menu
search

UQモバイルの口コミや評判、メリットやデメリットについて徹底解説

「UQモバイルって広告でよく見かけるけど、評判いいのかな?」

「大手キャリアよりかなり安いけれど、速度は大丈夫?」

UQモバイルは、au回線を利用してサービスを提供する格安SIM。「安くて速い」ことから、人気・知名度がともに高い回線です。

本記事では、UQモバイルの口コミ、メリットからデメリットまで徹底的に解説します。

記事を読めば、自分のスマホ利用環境がUQモバイルの利用が適しているかどうかも知ることができますよ。

UQモバイル公式サイトはこちら

この記事の目次

 ユーザーの声も踏まえて解説!UQモバイルのメリット

UQモバイルのメリットは、以下の9つがあります。

  • 通信速度が安定して速い
  • 「節約モード」ではデータ容量を使わずに通信可能
  • UQモバイルキャリアメールアドレスを使える
  • データ容量の翌月への繰越ができる
  • 口座振替での支払いにも対応
  • 家族割で2回線目以降は「500円」の割引
  • 18歳以下は月額「980円」で利用可能
  • 60歳以上は月額「1,480円」で通話し放題
  • テザリングの無料利用が可能

それぞれのメリットについて、くわしく見ていきましょう。

①格安SIMでも通信速度が圧倒的に速い

UQモバイルは、格安SIMの中でも、通信速度が速く安定していることで評価が高いです。

実効速度についても、auの4G/LTE対応全国エリアの中で1位を誇っています(MMD研究所「2020年3月格安SIM・格安スマホ通信速度調査」より)。

au回線を利用した格安スマホは数多くありますが、その中でも実際に高速が出ているということです。

データを見るだけではなく、実際のUQモバイルの利用者の声についても見てみましょう。

①下り「45.5Mbps」が出ています。

速度の目安として、YouTubeで4K動画を視聴するのに必要なのが「20Mbps」と言われています。

十分な速度が出ていることがわかりますね。

②高速モードで下り「62Mbps」が出ています。

なお、この方のつぶやきにもあるように、UQモバイルは「低速モード」「高速モード」というように速度を切り替えて使うことができます。

くわしくは次の見出しの「節約モード」についてを見てくださいね。

③なんと下り「98.8Mbps」が出ています。

光回線を使っているかのような速度ですね。

動画を見るのもゲームをするのも、十分快適な速さです。

口コミからも、UQモバイルは速度に関する満足度が高い回線であることがわかります。

ちなみに、ここで紹介した口コミ以外を見てみても、UQモバイルの速度に関して不満の声はあまり見受けられませんでした。

②「節約モード」でデータ容量を使わず通信し放題!

UQモバイルは、通信速度を「高速/低速」と切り替えて利用できます。

UQモバイルアプリから、モードの切り替えを行うことができます。

低速モードは「節約モード」と呼ばれます。

節約モードでは、最大速度が「300Kbps」までに制限される代わりに、データ容量を一切消費せずに通信を行うことができます。

LINEのメッセージの送受信や、簡単なインターネット検索であれば低速モードでも十分可能です。

データ容量の使いすぎを防ぐことができて、安心です。

③UQキャリアメールアドレスを利用できる

大手キャリアでは、auなら「–@ezweb.ne.jp」、Docomoなら「–@docomo.ne.jp」、SoftBankなら「–@i.softbank.jp」というように、独自のメールアドレスが付与されます。

UQモバイルでも、同じように「–@uqmobile.jp」というアドレスを取得することができます。

実は、多くの格安SIMではこのようなキャリアメールアドレスのサービスはありません。

独自のアドレスを持ちたくても、持てません。

「フリーメールアドレスでは、セキュリティ面で不安がある」という人には非常にありがたいサービスですね。

なお、UQモバイルのキャリアメールアドレスは「オプションサービス」という扱いで、月額200円がかかることを覚えておきましょう。

④余ったデータ容量は翌月に繰越して使える

UQモバイルの最もポピュラーなプラン「スマホプラン」では、S/M/Lそれぞれのプランに応じて月のデータ使用量が3GB/9GB/14GBと決められています。

しかし、もしも決められたデータ容量を当月内で使い切れなかった場合には、残った容量を翌月に繰り越すことができます。

例えば「スマホプランMを利用しているけれど、今月は5GBしか使わなかった…」という場合には、翌月に差分の3GBが繰り越されます。

前月分と当月分を合わせて「9(GB)-5(GB)+9(GB)=12(GB)」利用できるということです。

データ容量を無駄にすることなく使えて安心ですね。

⑤口座振替での支払いにも対応可能

格安SIMの中には、クレジットカード払いのみ対応可能という会社も多いです。

そんな中、UQモバイルは口座振替も選択可能です。

クレジットカードをあまり使いたくない、カード払いだと使用金額がわかりにくくて不安、という人も安心して利用できます。

⑥家族割で2回線目以降は「500円」割引に!

UQモバイルでは、家族で複数回線を利用することで適用できる割引サービス「家族割」があります。

家族割では、家族内での2回線目以降の基本料が毎月「500円」割引になります。

ちなみに、ここでいう家族とは「契約名義が同一姓・同一住所の家族」が対象となっています。

ただし、苗字や住所が異なっている場合でも「契約者の本人確認書類」と「家族であることを証明する書類」 を提出することで、割引を適用できます。

離れて暮らす家族でも利用できるということになるので、安心ですね。

なお、家族割は最大9回線までとなっています。

⑦18歳以下は学割適用で月額「980円」で利用可能!

UQモバイルの大きな割引サービス、学割。

実は、 UQモバイルでは18歳以下であれば学生かどうかを問わず学割を適用できます。

UQモバイルの学割は、各スマホプランで適用され、割引額と期間は以下の通りです。

  • スマホプランS…13ヶ月間、毎月「500円」割引
  • スマホプランM…13ヶ月間、毎月「1,000円」割引
  • スマホプランL…6ヶ月間、毎月「1,000円」割引

家族割と学割を適用すると、なんと「月980円」からスマホを利用可能ということです。

各プランの割引適用前後の料金は、以下の表のようになります。

料金プラン 通常料金 家族割料金 学割料金
スマホプランS 1,980円 1,480円 980円
スマホプランM 2,980円 2,480円 1,480円
スマホプランL 3,980円 3,480円 2,480円

スマホを持ち始める学生には、ありがたいサービスです。

⑧60歳以上はおてがるスマホで月額「1,480円」で通話し放題

60歳以上のユーザーは、「シニア割」を利用できます。

指定機種の利用かつ「スマホプラン」加入で、通常1,700円の通話オプション「かけ放題(24時間いつでも)」の月額料金を半年間無で利用でき、半年経過後は永年700円で利用できるサービスです。

さらに、通常は月額200円かかるメールサービス無料で利用できます。

例えば、「データ通信よりも電話をたくさん使う」という方は「スマホプランS+かけ放題」を選択すると「1980(円)+700(円)=2,680(円)」で電話が使い放題になります。

家族割が適用されると「1,480円+700(円)=2,180(円)」と、さらにお得に電話を使い放題できます。

ただし、対象機種が以下の3つに限られていることに注意が必要です。

  • BASIO4
  • おてがるスマホ01
  • DIGNO® Phone

永年1,000円割引で電話かけ放題を利用できるのは、お得なオプションと言えます。

⑨外出先でもPCをWi-Fi接続可能!テザリングが無料で利用できる

スマホをWi-Fiルーターのように利用することで、PCやゲーム機を外出先でも使えるようにするテザリング機能。

大手キャリアでは月額500円がかかったり、もしくは特定のプランに加入したりしないと使えない機能ですが、UQモバイルでは無料でテザリングを利用できます。

オプションサービスの加入や申し込みなども必要なく、UQモバイルユーザーであれば誰でも無料でテザリングができます。

外出先でPCを利用したい人には非常に大きなメリットとなります。

ユーザーの声も踏まえて解説!UQモバイルのデメリット

「安い月額料金」かつ「速い回線」と、嬉しいポイントの多いUQモバイル。

しかし、もちろんいいことだけではありません。

ここでは、UQモバイルのデメリットを紹介していきます。

①au回線以外は利用不可

UQモバイルは、au回線の利用を前提としたサービスなので、他の回線の利用はできません。

格安SIMの中には、au、Docomo、SoftBankといった各キャリアの回線から、任意のものを選択して利用できる場合もあります。

しかし、UQモバイルでは他社回線を利用の選択肢はありません

②家族でのデータシェアサービスがない

家族で同じ回線を利用する際、データ容量を家族間で分け合える「データシェア」サービスを提供している回線業者もあります。

しかしUQモバイルでは、このようなデータシェアサービスがありません

ただし、余ってしまったデータ容量は翌月に繰り越すことができますし、もしもデータ容量が不足してしまった場合には追加購入することもできます。

データ容量の追加購入は、アプリから500MBあたり500円で、いつでも簡単に行うことができます。

家族間でシェアはできませんが、データ容量を無駄にしてしまうということはないでしょう。

③3G回線は利用不可

UQモバイルの回線提供エリアは「4G・LTE」のみとなっています。

つまり、3Gエリアでの利用は不可ということです。

日本のほとんどの地域では4G・LTEの利用が可能となっており、提供エリアもどんどん拡大中です。

普段生活する分にはあまりデメリットに感じないかもしれませんが、田舎や山奥に行く際には電波が入らない可能性があることを覚えておきましょう。

UQモバイルとは

ここで、簡単にUQモバイルについて説明します。

UQモバイルは「UQモバイルコミュニケーションズ」が運営する通信会社によって提供される、格安スマホサービスです。

モバイルWi-Fiとしても人気の「WiMAX」の提供会社としても有名ですね。

2020年10月1日からは、auの提供元であるKDDIに統合されることが決まっています。

UQモバイルは、上でも見てきた通りau回線を利用した安定した速度と、格安SIMならではのお手頃な月額料金で人気となっています。

UQモバイル公式サイトはこちら

UQモバイルの料金プラン

UQモバイルの料金プランを見ていきます。

UQモバイルの料金体系は、非常にシンプルでわかりやすくなっていることが特徴です。

UQモバイルの料金

UQモバイルのスマホプランには以下の3つがあります。

  • スマホプラン
  • データ高速プラン
  • データ無制限プラン

各プランの月額料金、データ容量、通信速度は以下の表の通りです。

プラン スマホプラン データ高速プラン データ無制限プラン
月額料金 S:1,980円

M:2,980円

L:3,980円

980円 1,980円
データ容量 S:3GB

M:9GB

L:14GB

3GB 無制限
通信速度 各データ容量まで225Mbps

容量超過後300kbps

3GBまで225Mbps

3GB超過後200kbps

500kbps
最低利用期間 なし なし なし

全てのプランで最低利用期間がないのが嬉しいですね。

もちろん解約金なども発生しません。

この中でも、多くの人が「スマホプラン」を選択しているようです。

UQモバイルのオプション

UQモバイルには様々なオプションサービスが用意されています。

各オプションサービスと月額料金、簡単な内容については以下の通りです。

  • UQ安心サポート(350円/月)…スマホ、PC機器設定を遠隔操作でサポート
  • クラウドバックアップ(300円/月)…AOS Cloudへのデータの自動バックアップ
  • UQ SNSセキュリティ(350円/月)…Webサイトやアプリのセキュリティサービス
  • 端末補償サービス(380円/月)…端末故障や紛失時の補償
  • メールサービス(200円/月)…「–@uqmobile.jp」のメールアドレス利用
  • みまもりサービス(200円/月)…家族の居場所をリアルタイムで確認
  • filii(300円/月)…子供が安全にSNSを利用するためのセキュリティサービス

なお、「UQ安心サポート」「クラウドバックアップ」「UQ SNSセキュリティ」をまとめて月500円で利用できる「UQあんしんパック」というサービスもあります。

同様に、「みまもりサービス」「filii」をまとめて月380円で利用できる「家族みまもりパック」というサービスもあります。

セット利用すると、お得になるということですね。

その他にかかる費用

UQモバイルでは、申し込み時にSIMパッケージ代金として「3,000円」がかかります。

またUQモバイルを解約する際にも、他社回線に乗り換える場合には、MNP予約番号の取得に「3,000円」がかかります。

その他、端末を購入する場合は各種端末代金がかかります。

大手キャリアと比べてUQモバイルはどれだけ安い?

ここでは、大手キャリアから乗り換えを検討している方へ向け、「UQモバイルは大手キャリアと比較して、具体的に一体どれだけ安いのか?」ということを検証していきます。

今回は、同じ回線を利用していることから、UQモバイルとauの以下のプランの月額料金を比較します。

  • UQモバイル「スマホプランM(9GB)」
  • au「ピタットプラン4G LTE 〜7GB」
回線 au UQモバイル
プラン名 ピタットプラン4G LTE

(7GB)

スマホプランM

(9GB)

月額料金 5,980円 2,980円
データ容量 7GB 9GB
最低利用期間 2年間 なし

auとUQモバイルでは、データ容量が同じプランが見当たらなかったため、au「7GB」、UQモバイル「9GB」のプランで比較をしました。

UQモバイルの方がデータ容量が2GBも多いのにも関わらず、月額料金は「3,000円」も安くなっていますね。

auでは、データ容量を1GBあたり1,000円で購入することができます。

9GB使う場合には、「5,980(円)+1,000(円)×2(GB)=7,980(円)」も必要になります。

さらに、UQモバイルには最低利用期間がありません

一方、auでは原則として2年間の継続利用が前提となっており、更新月以外の解約では違約金が1,000円発生します。

ちなみに、auでも最低利用期間なしのプランも選択可能ですが、その場合上記プランの月額料金は「6,150円」とさらに高額になります。

 大手キャリアに比べるとUQモバイルでは料金は格段に安くなる!

上で見た通り、大手キャリアと比べるとUQモバイルは月額料金が格安に設定されています。

冒頭でも触れましたが、実際にUQモバイルのユーザーの半数が「UQモバイルに乗り換えることで月額料金が3,000円以上安くなった」と答えています。

年間で見ると、36,000円もの差額です。

家族で大手キャリアを使っている場合には、年間「36,000(円)×家族の人数分」もの節約が叶うということです。

UQモバイルを契約する上での注意点

UQモバイルを申し込む際には、以下の2点に注意が必要です。

  • 転出手数料と転入手数料が発生する
  • 利用中のキャリアメールは使えなくなる

上でも述べた通り、転出・転入手数料は、「各3,000円」がかかります。

また、現在利用しているキャリアの独自アドレスは、解約時に失効になります。

キャリアメールを使いたい場合には、UQモバイルの「–@uqmobile.jp」のアドレスを新たに利用するか、フリーメールを利用することをおすすめします。

もしくは、費用はかかりますが、元のキャリアで再度新規契約して、契約を維持することでメールアドレスを維持する方法もあります。

UQモバイルはこんな人におすすめ

UQモバイルのメリットを踏まえて、利用をおすすめできる人の特徴をまとめます。

①とにかく毎月のスマホ代を安く抑えたい方

上でも見た通り、UQモバイルは大手キャリアに比べて月額料金が非常に安いです。

似たような内容・データ容量のプランを比較すると、月に3,000円は安くなることが明らかになりました。

実際に、他のキャリアからUQモバイルへ乗り換えた人のうち、「5割以上の人が年間36,000円以上安くなった」と回答したというデータもあります。

上記はUQモバイルのユーザー14,979名へのアンケートを基にしたデータなので、信頼性も高いです。

半数以上の人が大幅に値下がりしているのが実情です。

②安さだけでなく、ある程度の通信速度も欲しいという方

大手キャリアに比べると圧倒的に月額料金を安く抑えられるUQモバイル。

しかし、正直なところ、金額面だけを見ると、UQモバイルよりも安い格安SIMはあります。

ただし、やはりスマホは安さだけではなく回線速度も重要です。

いくら安くても、繋がりにくかったり電波が入らなかったりでは意味がありません。

安いと速いを両立し、利用者の総合満足度が非常に高いことからも、UQモバイルはおすすめできます。

③学生の方、家族でまとめて使いたい方

UQモバイルの割引サービスの中でも特に魅力的な「学割」と「家族割」。

元々が安く設定されている月額料金から、500円もしくは1,000円のスマホ代金が毎月割引されます。

さらに、学割の適用条件は「18歳以下であれば誰でも可」、家族割の適用条件は「家族である証明ができれば、離れて暮らす場合も適用可」と、幅広く対象者が設定されています。

家族で格安スマホに替えたい方、初めてスマホを持つ学生の方には特におすすめです。

 逆にUQモバイルをおすすめできない人

実は、UQモバイルは全ての人におすすめできるわけではありません。

ここでは、UQモバイルを利用すべきでない人について紹介します。

①データ容量をほとんど使わない人

UQモバイルのスマホプランでは、最小の月のデータ容量が「3GB」となっています。

そのため、月に3GBも使わないという人にとっては、割高になります。

月のデータ容量が「500MB〜」利用可能なプランを用意している格安スマホもあるので、再検討してみましょう。

②キャリア連動のポイントを貯めたい人

大手キャリアでは、スマホの代金支払いごとに連動して各種ポイントを貯めるシステムがあります。

例えば、auならばau wallet、Docomoならdポイント、SoftBankならTポイントが、月々の利用料金に応じて貯まります。

UQモバイルではこのようなポイントサービスがない分、格安な月額料金でサービス利用ができますが、もしもポイントを重視したいという方がいればUQモバイルは不向きです。

③キャリア回線とのセット割を利用したい人

大手スマホキャリアでは、自宅のインターネット回線とセットにした割引サービスを行っています。

auであればauひかり、Docomoであればドコモ光、SoftBankであればSoftBank光…というようなセット割です。

スマホと自宅回線のセットを利用している場合、利用中のキャリアを解約すると割引が継続できなくなることがあります

セット割による割引額と、UQモバイルへ乗り換えた際の値下がり額とを比較してみて、万が一割引額の方が大きいのであれば、再考した方が良いかもしれません。

UQモバイルではお得なキャンペーンを実施中!

ここでは、UQモバイルで現在実施しているキャンペーン情報について紹介します。

①スマホプランデータ増量キャンペーン

スマホプランを申し込み、かつ以下2つの条件を満たすと、各プランの月々のデータ容量を13カ月間に渡って増量するキャンペーンを行っています。

  • 通話オプション(「24時間のかけ放題」「10分/回のかけ放題」「60分/月の通話パック」いずれか)への加入
  • UQモバイルの電話番号で「au ID」への登録

各プランの増量は、以下の通りです。

  • スマホプランS:3GB→4GB
  • スマホプランM:9GB→12GB
  • スマホプランL:14GB→17GB

UQモバイルでは、通常データ容量の増量には500MBあたり500円がかかります。

13カ月間にわたって、スマホプランSでは1,000円分スマホプランM/Lでは3,000円分ものデータチャージが無料で行えるという、非常にお得なキャンペーンです。

②スマホ下取りサービスでお得に乗り換え!

MNP新規や機種変更をした人を対象に、これまで利用していたスマホ端末をUQモバイルで買取してくれるサービスがあります。

端末は他社の機種でも対応可能で、UQモバイルが定めるいくつかの条件(対象機種が正規に購入されている、製造番号が確認でき、改造などメーカーの保証内であるなど)を満たすと、金額が還元されます。

なお、申し込みは店頭もしくは郵送でも可能です。

郵送の場合は、UQモバイルオンラインショップで下取りを申し込むと、機種送付キットを受け取れます。

新しい端末の購入と同時に古い端末を処分することができて、お得かつ便利なサービスです。

③学割・家族割でまとめてお得に

UQモバイルのサービスの中でも、幅広いユーザーに適用可能で割引率も高い学割・家族割。

家族割では2回線目以降は毎月「500円割引」で、学割では18歳以下の全ての人を対象にスマホプランSでは「500円割引」、スマホプランM/Lでは「1,000円割引」でスマホを使えます。

子供を含む家族で乗り換えをすると、家庭の通信費を大幅に抑えることができます。

UQモバイルに関するFAQ

ここでは、UQモバイルを申し込む際に多く寄せられる質問について回答していきます。

Q.契約期間の縛りや違約金はある?

原則として、ありません

具体的に言うと、現在申し込み可能な「スマホプラン」「データ高速プラン」「データ無制限プラン」は全て契約期間の縛り、最低利用期間、それに伴う違約金はありません。

ただし、2019年9月30日に受付を終了した「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」では、2年間の契約期間が設定され、更新月以外の解約では解除料9,500円が発生します。

これからUQモバイルを利用する方は、契約期間を気にせず申し込めます。

Q.家族での無料通話サービスはある?

ありません

ただし、家族で対象料金プランを複数回線契約した場合、「家族割」を適用させることができます。

家族割では、2回線目以降の基本料を毎月「500円」割引されます。

家族である証明書を提出すれば、離れて暮らす家族にも家族割は適用可能です。

Q.公衆無線LANサービスはある?

あります。

月額150円の「ギガぞう」という専用アプリに登録すると、公衆無線LANが利用可能となります。

ギガぞうでは、街中にある会員専用Wi-Fiスポットを利用できます。

会員専用Wi-Fiスポットは、スターバックス、ドトール、サブウェイ、ガスト、ジョナサン…など多数飲食店のほか、JRをはじめとする各種鉄道、地下鉄、空港など、非常に幅広くエリア設定されています。

くわしい対象エリアは、ギガぞうエリア検索で確認可能です。

Q.UQモバイルの申し込み方法は?

公式HPや店頭での申し込みが可能です。

乗り換える場合は、現在利用しているスマホ会社で「MNP予約番号」を取得する必要があります。

MNP予約番号を取得することで、現在利用している携帯番号をそのまま引き継いで使うことができます。

MNP番号の取得後、Webもしくは店頭で希望プランの申し込みをしてください。

なお、MNP予約番号の有効期限は15日間と定められているので、注意が必要です。

Q.申し込んでから、どれくらいで使えるようになる?

公式HPもしくは店頭での申し込み手続きと審査が完了した後に、原則として翌日にSIMカードや端末が発送されます。

状況により1週間程度かかることもあるようですが、発送手配が完了すると、メールで配送業者情報などが記載された通知がきます。

商品到着したら、SIMカード挿し、初期設定を行うことで利用可能となります。

【まとめ】初めての格安SIMはUQモバイルがおすすめ!UQモバイルは「安くて速い」を叶える格安SIM

ここまで、UQモバイルの口コミとメリット・デメリット、おすすめできる人・できない人についてくわしく見てきました。

UQモバイルの特徴を簡単にまとめると「安く、速く」というスマホに求められる2つの要素をしっかり叶えてくれるスマホです。

料金体系もシンプルでわかりやすく、学割・家族割などの割引サービスも充実しています。

大手キャリアから格安スマホに乗り換えようか迷っている人は、本記事を参考にUQモバイルの利用を検討してみてください。

UQモバイル公式サイトはこちら

arrow_upward