menu
search

ワイモバイルには家族割はある?ワイモバイルを家族でお得に使うためのポイントを徹底解説

家族でスマホを使う際は同じキャリアにするとお得です。
例えば大手キャリアなら「家族割」により月額料金割引や通話料無料などの特典を受けられます。

一方、もともとの月額料金が安い格安SIMには、大手キャリアのような家族割がないことがほとんどです。

では大手キャリアのサブブランドであるワイモバイルには家族割があるのでしょうか。

結論から言うと、ワイモバイルにも家族割があります。
家族でワイモバイルを契約すると「家族割引サービス(以下家族割引)」が適用され、1回線あたり500円の割引を受けられます。

格安SIMを家族で使うなら、家族割があるワイモバイルがおすすめです。

本記事ではワイモバイルの家族割引の内容とメリット・デメリットを解説します。

ワイモバイル公式サイトはこちら

ワイモバイルに家族割はあるの?

ワイモバイルには「家族割引」という家族割があります。

家族割引が適用されると、1回線につき500円の月額料金割引を受けることが可能です。

割引後の月額料金をまとめました。

プラン名 データ通信量 月額料金
(通常時)
月額料金
(家族割引適用時)
スマホベーシックプランS 3GB 2,680円 2,180円
スマホベーシックプランM 10GB 3,680円 3,180円
スマホベーシックプランR 14GB 4,680円 4,180円

例えばスマホベーシックプランSなら月額2,180円で3GBのデータ通信と10分かけ放題が使えます。

一般的な格安SIMでは3GB+10分かけ放題で月額2,400円ほどなので、ワイモバイルで家族割引を利用したほうが安いですね。

ワイモバイルの家族割の詳細内容はこちら!

ここでは、ワイモバイルの家族割引の内容について詳しく解説していきます。

①2回線目以降の月額料金が500円割引される

ワイモバイルの家族割引が適用されると、2回線目以降の月額料金が500円割引されます。

例えば4人家族(夫婦と子供2人)でワイモバイルを利用するとしましょう。
夫が主回線、妻と子供2人の合計3人が副回線です。

このケースでは副回線として登録された家族3人の月額料金が500円割引されます。
合計すると毎月1,500円の割引です。

1年換算で18,000円、2年換算で36,000円もの割引を受けられます。

②最大9回線まで申し込める

ワイモバイルの家族割引は副回線を最大9回線まで登録可能です。
9回線登録すれば1ヶ月の割引合計額は4,500円、1年間で54,000円にもなります。

家族の人数が多いほど、ワイモバイルの家族割引はお得です。

ワイモバイル公式サイトはこちら

ワイモバイルで家族割を申請するにあたってのチェック項目

ワイモバイルで家族割引を申請する際は以下の3つの項目をチェックしてください。

  • 家族割の適用範囲
  • 家族割適用のプラン
  • 家族割適用ではないプラン

①家族割の適用範囲

ワイモバイル 家族割
引用元:https://www.ymobile.jp/(2020/07/02現在)

ワイモバイルの家族割引の適用範囲は以下の通りです。

  • 血縁・婚姻関係にある家族(別住所可)
  • 同住所で生計を同じくしている人(別姓可)

一緒に暮している家族はもちろん、違う住所の家族や同じ住所に住んでいる同居人も適用されます。

ワイモバイルの家族割引が特殊なのは、住所が同じであれば同棲している恋人やルームシェ中の友達など家族以外でも適用できる点です。

家族しか登録できない他社の家族割と比べて、適用範囲が広いと言えますね。

②家族割適用のプラン

ワイモバイルの家族割引が適用されるのは以下のプランです。

  • スマホベーシックプランS/M/L
  • Pocket WiFiプラン2(ベーシック)
  • データベーシックプランL

スマホベーシックプランだけでなくポケットWiFi用プランやタブレット用プランも対象です。

また、現在は受付を終了したスマホプランやデータプランL、ケータイプランなども適用できます。

③家族割適用ではないプラン

以下のプランは家族割引が適用されません。

  • ケータイベーシックプランSS
  • データベーシックプランS

ケータイベーシックプランSSはガラケー専用プランです。
格安SIMだとガラケー用プランはほとんどないので、ガラケーを安く使いたい人から人気があります。

しかし、家族割引は適用できません

ワイモバイルで家族割を申請するための注意点

ワイモバイルで家族割を申請する際の注意点は以下の通りです。

  • 主回線(1回線目)は割引されない
  • 併用できない割引サービスが多い
  • 主回線を解約すると家族割引も終了する

①主回線(1回線目)は割引されない

ワイモバイルの家族割引では主回線(1回線目)は割引されません

割引されるのは2回線目以降の副回線のみです。
主回線は割引なしで利用することになります。

②併用できない割引サービスが多い

ワイモバイルには家族割引以外にもお得な割引サービスが多いですが、そのほとんどは家族割引と併用できません

家族割引と併用できないサービスは以下の通りです。

  • Wi-Fi セット割
  • 光おトク割
  • おうち割 光セット(A)
  • おうち割 光セット(A)申込特典
  • もう1台無料キャンペーン
  • イー・モバイルセット割
  • タブレット割引(スタートキャンペーン向け)

中でも気を付けたいのがソフトバンクのネット回線とのセット割であるおうち割 光セット(A)です。

おうち割 光セット(A)では最大10回線まで月額料金が500円割引されます。

割引額は家族割引と同じです。
しかし、おうち割 光セット(A)は主回線も割引が適用されるため、家族割引よりトータルの割引額が多くなります

両方の条件を満たしている場合は家族割引よりおうち割 光セット(A)がおすすめです。

③主回線を解約すると家族割引も終了する

家族割引の主回線がワイモバイルを解約すると、家族割引も終了します。
引き続き家族割引を利用したい場合は、別の人が主回線となって再度申し込みが必要です。

主回線が解約する以外に、以下のいずれかに該当しても家族割引が終了します。

  • ①副回線を解約した場合
  • ②主回線もしくは副回線の料金プランを対象料金プラン以外に変更した場合
  • ③主回線もしくは副回線を、契約変更した場合
  • ④契約の名義を法人名義に変更した場合
  • ⑤その他、適用条件を満たさなくなった場合

ワイモバイルの家族割のポイント

ワイモバイルの家族割のポイント・特徴は以下の通りです。

  • 条件を満たしている限りはずっと割引が適用される
  • 申し込んだ月から適用される
  • 離れて暮らす家族や同居中の恋人でも家族割引を組める
  • 1人で複数回線契約する場合も適用される

①条件を満たしている限りはずっと割引が適用される

ワイモバイルの家族割引は期限が決まっていません。
条件を満たしている限りはずっと割引が適用されます。

ワイモバイルを長く使えば使うほどお得です。

②申し込んだ月から適用される

ワイモバイルの家族割引は申し込んだ月から適用されます
ライバルであるUQモバイルの家族割は申し込んだ翌月から適用なので、ワイモバイルの方がちょっとだけお得ですね。

月途中に申し込んだ場合も割引額を日割りした上で適用されます。

③離れて暮らす家族や同居中の恋人でも家族割引を組める

ワイモバイルの家族割引は離れて暮らす家族や同居中の恋人も登録が可能です。

家族であれば住所が違っても良いため、実家の両親や単身赴任中の夫、1人暮らしをしている子供も適用されます。

また、同じ住所であることが証明できれば同棲中の恋人やルームシェアをしている友人と家族割引を組むことも可能です。

④1人で複数回線契約する場合も適用される

ワイモバイルの家族割引は1人で複数回線を契約する場合も適用されます。

例えば仕事とプライベートで電話番号を分けたい時や、スマホとタブレットを併用する場合などに便利ですね。

ワイモバイル公式サイトはこちら

ワイモバイルの家族割のデメリット

ワイモバイルの家族割引のデメリットは以下の通りです。

  • 家族間無料通話等のサービスはなし
  • 手続きに手間がかかる

①家族間無料通話等のサービスはなし

ワイモバイルの家族割には家族間無料通話などのサービスはありません

あくまでも月額料金の割引を受けられるだけです。
家族間無料通話などの特典はありません。

ただ、ワイモバイルは10分かけ放題が標準で使えるので、長電話をする人でなければ家族間無料通話がなくても問題ありません。

②手続きに手間がかかる

ワイモバイルの家族割引は手続きに手間がかかります

家族割引を利用するには申し込みが必要です。
申し込みは原則ワイモバイルショップ店頭で行います。

電話やオンラインでは申し込みができません。

しかも申し込みの際は家族割引を適用する契約者全員が来店するのが原則です。
家族みんなで申し込む場合、スケジュールを合わせないといけません。

他の家族が来店しない場合も委任状と家族割引サービス同意書が必要になるなど、用意する書類が増えます。

ワイモバイルの家族向けオススメオプションはこちら

ワイモバイルには家族割引以外にも、以下のような家族向けのオプションサービスが用意されています。

  • フィルタリングサービス
  • 位置ナビ
  • みまもりマップ
  • みまもりサービス

①フィルタリングサービス

フィルタリングサービス
引用元:https://www.ymobile.jp/(2020/07/06現在)

子供が有害なサイトにアクセスするのをブロックするサービスです。

子供が出会い系サイトやアダルトサイトを使って犯罪に巻き込まれるのを未然に防げます。

20歳未満の子供がワイモバイルを使う場合はフィルタリングサービスの利用が原則です。

同様のサービスは他の格安SIMにもありますが、多くの格安SIMでは月額200~300円前後の有料オプションとして提供されています。

ワイモバイルならフィルタリングサービスの月額料金が無料です。

②位置ナビ

子供がどこにいるのかを確認できるサービスです。

指定した曜日・時間に自動で居場所を検索できる「スケジュール検索」ができます。
ちゃんと学校から家に帰ったのか、時間通りに習い事に行ったのかなどの確認が可能です。

また、紛失したスマホを探すこともできます。

探す側(親側)は200円の月額料金と検索利用料5円が必要です。
探される側(子供側)は無料で使えます。

③みまもりマップ

家族でお互いの居場所を共有できるサービスです。

見守りたい相手が指定のエリアに到着または出発した際に通知を送ることもできます。

現在利用できる、災害時のエリア通知やSOS発信といった機能は2020年8月31日で使えなくなりますが、家族の位置情報共有サービスとしては有効です。

グループの管理者のみ月額200円のオプション料がかかります。
管理者以外のグループメンバーは無料です。

④みまもりサービス

みまもりサービス
引用元:https://www.ymobile.jp/(2020/07/06現在)

離れて暮らす家族をスマホアプリで見守れるサービスです。

見守られる側がスマホを使った履歴が保存され、見守る側が履歴を確認することで安否が分かります。

一定時間、利用履歴がない場合は自動で電話がかかるので、もしもの時に素早く異変に気付くことが可能です。

月額480円で基本プランが使えます。

自動電話・自動通知なし、かつ行動履歴を確認できるのが24時間だけの「シンプルプラン」は無料で利用が可能です。

常に見守りたい時は基本プラン、旅行の時など一時的に見守りたい時はシンプルプランと使い分けましょう。

【まとめ】ワイモバイルは家族で使うとよりお得に!お子様にも安心して使えるオプションなども充実です

ワイモバイルは家族で利用すると家族割引が適用され、2回線目以降の月額料金が500円割引です。

割引は最大9回線まで適用され、条件を満たしている限りはずっと適用されます。
家族の人数が多いほどお得です。

その他にもフィルタリングサービスやみまもりマップなど、家族が安心して使えるオプションも用意されています。

家族で格安SIMを使うなら、安くて家族向けサービスが充実しているワイモバイルがおすすめです。

ワイモバイル公式サイトはこちら

arrow_upward