menu
search

ワイモバイルで使える端末・使えない端末は?おすすめ端末や料金などについて徹底解説

ワイモバイルの契約を検討している人の中には、今使っているスマホを持ち込んで使いたいと思っている人もいるでしょう。

でも、実際に契約してみて使えなかったら残念ですよね。事前に使えるかどうか確認しておきたいところです。

そこで、この記事ではワイモバイルで使える端末にはどんなものがあるのか、今使っているスマホをワイモバイルで使うにはどのような手続きが必要なのか解説します。

さらに、ワイモバイルで扱っているスマホの中から、おすすめの機種も紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

ワイモバイル公式サイトはこちら

ワイモバイルで使える持ち込み端末は?

まず、一番気になる「ワイモバイルで使えるスマホ」ですが、結論から伝えるとSIMフリーのスマホなら、基本的には使えます

ワイモバイルで使うならSIMフリー化が必須

ワイモバイルは他の多くの格安SIMと異なり、独自の回線を使って通信するので、もし他社で買ったスマホを使いたいときは、SIMフリー化が必須です

また、ワイモバイルでスマホを使う場合は、以下の3パターンがあります。

  • 自分で購入したSIMフリー端末を使う
  • ワイモバイルで販売されている端末を使う
  • 他キャリアで購入したSIMロック解除した端末を使う

それぞれ確認していきましょう。

自分で購入したSIMフリー端末

ワイモバイルはSIMフリー端末で利用できます。自分で好きなSIMフリースマホを買って、ワイモバイルではSIMだけを契約して使えます。

ワイモバイルは公式サイトで「接続実績のある他社端末」をこちらで公開しています。今使っているスマホが一覧に入っていれば、安心して乗り換えできます。一度、目を通してみてください。

ワイモバイルで販売されている端末

ワイモバイルではスマホのセット販売も行っています。ハイスペックな最新のスマホは取り扱っていませんが、低価格ながら使いやすいスマホが多く用意されています。

ワイモバイルで販売されているスマホなら、SIMロック解除の手続き不要でそのまま使えるのがいいですね。機種変更を考えている人は、ワイモバイルでの購入を検討してもいいでしょう。

他キャリアで使っていたスマホはSIMロック解除したもの

ワイモバイルでスマホを使うとき、これまで使っていたスマホをそのまま使いたい人も多いでしょう。機種変更が不要なので、データの移行やアプリの入れ替えといった、面倒な作業がないのがメリットです。

また、新しいスマホを買わなくてもいいので、経済的ですね。

ただし、先にもお伝えしたように、ワイモバイルで他社で買ったスマホを使うときは、SIMロック解除をして、SIMフリー端末にしておくことが必須です。

SIMロック解除とは

大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)で購入したスマホは、他社のSIMカードでは通信できないようにロックがかかっています。これをSIMロックと呼びます。

最近では一括で購入することなどを条件に、SIMロックがかかっていない状態で渡してくれるキャリアもあるようですが、分割で買ったときはSIMロック解除がかかっていることが多いです。

ワイモバイルで使うためには、まずはSIMロックを解除しましょう

大手各社のSIMロック解除の条件

以前と比べると、SIMロック解除の条件はだいぶ緩やかになり、簡単になりました。大手キャリアのSIMロック解除の条件を確認していきましょう。

まず、各社共通の条件は以下のとおりです。

  • ネットワーク利用制限中でないこと
  • 購入から100日以上経過した端末
  • 一括での購入なら100日以内でも解除OK
  • 分割でも毎月の支払いがクレジットカード払いなら即日で解除OK
  • 過去に同一回線でSIMロック解除の実績がある場合は、前回解除日から100日以上経過していれば、即日で解除OK

細かい条件はありますが、基本的には「購入してから100日以上経てば、SIMロック解除ができるようになる」という点を抑えておけば大丈夫です。

これは不正な転売を防ぐためのルールです。今回、ワイモバイルへの移行を考えている人は、購入から100日以上経っている人がほとんどだと思うので、頭の片隅に留めておいてください。

また、SIMロック解除は自分でやるか、店頭に持ち込むか、2つの方法があります(ドコモは電話での手続きもできます)。

各キャリアによって細かい条件があるので、確認しておきましょう。

キャリア 独自の条件、注意事項
docomo ・2011年4月〜2015年4月に発売された製品はドコモショップでのみ受付

・My docomoからなら24時間受付

au ・2015年4月23日以降に発売された対応機種

・My auでの手続きは9:00〜21:30

ソフトバンク ・2015年5月以降に発売された対応機種

・My Softbankでの手続きは9:00〜21:00

・契約なしの場合(解約済み、中古購入、譲渡品など)は、ソフトバンクショップでのみ受付
(2019年9月13日以降に契約して、既に解約済の場合はMy Softbankからでも解除可能)

自分でやる?それとも店頭でやる?

自分でやる場合は、各キャリアの公式サイトからマイページにログインして、簡単に手続きできます。自分で行う場合と店頭で行う場合の違いは以下のとおりです。

マイページから行う場合 店頭で依頼する場合
費用 0円 3,000円
必要なもの ・解除する携帯電話

・各社のMyアカウント

・暗証番号、パスワード

・機種契約番号(ソフトバンク)

・IMEI情報

・解除する携帯電話

・本人確認書類

・暗証番号・パスワード

・手数料(3,000円)

メリット ・事務手数料が無料

・自宅から簡単にできる

・来店予約も不要

・手続きを任せられて安心

自分で行った方がメリットが大きいのでおすすめです。

自分でWebから行えば、3,000円の手数料がかかりません。また、外出する必要もなく、自宅から簡単にできるのも大きなメリットです。

最近ではショップに行く際は来店予約をする必要があります。その予約をする時間があれば、Webから簡単にロック解除ができますよ。

ワイモバイル公式サイトはこちら

ワイモバイルで使えない端末

「SIMフリー端末なら使える」とお伝えしましたが、逆に使えない端末にはどんなものがあるのでしょうか。

一般的に格安SIMではガラケー、ガラホは使えません。しかし、ワイモバイルはガラケー向けのプランもあります。

ワイモバイルならガラケーも使える(ガラホは使えない)

ワイモバイルにはガラケー向けのプラン「ケータイベーシックプランSS(934円)」があります。1,000円で通話し放題のオプションも付けられます。

しかし、ガラケーは先程見た「接続実績のある他社端末」にはラインナップされていません。ワイモバイルでガラケーを使いたいときは、ワイモバイルでセットで購入しましょう。

ちなみに、2020年5月現在、ワイモバイルでは以下3種のガラケーを購入できます。

  • DIGNO ケータイ3
  • AQUOSケータイ3
  • Simply

いずれもOSはAndroidではなく、純粋なガラケーです(ガラホではありません)。

標準SIMのスマホ

後でも紹介しますが、ワイモバイルは「標準SIM」サイズの提供を行っていません。古めのスマホをワイモバイルで使いたい人は、そのスマホがどのサイズのSIMカードに対応しているか、確認しておきましょう。

Band8(900MHz帯域)に対応していないスマホは注意

普段はあまり意識しないかもしれませんが、そのスマホで通信できる周波数帯域も確認しておきましょう。

スマホなどの通信機器の電波は、周波数帯域(Band)によって分類されています。周波数帯はキャリアごとに割り当てられていて、ワイモバイルは以下の周波数帯を使っています。

  • 4G:2.5GHz(Band41)、2.1GHz(Band1)、1.7GHz(Band3)、900MHz(Band8)
  • 3G:2.1GHz(Band1)、900MHz(Band8)

中でも重要なのは2.1GHz(Band1)、1.7GHz(Band3)、900MHz(Band8)です。

Band1はすべてのキャリアのメイン帯域として使われています。

そして、ワイモバイルで最も重要なのがBand8。遠くまで届きやすく、地方や山間部、屋内でも入りやすい電波です。別名「プラチナバンド」と呼ばれています。

多くのSIMフリースマホはBand1、3には対応していますが、ワイモバイルでスマホを使う場合は、Band8の通信ができるか確認しておきましょう

対応していないと、都市部などの限られたエリアでしか通信できない可能性があります。

ワイモバイルを契約する時は端末のSIMカードの大きさを要チェック!

現在、日本で使われているSIMカードは

  • nanoSIM(ナノシム)
  • microSIM(マイクロシム)
  • 標準SIM

の3種類があります。ワイモバイルでSIMのみを契約する際は、nanoSIMmicroSIMのどちらかを選びます。標準SIMの提供は行っていません。

nanoSIMの端末

iPhoneからAndroidまで、近年に発売されたスマホのほとんどがこのnanoSIMを採用しています。iPhoneの場合はiPhone 5(2012年発売)からnanoSIMが使われています。

microSIMの端末

nanoSIMが普及する前に主流だったのがmicroSIMですが、今はほとんど使われていません

ASUSのZenFone 3(2016)、HUAWEIのP8 lite(2015)、SHARPのAQUOS PHONE si(2013)など、古めの機種に採用されています。

おおよそ2016年以前のスマホをワイモバイルでも使おうと思っているときは、契約する際に注意してください。

ちなみに、2015年以前に発売のスマホは大手キャリアでもSIMロック解除ができない(つまり、ワイモバイルでは使えない)ので確認しておきましょう。

標準SIMの端末

Xperia acro、GALAXY Sなど、2010年前後に発売されたスマホは標準SIMを採用していることがあります。ワイモバイルでは標準SIMを扱っていないので使うことができません。

ワイモバイルで販売されているオススメスマホ

持ち込みではなく、ワイモバイルでスマホをセットで買いたい人もいると思います。最後にワイモバイルで扱っているスマホの中から、おすすめの機種を厳選して紹介します。

カメラ重視の端末ならこれがおすすめ2選

スマホを選ぶ際、カメラの性能を重視する人もいるでしょう。最近のスマホのカメラはプロ顔負けの機能が搭載されています。SNSへのアップや友達や家族との思い出をキレイな写真で残してくださいね。

Xperia 10 II(エクスペリア10 マークツー)

ソニーのXperiaブランドの中価格帯シリーズが、ワイモバイルでも購入できます。

21:9の縦長の有機ELディスプレイは色彩豊かな表現が可能。カメラは超広角、標準、望遠のトリプルレンズを搭載。プレミアムおまかオートでは自動で最適な設定を選んでくれます。ナイトモードでは暗いシーンでも美しい撮影ができます。

防水、おサイフ機能も備えて41,760円(乗り換え時の条件)。今、ワイモバイルで最もおすすめしたいスマホです。

iPhone 7

2016年発売の少し前のiPhoneですが、カメラはまだまだ現役で活躍できるレベルです。

1,200万画素のカメラ光学式の手ブレ補正、F1.8の明るいレンズを搭載したことで、より明るく、鮮明な撮影が可能になりました。

レンズが1枚なのは物足りないですが、iPhoneのカメラが使いたい人は狙い目です。27,360円(乗り換え)という格安で購入できます

価格重視の端末ならこれがおすすめ2選

せっかく格安SIMに乗り換えるならスマホも安くしたい人には、こちらの2機種がおすすめ。値段が安いだけでなく、性能にも妥協がない2機種を選びました。

HUAWEI P30 lite

HUAWEIから2019年8月に発売された、P30の廉価版モデル。

最大2,400万画素のトリプルカメラを搭載し、AIがシーンを判別してプロ並みの撮影が可能。ポートレートからペット、食事など、上級者の撮影テクニックが自動で再現できます。

6.15インチのフルHDディスプレイは迫力のコンテンツを楽しめます。ROMは64GBあるので、たくさんのアプリや写真の保存もできますよ。

カメラ重視の人にもおすすめしたいスペックながら、13,680円(乗り換え)という驚愕的な価格。ワイモバイルでスマホに迷ったら、P30 liteを購入しておけば、後悔しません。

android one S6

android oneは主に新興国へのスマホの普及を目的に、Googleが世界各地のパートナーと共同で開発しているブランドです。低価格ながら、GoogleのシンプルなAndroid(OS)が使えることで、人気が高まっています。

android one S6は京セラと共同で開発されたスマホで2019年12月に発売。

画面は5.84インチのフルHD+の大型液晶。135°の超広角ワイドカメラ1,600万画素の高画質の撮影が可能。防水、防塵、衝撃にも強いのは京セラならでは。おサイフケータイ、指紋認証など、普段使いにも便利な機能が一通り揃っています。

Googleの純正スマホが21,600円(乗り換え)で購入できます。

 【まとめ】ワイモバイルはSIMフリースマホなら利用OK!

ワイモバイルで使える端末や注意点を紹介しました。

  • ワイモバイルはSIMフリースマホなら利用できる
  • 大手キャリアで買ったスマホはWebから簡単にSIMロック解除ができる
  • ワイモバイルで使うならBand8に対応したスマホかチェックして

またワイモバイルは、格安SIMの中でも最多レベルの種類のスマホを販売しています。今回紹介した以外にも魅力的なスマホが揃っているので、一度オンラインショップを覗いてみることをおすすめします!

ワイモバイル公式サイトはこちら

arrow_upward