャンペーンが開催されたりと、お得なサービスが豊富に取り揃えられていることが魅力です。

マイネオってどんな会社がやっているサービス?

(画像:マイネオ公式サイト2020/7/13)

マイネオは、「株式会社オプテージ」により提供される格安SIMです。

運営会社は聞き慣れない名前かもしれませんが、関西電力が100%出資の安定した大企業です。

関西地方で評判の良い光回線「eo光」の提供会社でもあります。

ドコモ・au・ソフトバンク回線から任意のものを選んで利用できること、非常にシンプルでわかりやすい料金体系で高い人気を誇ります

余ったデータ容量を翌月に繰り越したり、シェアできることも、マイネオが支持される理由のひとつです。

ワイモバイル VS マイネオ総合比較

ここでは、ワイモバイルとマイネオの料金や速度などについて、簡単にまとめて比較してみます。

キャリア ワイモバイル マイネオ
料金 データSIM:1,980円〜音声SIM:2,680円〜 データSIM:700円〜音声SIM:1,310円〜
速度 下り最大75Mbps 下り最大778Mbps
通話料金/通話オプション 10分以内は無料
10分超過後20円/30秒
20円/30秒
かけ放題850円〜
データ繰越 不可 可能
回線 1回線 3回線
端末 セット販売あり セット販売あり
オプション 故障安心パック、フィルタリング、ソフトバンクWi-Fiなど 端末安心保証、安心バックアップ、Hulu、テザリングなど
サポート チャット/電話/Twitter
店舗数:881
チャット/メール/電話/Twitter/コミュニティサイト
店舗数:約220(当日受け渡し店)
違約金(解約金) なし なし

表を見てみると、料金や速度、利用回線など各項目で異なる点が多くあることがわかります。

以下で、より詳しく2社の比較をしていきます。

①ワイモバイルとマイネオの料金プランを比較!

まずは、ワイモバイルとマイネオの料金を比較します。

ワイモバイルとマイネオ、どっちが料金的にお得?

ここでは、ワイモバイルとマイネオの料金を比較してみましょう。

マイネオは、利用する回線によって料金が異なるため、ここでは最安のau回線の料金をもとに比較してみます。

キャリア データプラン 音声SIMプラン SMSプラン
ワイモバイル 1GB:1,980円
7GB:3,696円
3GB     :2,680円
10GB   :3,680円
14GB   :4,680円
データ・音声プランで国内3円~/通で利用可能
マイネオ 500MB:700円
3GB     :900円
6GB     :1,580円
10GB   :2,520円
20GB   :3,980円
30GB   :5,900円
500MB:1,310円
3GB     :1,510円
6GB     :2,190円
10GB   :3,130円
20GB   :4,590円
30GB   :6,510円
au回線:月額無料
ドコモ回線:120円
ソフトバンク回線:180円データ・音声プランで国内3円~/通で利用可能

表を見ると、利用できるデータ容量はそれぞれ異なりますが、全体的にマイネオの方が安く金額設定されています

SMSについては、両社とも各プランで1通3円〜利用可能となっています。

ただし、マイネオでは、ドコモ・ソフトバンク回線を利用している場合には別途月額料金が発生します。

結論:料金的にはマイネオのほうが安い!

上の表を見てみると、例えば「音声SIMプラン/3GB・10GB」という同条件のプランを比較すると、マイネオ(au回線)の方が500〜1,000円程度安く設定されています。

ただし、ワイモバイルの「音声SIMプラン」は、10分以内の無料通話が付いています。

マイネオにおいて、10分以内の無料通話は850円のオプションサービスとなっています。

上記を加味すると、実際のサービス内容における料金はあまり変わらないと言ってもいいかもしれません。

とにかく料金を抑えたいという人はマイネオがおすすめ!

上でも見た通り、マイネオの音声SIMプランには10分以内の無料通話がついていません

そのため、ワイモバイルに比べて同サービス・データ容量での基本料金が低く設定されています。

また、データプランを見てみても、ワイモバイルにはない500MB〜のプランが利用可能です。

少しでも料金を抑えてスマホを使いたい、通話はそんなにしないという人にはマイネオがおすすめです

10分以内の通話をたくさんする人はワイモバイルがおすすめ!

先述の通り、ワイモバイルの音声SIMプランには10分以内の無料通話が付帯されています。

これは、マイネオでは850円のオプションサービスという扱いとなっています。

そのため、電話をよくかけるという人や、マイネオとの差額850円分は通話機能を使うという人にはワイモバイルがおすすめです

また、音声通話つきSIMの2社の差額を比較すると、3GBでは「1,170円」ですが、10GBでは「550円」となっています。

差額が10分の無料通話代より小さくなる10GBプランを選択する場合には、ワイモバイルを選んでもいいかもしれません。

②ワイモバイルとマイネオ、どちらの通信速度が早い?

次は、ワイモバイルとマイネオの通信速度を比較してみましょう。

2020年7月12日計測の実測値速度比較です。

ワイモバイルの測定結果

まずは、ワイモバイルの実際の利用者の測定結果の平均について見てみましょう。



朝で2.0Mbps、昼には1.5Mbps、夜は1.8Mbpsが出ています。

1Mbps以上は出るものの、あまり高速と言える速度ではないと言えるでしょう。

マイネオの測定結果

次は、マイネオ(au回線)の測定結果です。


朝16.1Mbps、昼8.5Mbps、夜15.1Mbpsと、全ての時間帯においてワイモバイルよりも高速が出ています

動画を快適に見れる速度は「5Mbps」と言われていますが、全ての時間帯において動画を見るのに支障がない程度にインターネットを利用できることが予想されます。

【結論】マイネオの方が理論値・実測値ともに高速

測定結果を見てみると、朝昼夜すべての時間帯において、マイネオの方が高速利用できることがわかりました。

ちなみに、冒頭の表でも紹介しましたが、理論値においてもマイネオは下り最大778Mbps(ドコモ回線利用時。au回線利用時は708Mbps)、ワイモバイルは下り最大75Mbpsとなっています。

速度に関しては、理論値・実測値共にやはりマイネオの方が高速が出ると言えそうです。

マイネオには節約モードがついている!速度は遅くとも容量は使わないのでヘビーユーザーさんにも◎

マイネオには、データ通信を低速化する代わりにデータ容量を消費しない「節約モード」の利用も可能です。

節約モードに切り替えて通信を行うと、通信速度が200kbpsに制限される代わりに、月のデータ容量を全く消費せずに好きなだけ利用することができます。

大手キャリアで通信制限がかかった時の速度は128kbpsです。

通信制限時よりはやや高速で、データ容量を気にせずに使えるということですね。

③通話をする人は特に要チェック!音声通話プラン、ワイモバイルとマイネオどっちがお得?

次は、通話料金について見てみましょう。

キャリア 通話料金(20秒あたり) オプションなど
ワイモバイル (10分超過後)30円 スーパーだれとでも定額:1,000円
マイネオ 30円 かけ放題(10分/1回):850円
定額(60分/月):1,680円
定額(30分/月):840円

ワイモバイルは、音声通話プランに10分以内の無料通話が付帯されています。

10分超過後は、20秒あたり30円の料金がかかります。

一方、マイネオではオプションサービスの申し込みをしない限り、20秒あたり30円の通話料金が発生します。

ワイモバイルの音声通話プランのように、10分以内の通話料金を無料にするためには、850円のかけ放題のオプションサービスへの申し込みが必要です。

結論:ワイモバイルは音声SIMプランに10分通話かけ放題がついてくる!

ワイモバイルは音声SIMプランに10分間の無料通話がついてきます。

短い電話をよくかけるという人には、ワイモバイルをおすすめします。

また、「スーパーだれとでも定額」を利用すると、月額1,000円にて国内すべての通話が時間、回数無制限で利用できます。

電話をしないならデータ容量によってはマイネオの方がお得かも

電話を使わない場合には、音声SIMプランの基本料金がワイモバイルと比較して安いため、マイネオの利用をおすすめします。

通話はLINEで十分という人は、使用するデータ容量によっては、マイネオの方が総じて見た料金を安く抑えられます

④ワイモバイルとマイネオ、データの使い勝手はどっちが良い?

次は、データ容量について見ていきます。

キャリア データ繰越の有無 データシェアプランの有無
ワイモバイル なし あり
マイネオ あり あり

ワイモバイルではデータシェアが可能、マイネオではデータ繰越・データシェアの両方が可能となっています。

ワイモバイルではデータシェアを利用できる!

ワイモバイルでは、家族や個人で親回線となる契約に子回線となるSIMカードを追加し、複数のSIMカード間でデータ容量をわけあうことが可能です。

SIMフリー端末やタブレットにも使え、SIMカードは最大3枚まで追加できます。

家族でシェアしたいという場合などには、ありがたいサービスですね。

マイネオはデータ繰り越し・データシェアが可能!

マイネオでは、契約プランのデータ容量を使いきれなかった場合に、翌月に繰り越して使うことができます

データ容量を無駄にすることなく使える、嬉しいサービスです。

一方、ワイモバイルではデータを翌月に繰り越すことはできず、使いきれなかった場合にもすべて消失してしまいます。

また、マイネオでは翌月に繰り越したデータ容量を、最大10回線までシェアすることができます。

SIMカードを別途購入する必要もなく、またシェアする相手が家族などに限られていないことから、無駄なくデータを分け合えるという珍しいサービスです。

⑤ワイモバイルとマイネオ、通信回線はどちらが豊富?

次は、両社が利用している通信回線について見てみましょう。

キャリア 回線
ワイモバイル ソフトバンク
マイネオ ドコモ・au・ソフトバンク

冒頭でも紹介しましたが、ワイモバイルはソフトバンク回線を、マイネオではドコモ・au・ソフトバンク回線から任意のものを選択して利用することができます。

結論:ワイモバイルで利用できるのはソフトバンクのみ!マイネオでは3回線から選択可能

ワイモバイルは、ソフトバンクのサブブランドとしての格安SIMです。

そのため、ワイモバイルでは利用できる回線も必然的にソフトバンク回線のみとなっています。

一方で、マイネオはドコモ・au・ソフトバンクの大手3回線から任意のものを選んで利用することができます

利用する回線によって月額料金は異なりますが、自宅や行動エリアでつながりやすい回線がある場合は、それを選んで利用できるため、安心です。

もし手持ちの端末を使う場合はSIMロック解除が必要な場合もあるので注意

大手キャリアで購入したスマホ端末をそのまま利用しながらワイモバイルやマイネオに乗り換える場合、SIMロック解除が必要となることがあります。

利用中のキャリアを解約する前に、必ずSIMロックの解除をしておきましょう。

SIMロック解除は、各社のWebサイトもしくは店頭にて可能です。

ワイモバイル公式サイトはこちら

マイネオ公式サイトはこちら

⑥みんな使いたい端末、ワイモバイルとマイネオではどっちが安い?対応状況もチェック

次は、両社でセット販売しているスマホ端末について見てみます。

キャリア セット販売 取り扱い端末 端末価格
ワイモバイル あり iPhone,Xperia,Androidなど 10,080円〜
マイネオ あり iPhone,Moto,AQUOS,OPPO,
HUAWEIなど
18,000円〜

表を見ると、どちらも端末とのセット販売を行っていることがわかります。

iPhoneの取り扱いがあることは共通していますが、その他スマホの取り扱いはワイモバイル、マイネオで異なります。

結論:端末の販売価格はワイモバイルとマイネオで金額差はなし!ワイモバイルではタイムセールもある

端末価格を見ると、「どちらか一方が安い」ということはありません。

ただし、取り扱い端末がワイモバイルとマイネオでは異なるため、欲しい端末からキャリアを選んでみてもいいかもしれません。

なお、ワイモバイルではオンラインショップサイトにて、定期的にタイムセールが行われています

端末にこだわりがない場合は、格安でスマホをゲットできるチャンスなので、一度サイトを覗いてみ流ことをおすすめします。

対応している端末の機種

両社の取り扱い端末は、具体的に以下のようになっています。

  • ワイモバイルで取り扱いのある機種…iPhone,Xperia,Android,Libero,HUAWEI,かんたんスマホ
  • マイネオで取り扱いのある機種…iPhone,OPPO,AQUOS,HUAWEI,Moto,Xperia,ZenFone,arrows

欲しい端末が決まっている場合には、上記を参照してみてくださいね。

⑦ワイモバイルとマイネオ、その他のオプションはどっちが充実してる?

次は、オプションサービスを比較してみましょう。

キャリア オプションサービス
ワイモバイル 電話転送サービス、ナンバーブロック、割込み通話、Enjoyパック、テザリング、故障安心パック、フィルタリングサービス、セキュリティパックなど
マイネオ ゆずるね、フリータンク、パケットギフト、プチ体験、端末安心保証、バックアップ、テザリング、安心フィルタリング、ウイルスバスターなど

表を見ると、各社で共通したオプションサービス、独自のオプションサービスがそれぞれあることがわかります。

結論:ワイモバイルには通話のオプションサービスが充実!マイネオはデータを分け合えるサービスがたくさん

ワイモバイルでは、通話機能向けのオプションサービスが充実しています。

特に、以下のサービスは無料で利用することができますよ。

  • ワイモバイルの無料の通話関連オプションサービス…留守番電話、着信お知らせ、着信転送、VoLTE、発信者番号通知、発信規制

一方、マイネオではデータ容量を利用者で分け合えるというような独自のサービスが豊富にあります。

  • マイネオのデータシェアサービス…ゆずるね、フリータンク、パケットギフト、パケ増し

ゆずるね。とは、お昼の12〜13時のネット回線が混雑する時間帯に通信量を数MBに抑える宣言をすることです。

宣言が達成された回数に応じて、翌月1カ月間の23時~7時の間、パケットを消費しなくなる権利を貰えたり、24時間のみ高速通信ができるプレミアム帯域を好きなタイミングで使えるチケットが付与されたりします。

フリータンクとは、余ったデータ容量をマイネオユーザー全員がアクセス可能なタンクに入れることで、共有し、助け合えるシステムです。

自分が足りなくなった場合にも、ここから引き出して利用することができます。

⑧ワイモバイルとマイネオ、ユーザーサポートの満足度はどっちが高い?

次は、ユーザサポート体制を比較してみましょう。

キャリア サポート体制 店舗数
ワイモバイル 電話/店頭/チャット/Twitter 881店舗
マイネオ 電話/メール/店頭/チャット/Twitter/コミュニティサイト 約220店舗

表を見ると、店舗数に関しては圧倒的にワイモバイルの方が多いことがわかります。

結論:ワイモバイルの方が店舗数が多い!マイネオは店舗数は少ないものの、コミュニティサイトが充実

ワイモバイルは、マイネオの4倍近くの店舗数を誇っています。

実店舗に行って説明やサポートを受けたいという人にとってはありがたいですね。

一方で、マイネオ店舗数は少ないものの、電話、メール、チャットなどで24時間サポートサービスが受付対応しています。

また、「マイネ王」というマイネオユーザーによるコミュニティサイトが存在し、そこでユーザー同士の質疑応答が行われます。

もちろん24時間利用できるので、疑問を持った際にはまず「マイネ王」で質問してみるのもいいかもしれません。

格安SIMはサービスが最低限であることが多いので、サービスは求めない方がよい

両社とも、電話、メール、チャットTwitterなどオンライン上での24時間体制でのサポートサービスがあります。

しかし、やはり両社とも格安SIM。

大手キャリアと比較して人件費も抑えられていることが予想されるため、サポート担当の職員が大手キャリアのように豊富にいるとは限りません。

そのため、大手キャリアのような手厚いサポートはあまり期待しすぎない方がいいかもしれません

⑨ワイモバイルとマイネオ、違約金はどっちが高い?気軽に試せるのはどっち?

最後に、ワイモバイルとマイネオの違約金について見てみましょう。

キャリア 必要契約期間 解約金
ワイモバイル なし なし
マイネオ なし なし

両社とも、必要契約期間やそれに伴う違約金は設定されていません。

結論:基本的にどちらも縛りはないが、申し込み時期によっては違約金が発生することも

各社とも、音声通話SIMやデータプランの通常の契約では必要契約期間や違約金は設定されていません

ただし、マイネオにおいては例外もあります。

マイネオでは、2019年9月30日までに契約している場合、利用開始月の翌月から12カ月以内にMNP転出する場合に限り、契約解除料10,450円が発生します

これから申し込む予定があるという場合には、気にしなくても問題ありません。

音声通話SIM・データSIMであれば違約金や縛りはなし!通信速度が心配という人も気軽に試せます!

両社とも、最も人気の高い「音声通話SIM」プランでは違約金や最低利用期間が設定されていません

「きちんと使えるか不安」という人も、いつでも解約できるため安心して乗り換えることができます。

【まとめ】初めての格安SIMならワイモバイルとマイネオ、どちらでも◎!自分の使い方や好みに合わせて選ぶのがよし

ここまで、ワイモバイルとマイネオについて徹底比較してきました。

各社とも、格安SIMの中でも高いシェアを誇る人気サービスとなっています。

2社の違いを簡単にまとめてみると、以下のようになります。

  • ワイモバイル…ソフトバンク回線を利用、音声SIMに10分の無料通話がついている、データシェアが可能
  • マイネオ…大手.3回線を利用、音声SIMの月額料金がワイモバイルより安い、データ繰越・データシェアが可能

「電話をたくさん使う、家族でデータを分け合いたい」という人にはワイモバイルが、「とにかく基本料金を抑えたい、月々で利用するデータ容量が違うため、分け合えるサービスが欲しい」という人にはマイネオがお勧めできます。

本記事を参考に、自分にあった格安SIMを選んでみてくださいね。

ワイモバイル公式サイトはこちら

マイネオ公式サイトはこちら

arrow_upward