menu
search

ロケットモバイルに乗り換える方法は?注意点や費用、MNP予約番号発行方法まで詳しく解説!お得なキャンペーン情報も

今の携帯料金に不満があるから、格安SIMに乗り換えたい。でも格安SIMのお店は近くに見当たらないし、どこに相談したら良いのか??時間だけが過ぎていく・・・。

契約してから2年近く経過しているなら、早急に自分の契約がどうなっているのか見直してください。大事なのは、自分の解約月(無料で解約出来る期間)がいつなのか?です。タイミングを逃すと契約が自動的に延長されて、解約には違約金の支払いが必要になります。

ロケットモバイルは格安SIMらしい価格で、今使っているスマホの多くがそのまま使えて人気があります。解約月の調べ方から、番号を持って乗り換える手順を紹介します。文中の価格は特に記述が無い場合税抜です。

ロケットモバイル公式サイトはこちら

ロケットモバイル乗り換えにかかる費用

引用元:公式サイトhttps://rokemoba.com/(2020/06/07現在)

乗り換え(MNP)には手数料が必要!

ロケットモバイルに乗り換える時にかかる費用は以下の通りです。

  • MNP転出手数料-乗り換え前の通信会社への支払い
  • 違約金-乗り換え前の通信会社への支払い
  • 初期費用-ロケットモバイルへの支払い

MNP転出手数料

MNPを使って番号を持って通信会社を移るときに、元々契約していた通信会社に支払う事務手数料が、MNP転出手数料です。

MNPとは、Mobile Number Portabilityの頭文字で、日本語に直訳すれば、「携帯電話番号を携帯して」という意味です。

要は自分の使っている電話番号を持って、別の通信会社に移動できる事を言います。

携帯電話の電話番号は、友人知人に伝えてあるだけではなく、色々な登録にも使われています。この番号を変えてしまうと、色々な人に電話番号が変わる旨を伝える必要がありますし、何に登録してあるのか完全に把握している人はいません。

一昔前は、通信会社を変わると強制的に番号が変わりました。それが嫌で、ユーザーは通信会社を事実上変われない状況が続いていたのです。

携帯電話の料金が高止まりしている原因は、ユーザーの流動性が無いからだと考えた国の指導でMNPは始まり、電話番号を持って通信会社を移動することが初めて可能になった経緯があります。

主な会社のMNP転出手数料です。

  • docomo(2019年9月までの契約) 2,000円
  • docomo(2019年10月からの契約) 3,000円
  • au 3,000円
  • SoftBank 3,000円
  • Y!mobile 3,000円

現在契約中の通信会社が上記に無い場合は、HPをご覧になるか、契約中の会社にお問い合わせください。(転出手数料5,000円の会社もあります)

使っているキャリアや期間によっては解約に対する違約金が発生することも

2019年10月以降は、法律によって違約金が1,000円以内に定められました。しかし、これには例外規定があり、100万人以下のユーザー数の通信会社には適用されません

また、2019年9月末以前の契約については、上記法律の対象外で適用されません。2年縛りと限定された解約月の制度は、依然として生きています。

解約月とは、2年に一度訪れる無料で解約出来る月のことです。この月を逃すと、自動的に新たな2年契約が結ばれます

画像:excite

2019年9月末以前の契約は、解約月以外の解約は違約金が9,500円(最大で12000円)かかる事が多いです。

上記対象期間に契約された方は、契約内容と解約月を確認してください。

3大キャリアと契約中の方は、マイページから簡単に確認出来ます。

  • ドコモ → My docomo
  • au → My au
  • ソフトバンク → My SoftBank

乗り換えるには、タイミングが大切です。

  • 3大キャリアの場合、契約2年後の解約月と呼ばれる月の前後3ヶ月
  • MVNO系の通話系プラン場合、26ヶ月目の1ヶ月間など、制約ある限定の月(解約月)

MVNO(格安SIM)では2019年9月以前の契約でも、解約違約金を設けていないプランが多くあります。しかし音声通話付きSIMの場合は、多くの会社で1年以内の解約については、違約金を設けています

違約金金額は、1年以内一律の場合と、経過月により変動する場合があり各社で差があります。どの通信会社も1年を超える契約の場合に、違約金はかかりません

契約時に端末を同時購入している方・機種変更されている方は、経過月によって違約金がかかる場合があります。通信会社や端末の金額・受けた特典によって金額は変わりますのでご注意ください。

違約金は通信会社やプラン・経過期間によっても異なります。現在契約中の会社へご確認ください。

*一部キャリアの一部プランでは、2019年9月13日以降は違約金が無い事もあります。(SoftBank)

ロケットモバイルに対する初期費用が必要

初期費用として、3,400円かかります。

通話プランは1年以内に解約の場合9,500円の解約金が発生します。

ロケットモバイル公式サイトはこちら

ロケットモバイルへの乗り換え手順

ロケットモバイルに乗り換える前に、どのプランにするか見てみましょう。

Dプラン(docomo)

docomo回線のプランです。

プラン名 通信容量 回線速度 料金
神プラン 200Kbps 948円
1GBプラン 1GB 下り最大
1,288Mbps
上り最大50Mbps
以下
1,250円
2GBプラン 2GB 1,300円
3GBプラン 3GB 1,400円
5GBプラン 5GB 1,800円
7GBプラン 7GB 2,400円
20GBプラン 20GB 4,670円

神プランは、速度が200Kbpsという低速になりますが、使いたい放題を格安(948円)で実現しているロケットモバイルのウリの一つです。

Dプランで使えるスマホとタブレット

Dプランで使えるスマホの条件です。

  • docomoのLTE/3G回線が使える
  • ロケットモバイル独自のアクセスポイント(APN)が設定出来る

docomoから購入したスマホ・タブレットは、そのまま使うことが出来ます。docomoを使っていた方は迷うこと無く一択

auから購入したスマホ・タブレットは、Dプランでの使用は出来ません

SoftBankから購入したスマホは、SIMロックを解除することで使えることが多いです。

SIMフリーの機種は当然使えます。

auからの購入した機種以外は、一番使いやすいプランです。

プランA

au回線を使うプランです。

プラン名 通信容量 回線速度 料金
神プラン 200Kbps 1,068円
1GBプラン 1GB 下り最大
1,237Mbps
1,380円
3GBプラン 3GB 1,470円
5GBプラン 5GB 1,950円
7GBプラン 7GB 2,560円
20GBプラン 20GB 4580円

docomo回線と比較すると、2GBプランが無くなっています。

神プランもありますが、少し高くなっています。

同じ様にスピード制限はありますが、使いたい放題になっています。

プランAで使えるスマホとタブレット

  • VoLTEに対応したSIMフリー端末
  • au VoLTEに対応している端末(2017年8月1日以降)
  • SIMロック解除したau VoLTEに対応している端末(2017年7月31日以前)

発売された時期によって、というのがありますが、VoLTEへの対応している機種が必要です。

プラン(S)

SoftBank回線を使うプランです。

SoftBank回線のプランと言っても、使えるのはiPhoneだけです。しかも通話が出来るプランが無いので、番号を持って乗り換える際(MNP)は使えないデータ回線のみです。今回は対象外です。

ポイントを貯めて使うことで、月々の通信費を大幅削減!

ロケットモバイルでは、マイページからロケモバポイントを貯めることが出来ます。ロケモバポイントは1ポイント1円として、月々の通信費に充当できます。(最大で月額料金全額まで)1ポイントから利用可能です。余ったポイントは繰り越すことも出来ます。

画像:excite

方法1.マイページの「ポイントを貯める」にある、指定のアプリをダウンロードすることでポイントが貯まります。中には300ポイントを超えるものもあります

方法2.契約アカウントごとに、「招待コード」が付与されます。マイページで確認できます。この招待コードを新規契約者が利用した場合、招待コードを持っている契約者・新規にロケットモバイルと契約した人の両方に200ポイントが付与されます。

方法3.アンケートに答えると貯まります。

乗り換え前にはこちらを用意!

ロケットモバイルに乗り換える前の準備に、必要なものをまとめました。

  • MNP転出予約番号
  • クレジットカード
  • 本人確認書類(運転免許証・パスポート・マイナンバーカード等の顔写真付きの物)
  • 使用可能を確認した端末・SIMフリー端末
  • 連絡のとれるメールアドレス(フリーメールでOK)

①現在使っているキャリアでMNP手続きをし、番号を発行する

番号を持って乗り換える場合には、契約中の通信会社に連絡して、MNP転出予約番号を受け取る必要があります

MNP転出予約番号は15日間という期限があります。ロケットモバイルは10日間以上の有効期限が残っていない場合、乗り換え申し込みが受け付けられません。ご注意ください。

有効期限を経過後はMNP転出予約番号が無効になり、自動的に現在の契約プランが続行されます。その場合、MNP転出手数料はかかりません。何も無かったことになるわけです。

どの会社でもMNP転出予約番号の発行方法は殆ど同じです。

ショップ・オンライン・電話の3通りの方法があります。

ショップに行ったら、MNP予約番号が欲しい旨を伝えればOKです。オンラインの場合も下記にある手順で出来ます。(docomo以外オンラインで出来るのは、ガラケー解約のみです)

オススメするのは電話での取得です。手間も時間も一番かかりません。

音声ガイダンスに従って、オペレーターに電話が繋がったら、本人確認の為の情報提供を求められます。確認がとれたら「MNP予約番号の発行をお願いします」と告げてください。(SoftBankの場合は契約時の暗証番号を求められます。解らない場合は放置しておくと、自動的にオペレーターに繋がります)

現在契約中の通信会社から、継続して頂けるならば・・・と、オファーの提示を受けることもあります。内容を吟味した上で判断してください。最終的に自分にとって、どちらがメリットがあるのか?お考えください。

転出する意思が最終的に確認されると、MNP転出予約番号(10桁の数字)が発行されます。口頭で伝えられるのを、念のためメモしても良いですが、電話を切った後に契約中のスマートフォンにSMS(ショートメッセージ)で送られてきます。これで電話での一連の作業は完了です。

docomoの場合

ご利用方法 MNP予約受付窓口 受付時間
携帯電話 151 9:00~20:00
一般電話 0120-800-000
パソコン My docomoより「各種お申し込み・お手続き」をご選択ください。 9:00~21:3

auの場合

ご利用方法 MNP予約受付窓口 受付時間
携帯電話/一般電話 0077-75470 9:00~20:00
EZWeb トップより「auお客さまサポート」をご選択ください。
その後「申し込む/変更する」をご選択ください。
9:00~21:30

SoftBankの場合

ご利用方法 MNP予約受付窓口 受付時間
携帯電話/一般電話 0800-100-5533 9:00~20:00
Yahoo!ケータイ トップより「My SoftBank」をご選択ください。
その後「各種変更手続き」をご選択ください。
9:00~21:30

MVNO(格安SIM)のMNP予約番号取得は各社異なりますので、ホームページ上で確認して下さい。

②ロケットモバイル公式サイトにアクセスして契約する

ロケットモバイル公式サイトの右上、一般申し込みを押す

お申し込みページで、回線・SIMサイズを選んで次へ

*Sプランはデータ通信のみなのでMNPには使えません。

*SIMサイズ iPhoneはナノSIMです。新しいAndroid端末もナノSIMが多いです。3in1SIMを選択すれば、全てのサイズに対応出来ます

契約タイプは必ず「音声通話」を選択してください。

ご契約携帯・携帯電話番号ポータビリティーは「他社からお乗り換え(MNP)」を必ず選択してください。

取得したMNP予約番号・期限を記入して下さい。

プラン容量・オプションを選択してください。次へ押して下さい。

全ての規約と注意事項に同意するにチェックを入れて次へ。

メールアドレスを登録して次へ。(このメールアドレスで今後マイページへログインするときに使います)

仮申し込みが完了して、届いたメールに記載のある本登録のサイトへ

*ユーザーID(登録したメールアドレス)パスワードの記載があります。

個人情報・クレジットカードを登録して最終確認。

申し込み確定して完了です。

申し込みから数日でSIMが届きます。

③開通手続きをする

ロケットモバイルから荷物が到着しても、契約中の通信会社はまだ有効になっていて、開通・切替手続きをするまで普通に使えます

荷物が到着後に、ロケットモバイルに回線を切り替える作業をしてください。

(新しいロケットモバイルのSIMは、旧SIMの電波表示が圏外になってから差し込んでも良いと思います)

手続きはマイページから行います。(インターネット接続しているパソコンからを推奨)

切り替え可能時間は9:00~20:30です。

マイページ上から「MNP切替希望日時選択」が出来る様になるのは、SIMが到着した翌日以降からです。

登録センターの混雑状態により、希望日時に空きがない場合もあります。

旧通信会社の締めが月末になっている場合などは、時間に余裕を持って手続した方が良さそうです。

回線が切り替わると、旧回線が使用不可になります。

回線が切り替わった後に、APN設定を行います。

④開通にはAPN(ネットワーク)設定が必要

ロケットモバイルで、データ通信接続が出来る様に端末を設定する必要があります。この設定をAPN設定といいます。

iPhoneのAPN設定

こちらからプロファイルのインストールをしてください。

詳細は公式ページをご確認ください。

AndroidのAPN設定

Android9.0の画面で説明します。

バージョンや機種によって表示が異なる場合がありますが、概ね同じです。

1.スマートフォンの電源を切って、ロケットモバイルのSIMカードをセットしてください。

2.設定からネットワークとインターネットをタップ

*バージョンによっては、設定画面で下部にある「もっと見る」の中にある場合もあります。

画像:excite

3.モバイルネットワークをタップ

画像:excite

4.詳細設定をタップ

画像:excite

5.下部にあるアクセスポイント名をタップ

画像:excite

 

6.一覧の中にロケットモバイルがあれば、選択します。

*あった場合はこれで完了です

画像:excite

7.一覧に無い場合は、上部左にある+をタップ

画像:excite

8.以下の項目に入力してください。

代表的な設定項目名 設定値
APN名、アクセスポイント名 任意(例:ロケモバ)
APN、APN設定 4gn.jp
ID、ユーザーID、ユーザー名 roke@moba
Password、パスワード rokemoba
認証タイプ、PPP認証タイプ、暗号タイプ CHAP または PAP

画像:excite

9.画面を下に送ります

画像:excite

10.右上の・3つ縦に並んでいるところを選択して、保存を選択

画像:excite

以上でAPN設定は完了です。

繋がらない場合は、以下を確認してください。

  1. .(ドット)と,(カンマ)が間違っていませんか?
  2. 一部機種において、「MVNOの種類」を「None」ではなく、「SPN」にご変更することで、接続可能になる場合があります。
  3. HUAWEI製の機種の場合、APNタイプの項目に「default, supl, ia」と入力することで、接続が可能になる場合があります。

ロケットモバイルに乗り換えに関するFAQ

ロケットモバイルのFAQを見てみましょう。

最低利用期間(縛り)はある?

通話プランには1年以内に解約の場合、9,500円の解約金が発生します。

端末はロケットモバイルでも買える?

端末販売はしていません

過去に一度ロケットモバイルに登録したメールアドレスで、再契約申し込みは可能ですか?

できません。別のメールアドレスを登録しましょう。

仮登録時に間違いがありました。キャンセルは出来ますか?

仮登録まで進んだ場合、キャンセルは出来ません。本登録をしなければ費用は一切発生しません。新しい別のメールアドレスを用意して、再度最初から申し込みをしてください。

SIMが届いたのに、マイページに回線切替手続きが表示されません。

MNPの切替画面は、可能になるまで表示されません。SIM到着日+1日か2日で切り替え可能になります

【まとめ】ロケットモバイルへの乗り換えは超簡単!通信費を安くお得にする第一歩を踏み出そう

実際にやってみると、MNPでロケットモバイルに乗り換えるのは簡単です。SIMが届いても切替作業を自分で完了しなければ、旧回線のSIMは生きていますので、切れ間無くスマホが使えます。

切替予約の時間がかかる事があるので、余裕のあるスケジュールでの手続きが必要です。また、切り替え手続き時に、スマホの電源は切っておいて、パソコン・新旧SIMの入っていない別のスマホ・タブレットなどで作業を行ってください。

空いた時間でポイントをゲットしながら、月額料金をよりお得にできますよ。快適なスマホライフと共に存分に味わってみてください。

ロケットモバイル公式サイトはこちら

arrow_upward