menu
search

スマモバで最新のiPhoneを使える?注意点や設定方法を解説

格安SIMの契約を考えている人の中には、「スマモバ」というサービスが気になっている人もいるのではないでしょうか。

運営会社のスマートモバイルコミュニケーションズ株式会社は、「THE WiFi」という1日4GB、月124GBまで使えるサービスを提供するなど、近年、知名度を上げています。

そんなスマモバではiPhoneを使えるのでしょうか。

この記事では、iPhoneでスマモバは使えるのか、また、設定の方法や注意したい点などを紹介します。

先に結論だけお伝えしておくと、スマモバでiPhoneを使うには、他社で買ったものを持ち込むのがおすすめです。しかし、使えないリスクもあるので、確認しておきましょう。

本文中の価格は2020年10月現在の税抜き価格です。

スマモバ公式サイトはこちら

スマモバでiPhoneは利用できる?

そもそもスマモバでiPhoneが使えるのか、気になるところです。

スマモバではiPhoneを使うことができます。しかし、最新のiPhoneの動作確認が取れていない点には注意が必要です。

スマモバで利用できるiPhone

スマモバで動作が確認できているiPhoneは以下のとおりです。

シリーズ 利用
iPhone SE(第2世代) 未確認
iPhone11/11 Pro/11 Pro Max 未確認
iPhone XR 未確認
iPhone XS/XS Max 未確認
iPhone X 未確認
iPhone 8/8Plus(SIMフリー版・ドコモ版) 可能
iPhone 7/7Plus(SIMフリー版・ドコモ版) 可能

ご覧のとおり、iPhone 8より新しい機種での動作確認がとれていません

他の動作確認端末を見ても、最近の機種が全く更新されていないことから、スマモバでは動作確認の作業を行っていないと思われます。

iPhone 7以前のiPhoneではiPhone SE(第1世代、SIMフリー・ドコモ)、iPhone 6s(SIMフリー・ドコモ)、iPhone6/6Plus(SIMフリー・ドコモ)、iPhone 5c(ドコモ)、iPhone 5s(ドコモ)、iPhone 5(ドコモ)に対応しているようです。

※スマモバの音声通話付きのSIMはドコモ回線を使用しています。一般的にドコモ回線を使った格安SIMの場合、SIMフリーのiPhoneであれば、通信できることが多いです。

スマモバでiPhoneを使う方法は2つ!

スマモバでiPhoneを使うには、以下の2つの方法があります。

  • ①iPhoneをセット購入する
  • ②SIMを契約して自分のiPhoneで使う

iPhoneを持っていない人は、スマモバの契約とセットで買うことができます。しかし、後述しますが、スマモバでのiPhoneの購入はあまりおすすめできません

スマモバでiPhoneを使いたいと思っている人は、②のSIMを契約して自分のiPhoneを使う方法をおすすめします。

スマモバ公式サイトはこちら

スマモバでiPhoneを使う方法①iPhoneをセット購入する

まず、スマモバでiPhoneをセット購入する方法です。今、iPhoneを持っていなかったり、新しく買い換えたい人は、検討してください。

2020年10月現在、スマモバではiPhone 8のみ取扱っています

古めのiPhoneを使っている人は検討してもいいが…

古めのiPhoneを使っている人は、スマモバでiPhone 8 を買うことを考えてもいいかもしれません。しかし、今のタイミングでiPhone 8を買うことは積極的にはおすすめできません

その理由を簡潔に言うと「もっと安くて性能が高いiPhoneを他所で買うことができるから」です。

iPhoneセット契約のデメリット

スマモバでiPhoneを買うデメリットは、ズバリ価格の高さです。

  • 価格が高いこと
  • 36回分割払いになる

それぞれの確認しておきましょう。

スマモバのiPhone8は高い

スマモバのiPhone8の価格は72,000円です。これが最新のiPhoneなら、まだいいかもしれませんが、2017年発売の3年前のスマホにしては割高です。

AppleストアではiPhone SEが44,800円、2020年10月23日発売のiPhone12 miniでも74,800円から購入できます(SIMフリー版、いずれも64GBモデル)。

今後、取扱端末が増えることを期待したいです。

36回分割払いが発生する

72,000円という価格なので、分割で買いたい人もいるでしょう。スマモバの分割は36回払いです。

iPhoneセット契約のメリット

スマモバでiPhone 8をセットで契約することにメリットが全くないかと言うと、そうとも言い切れません。ただし、すごく限定的なメリットです。

  • セット契約ならスマホを選ばなくてもいい
  • 月々割を受けられる

セット契約ならスマホを選ばなくてもいい

「iPhoneは種類が多いから選ぶのが面倒」「古くても高くてもいいから、申込みと一緒にiPhoneを届けて欲しい」という人は、スマモバでiPhoneを買ってもいいかもしれません。

36回、月々割を受けられる

スマモバで36回の分割払いでiPhoneを購入し、音声通話付きのプラン「M」か「L」に申し込むと、36ヶ月間、毎月300円の割引きを受けられます。

合計、10,800円分の割引きを受けられるので、iPhone 8の実質負担額は61,200円に下がります。

スマモバが販売しているiPhone8とは

スマモバで買えるiPhone 8は2017年に発売されたモデルです。

12MPカメラを搭載、防水、FeliCa(Apple Pay)、無線充電と、スマホに欲しい機能は一通り完備。シンプルにスマホを使いたい人には十分なスペックです。

スマモバでiPhoneを使う方法②SIMを契約して自分のiPhoneで使う

スマモバでiPhoneを使うための、もう一つの方法が、SIMだけを契約して、自分のiPhoneで使う方法です。

しかし、大前提としてスマモバでは「持ち込みの端末の動作保証はしません」と言い切っています。

なお、お客様でご用意された端末の動作保証はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。

引用元:https://www.smamoba.jp/faq/service.php

公式で保証していない以上、おすすめすることはできませんが、先述のとおりSIMフリーのiPhoneであれば使える可能性は高いでしょう。

今iPhoneを持っている人や最新作を使いたい人におすすめ!

持ち込みで契約するメリットには、今使っているiPhoneをそのまま利用できる点が挙げられます

また、スマモバでは扱っていない、最新のiPhoneを使えるのも、持ち込みのメリットと言えるでしょう。

最新iPhone SEも使える!(ただし、動作は未確認)

2020年4月に発売された、iPhone SEを持ち込むこともできます。しかしスマモバ公式サイトでは、iPhone 8以降の新しいiPhoneの動作確認を公表していないので、注意が必要です。

スマモバでiPhoneを持ち込むメリット

スマモバにiPhoneを持ち込んで契約するメリットは以下のとおりです。

  • データ移行が不要
  • 自分の好きなiPhoneが使える

データの移行が不要

これまで使っていたiPhoneをそのまま使うことができるので、データの移し替えの作業が不要です。

データの移行は時間がかかり、失敗したらデータが消えてしまうこともあるので、作業がいらないのは安心です。

自分の好きなiPhoneが使える

持ち込みであれば、自分の好きなiPhoneを使うことができます。スマモバではiPhone8しか扱っていないので、それ以外のiPhoneを使いたい人は、持ち込んで使うことも考えてみてもいいでしょう。

スマモバでiPhoneを持ち込むデメリット

スマモバでiPhoneを持ち込むデメリットは以下のとおりです。

  • 最新機種が使えないかもしれないリスク
  • 最低利用期間は2年間

それぞれ確認していきましょう。

最新機種が使えないかもしれないリスクがある

繰り返しになりますが、スマモバではiPhone 8以降の動作確認がとれておらず、また、持ち込みの端末については、動作保証をしていません。

最新のiPhoneを使いたくてスマモバと契約しても、使えないリスクもあることは、十分理解しておく必要があります。

最低利用期間が2年間ある

スマモバには2年間の最低利用期間が設定されています。期間内に解約や他社への乗り換えをした場合、9,800円の違約金がかかります。

もし、上記のように最新のiPhoneを使いたいと思って契約して、使えなかったときでも2年間は解約の違約金がかかります。

違約金を払うか、他のスマホを買って使うか、どちらかを選択しなければいけません。

【注意】SIMフリー端末か確認をしておこう

もし、スマモバにiPhoneを持ち込みたいと思っているのなら、iPhoneがSIMフリー端末か確認しておくことをおすすめします。

スマモバの音声通話付きのSIMはドコモ回線を使います。ドコモで買ったiPhoneであれば、そのまま使えることもありますが、au、ソフトバンクで買ったiPhoneの場合は、SIMロック解除が必要です。

SIMロック解除とは

一般的に大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)で購入したiPhoneは、他社のSIMカードが使えないように、ロックがかかっています。これをSIMロックと言います。

持ち込みでiPhoneを使うときは、スマモバのSIMでも使えるように、まずはSIMロック解除をして、SIMフリーにしておく必要があります。

※ただし、2015年5月以前にキャリアから発売されたiPhone(iPhone 6以前)は、SIMロック解除ができないので注意して下さい。

(ロゴ引用元:ドコモ公式サイトソフトバンク公式サイトau公式サイト)

SIMロック解除の手続きは以下のステップで行います。

  1. 各キャリアの公式サイト、マイページからSIMロック解除の手続き
  2. iPhoneのアクティベーションロックの解除
  3. iPhoneのバックアップ
  4. iPhoneの復元

既に手元に新しいSIMカード(スマモバなど)があるときは、1、2の手続きだけでSIMロック解除ができます。

ステップ1:各キャリアの公式サイトでSIMロック解除の手続き

まずは、購入元(大手キャリア)の公式サイトやマイページで、SIMロック解除の手続きをします。Webから簡単に手続きができて、費用もかかりません

SIMロック解除はショップでも手続きできますが、手数料3,000円や時間がかかるので、スマホからWebで行ってしまうのがおすすめ。

各キャリアのSIMロック解除の手続きはいかのとおりです。

<ドコモのSIMロック解除の手続き>

  1. My docomoにアクセス
  2. サービス一覧>SIMロック解除を選択
  3. dアカウントでログイン、ネットワーク暗証番号の入力
  4. 製造番号(IMEI)を入力して手続き完了

<auのSIMロック解除の手続き>

  1. au公式ページから「SIMロック解除のお手続き」
  2. auIDでログイン
  3. 過去にauで買ったスマホの記録からSIMロック解除するiPhoneを選択
    (中古などで買った場合は、IMEI番号を入力)
  4. 内容を確認して完了

<ソフトバンクのSIMロック解除の手続き>

  1. Myソフトバンクにアクセス
  2. Softbank ID(または電話番号)でログイン
  3. メニューの「契約・オプション管理」を選択
  4. SIMロック解除手続きでIMEI番号を入力して解除

ステップ2:アクティベーションロックの解除

既に手元に新しいSIMがあるときは、この作業を行って下さい(現在契約している大手キャリア以外のSIMカードがないときは、ステップ3に進んでください)。

ステップ1の手続きを済ませたあとに、iPhoneの電源を切り、新しいSIMカードを挿入して、再起動してください。

すると「アクティベーションロック」という画面が出るので、パスワードを入力すると、SIMロック解除の手続きが完了します(ステップ3以降は不要です)。

(ロゴ引用元:ドコモ公式サイトソフトバンク公式サイトau公式サイト)

ステップ3:iPhoneのバックアップ

SIMロック解除のためにiPhoneを初期化するので、データのバックアップを取ります。

iPhoneのバックアップは

  • パソコンがある人はiTunes
  • パソコンがない人はiCloud

を使いましょう。

iCloudは無料でバックアップできる容量が5GBまでと、かなり少ないです。写真などの大きなデータをどこか他の場所にバックアップする(Googleフォトなどのクラウドサービス)か、有料のiCloudのプランを契約しましょう。

(ロゴ引用元:Apple公式サイト)

iCloudの有料プランは「設定」>「自分の名前(Apple ID)」>「iCloud」>「ストレージを管理」で購入できます。

  • 〜5GB:無料
  • 〜50GB:130円
  • 〜200GB:400円
  • 〜2TB:1,300円

ステップ4:iPhoneの初期化

バックアップを取ったら、「設定」>「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」でiPhoneの初期化を行いましょう。

初期化をしたあとに、iPhoneの初期設定を済ませると、SIMロック解除は完了します。初期設定の中で、ステップ3で取ったバックアップを復元しましょう。

中古品購入時の注意

中古品をフリマサイトや販売店から購入する方は、端末の残債確認に注意しましょう。残債が残った端末には、通信をロックされてしまうリスクがあります。

スマモバ公式サイトはこちら

スマモバにはiPhoneの修理オプションはある?

自分で持ち込んだiPhoneにもしものことがあったとき、修理などの補償を受けられるか気になるところです。

スマモバには持ち込みの端末を含めて、年間10万円まで修理費用を補償してもらえる「モバイル保険」のオプションがあります。

モバイル保険とは

  • 月々の保険料は700円(同一契約で3台まで登録可)
  • 故障、破損、水没、盗難が対象
  • 年間10万円までなら、何度でも修理費用を補償
  • Wi-Fiに繋がる端末ならパソコンやタブレット、携帯ゲーム機などでも加入可(持ち込みのスマホでもOK)
  • いつでも加入可

格安SIMが提供する補償としては、とても手厚い内容です。

一契約で3台の機器を補償してもらえるので、スマホ以外に普段から使っているパソコンやタブレットも登録できます。

またスマモバとの契約時だけでなく、後になってから加入できるのもメリットですね。

修理時の代替機の提供はなし

保険を使って修理する場合、スマモバが提携する修理店を紹介してもらえますが、スマモバから代替機を用意してもらえるサービスはありません。

スマモバでiPhoneを使うAPN設定方法

スマモバでiPhoneを使うには、APN設定という初期設定が必要です。

APN設定とは

APN設定とは、特定のSIMカードを使ってスマホで通信をするための初期設定です。APNという情報をiPhoneに設定することで、スマモバのSIMで通信ができるようになります。

SIMカードを挿入しただけでは通信できないので注意が必要です。

以下のステップでAPN設定を行いましょう。

  1. 古いAPN設定の削除
  2. 構成プロファイルのインストール
  3. 内容の確認

作業自体は数分で終わるものなので、ひとつずつ確実に進めていきましょう。

ステップ1:古いAPN設定の削除

これまでに他の格安SIMなどを使っていたときは、古いAPN情報が残っていることがあります。

「設定」>「一般」>「プロファイル」と進んで、他のAPN情報があるときは、選択して削除しておきましょう。

ステップ2:構成プロファイルのインストール

新しいスマモバのSIMカードを挿入して、Wi-Fi環境下で作業を進めます。

以下のリンクから、構成プロファイルをインストールします。

スマモバ構成プロファイル

ステップ3:APN設定の確認

インストールが完了したら「設定」>「一般」>「プロファイル」に移動して、「Advanced Settings」というプロファイルがインストールされているか、確認してください。

詳細を確認して、以下の内容が書いてあれば問題ありません。

  • NAME:phone-sim.com
  • 認証:CHAP
  • ユーザー名:mvno

難しいときはカスタマーサポートを利用しよう

上記の方法でAPN設定ができなかったときは、以下のカスタマーサポートに連絡して、方法を確認してください。

スマモバカスタマーサポート
TEL:0570-022-577(10:00〜18:00、年中無休)

スマモバ公式サイトはこちら

iPhoneを使うときに知っておきたい!スマモバによくある質問

最後にスマモバでiPhoneを使う上で、よくある質問を確認しておきましょう。

途中からiPhoneに機種変更することはできますか?

既にスマモバを契約している場合、iPhoneを用意してSIMカードを挿入すれば機種変更できます。スマモバで販売しているiPhone 8の端末だけを購入して、機種変更することもできます。

SIMカードをなくしてしまった

回線の停止、SIMカードの再発行が可能です

「回線の停止」は契約は維持したままで、回線を停止できるので、不正利用を防止できます。停止、再開時に、それぞれ手数料500円がかかります。

「再発行」する場合は、SIMカードの再発行手数料3,000円がかかります。

通信制限はありますか?

音声通話付きのLプラン(30GB/月)では、前日、前々日、3日前の3日間の通信量が3GB以上になったときは、深夜0時まで制限がかかります。

iPhoneでテザリングは使えますか?

テザリング機能が付いたiPhone(iPhone 4s以降)であれば、テザリングが使えます。

まとめ

スマモバでiPhoneを使いたいときの注意点や、設定方法を紹介しました。

  • スマモバではiPhone 8までの動作確認しかとれていない
  • スマモバではiPhone 8の取扱いがあるが、価格が高いのでおすすめできない
  • 持ち込みのスマホの動作保証がない
  • 2年以内の解約は違約金がかかる

と、iPhoneを使うには比較的リスクが高めな格安SIMでした。

スマモバでiPhoneを使うことを検討している人は、これらのリスクを知った上で契約しましょう

スマモバ公式サイトはこちら

clear 格安SIMおすすめ徹底比較
arrow_upward