menu
search

【詳説】ロケットモバイルで機種変更する方法│対応スマホや回線の違いも解説

200kbpsの低速なら298円から使える「神プラン」の提供で、一部のコアなユーザーから支持を得ているロケットモバイル。

ロケットモバイルを使っている人の中には、そろそろ機種変更をしたいと思って、この記事に辿り着いた人もいるのでは。ただ、ロケットモバイルは機種変更の方法をはじめ、使える端末についても非常に情報が少ない格安SIMです。

「どこでスマホを買ったらいいの?」

「ロケットモバイルに対応しているかどうかはどこを見れば分かるの?」

など、機種変更の際に不安な点は多いと思います。

そこで、この記事ではロケットモバイルで機種変更する方法や使える端末、お得なスマホの買い方や注意点を紹介します。

ぜひ、機種変更する前にご一読の上、参考にしていただければうれしいです。

ロケットモバイル公式サイトはこちら

ロケットモバイルで機種変更はできる?

そもそも格安SIMで機種変更ってできるの?という疑問を持たれている人もいるかもしれません。結論、ロケットモバイルでは自分が好きなときに機種変更することができます

一般的にスマホの機種変更は2年に1回程度のペースで行うものです。しかし、端末の使用頻度やスペックによって、かなりの個人差があります。

  • 朝、家を出てから帰ってくるまでの間で、バッテリーが持たなくなった
  • 複数のアプリを同時に立ち上げると動きがもたもたする
  • アプリが突然停止するようになった
  • 画面が割れたので修理しようと思ったら、見積もりが高額だった

上記のようなケースに該当する場合、今が機種変更のタイミングです。

また「新しいiPhoneが使いたい」など、積極的な理由で機種変更するのも大いにありでしょう。

ロケットモバイルで機種変更する方法は1つ

ロケットモバイルで機種変更する唯一の方法は「自分でSIMフリースマホを購入する」方法です。

一般的には「自社で販売しているスマホを購入する方法」もありますが、ロケットモバイルではスマホの販売を行っていません

自分で購入して機種変更するメリット

先に自分でSIMフリースマホを購入するデメリットをお伝えします。

  • 自分でスマホを選ぶのが面倒
  • ロケットモバイルで使えるかどうかは自己責任

世界で販売されいている数多くのスマホの中から、自分でスマホを選び出さないといけません。

また、せっかく購入したスマホでも、ロケットモバイルで100%使えるという保証はありませ。すべて自己責任です。

一方でSIMフリースマホを購入するメリットは以下のとおり。

  • 自分が使いたいスマホを選べる
  • 自分が買いたい場所で買える
  • 自分に一番適したスマホを買える

メリットを一言でまとめると「自由」ということです。自分が使いたいスマホを、使いたい場所で買って、利用できることは、自社端末の購入にはない自由さがあります。

そもそも、ロケットモバイルを使っているユーザーは、スマホが好きだったり詳しい人が圧倒的に多いと思います。そのような人にとっては「スマホが選ぶのが面倒」という様なデメリットよりも、メリットの方がはるかに多いはずです。

ロケットモバイルで自分で購入した機種に変更する方法

ここからは、ロケットモバイルで実際にSIMフリースマホを買って機種変更する方法を、順を追って解説していきます。

  1. ロケットモバイルで使える端末を確認する
  2. スマホを決める
  3. スマホを購入する
  4. データを移行する
  5. 初期設定する

それぞれ見ていきましょう。

手順①:ロケットモバイルで使える端末を確認する

引用元:https://rokemoba.com/(2020/06/24現在)

実はロケットモバイルでは定期的なスマホの動作確認を行っていません。その理由は以下のように説明されています。

現在までに販売された端末の数が膨大であり、また海外製のSIMフリー端末等も増えてきたことから、すべての端末機種を当社が購入して実機で検証することは、安価な月額料金でサービスを提供することができなくなる原因となるため、実施しておりません。

引用元:https://economical.zendesk.com/

もっともな理由ですね。確かにロケットモバイルのユーザー層には端末一覧を示すよりも、「こういう端末が使えるから、あとは自分で調べて下さい」とだけ伝えてコストを下げた方が、双方にとってのメリットが大きいと思います。

ロケットモバイルではドコモ、au、ソフトバンクの3回線が使えます。

ドコモ回線(Dプラン)に対応したスマホ

ロケットモバイルのドコモ回線はSo-netから提供を受けています。そのため、So-netの動作検証端末一覧に記載があるものは、利用できる可能性が高いです。

動作検証済み対応端末一覧(So-net)

ただし、上記の一覧にはここ数年に発売されたスマホの記載がありません。そこで、ロケットモバイル公式では、

  • SIMフリースマホ
  • SIMロック解除済端末
  • ドコモから発売されたスマートフォン

であれば使える可能性が高い、とアナウンスしています。

au回線(Aプラン)に対応したスマホ

ロケットモバイルで提供されているau回線はマルチSIM(VoLTE対応SIM)です。そのため、VoLTEに対応したスマホしか使えません

  • VoLTEに対応したSIMフリースマホ
  • 2017年8月1日以降にauから発売されたauVoLTE対応スマホ(SIMロック解除は不要)
  • 2017年7月31日以前にauから発売されたVoLTE対応スマホ(SIMロック解除が必要)

上記のスマホは使えますが、VoLTEに対応していないスマホ、VoLTEに対応していてもSIMロック解除ができないスマホ(2015年5月以前に発売されたスマホ)は使えません。

ソフトバンク回線(Sプラン)に対応したスマホ

ソフトバンク回線で使えるスマホは以下のとおり。

  • SIMフリースマホ
  • ソフトバンクから発売されたiPhone5以降のiPhoneシリーズ
  • SIMロック解除された他社のiPhone5以降のiPhoneシリーズ

注意点としては、ソフトバンクで販売されたAndroidスマホは、そのままでは使えないこと。SIMロック解除をすれば使うことができます。

また、ワイモバイルで買ったスマホもSIMロック解除をしないと、ロケットモバイルのソフトバンク回線では使えません。

手順②:スマホを決める

使える端末を確認したら、実際に購入するスマホを決めます。

  • 手順①で使えると判断されたスマホであることが条件
  • Androidスマホ、iPhoneどちらにするか
  • 予算の上限額はどれくらいか
  • 中古にするか、新品を購入するか
  • こだわりたい機能(カメラ、スペック、便利な機能)

上記を参考にしながら、自分が使いたいスマホを絞り込んでいきましょう。

手順③:スマホを購入する

誰もが少しでもお得にスマホを購入したいはずです。

新品のiPhoneは基本的には値下げがありません。Apple Store公式でも、家電量販店で買っても、大きな差はありません(ポイント還元などで差がつくことはあります)。
少しでも安いiPhoneが買いたいなら、中古品を購入しましょう。

Androidスマホは販売元によって、金額に差が出ることが多いです。中でもおすすめなのが「他社の格安SIMでセールしている、契約とセットのスマホを狙うこと」です。

格安SIMの中には、新規契約を条件に、大きく割引してスマホを販売することがあります。もし、安く購入できるキャンペーンや割引を見つけたら、その格安SIMで最安で維持できるプランを選んで契約し、スマホを購入します。

1年程度使ってその格安SIMを解約すれば、結果的には安くスマホを買えることもあります。

手順④:データを移行する

古いスマホから新しいスマホにデータの移行を行います。

AndroidスマホならGoogleのバックアップ機能が便利です。新しいスマホでGoogleアカウントにログインするだけで、連絡先やカレンダー、設定などを一括で移行できます

GmailやGoogleフォトなどのサービスを使っていれば、アプリを入れるだけで、写真やメールも引き継げます。

iPhoneならクイックスタートが便利です。初期設定の際にクイックスタートを選べば、古いiPhoneから新しいiPhoneに、データを直接転送できます。

これまではiCloudやiTunesを使ってデータをバックアップする方法が一般的でしたが、それと比べると手軽にデータを移行できるようになりました。

手順⑤:初期設定をする

最後にAPN設定という初期設定を行います。APN設定はこれから使うスマホにロケットモバイルで通信するためのAPN情報を入力する作業です。

AndroidスマホとiPhoneで操作方法が異なるで、それぞれ確認しておきましょう。

AndroidスマホのAPN設定の方法

Androidスマホは端末によって、設定内の項目が異なるので、以下を参考にして自分の端末で作業してください。

  1. 新しいスマホにロケットモバイルのSIMカードを挿入する
  2. 「設定」>「その他」>「モバイルネットワーク」>「アクセスポイント名」で新規追加
  3. APN情報を入力して登録
  4. 登録したロケットモバイルのAPNを選択する

③のAPN情報は以下のとおり。

  • 名前:ロケットモバイル(任意)
  • APN:4gn.jp
  • ユーザ名 roke@moba
  • パスワード rokemoba
  • 認証タイプ CHAPまたはPAP

iPhoneのAPN設定の方法

  1. 新しいiPhoneにロケットモバイルのSIMカードを挿入
  2. Wi-Fiに接続
  3. Safariを開き、以下のリンクから構成プロファイルをダウンロード
  4. ダウンロードできたらホーム画面に戻り「設定」>「プロファイルがダウンロードされました」>「インストール」でインストールする
  5. インストールできたら再起動する

ロケットモバイルの構成プロファイルは、以下のページにiPhoneで直接アクセスしてダウンロードしてください。

APNの設定方法を教えてください。│ロケットモバイル公式サイト

自分で用意した端末に機種変更するときの注意点

SIMフリースマホを購入する際に注意したいのは以下の2点です。

  • それぞれの回線の周波数に対応しているか
  • 中古スマホは支払いが完了しているものか

注意点①:それぞれの回線の周波数に対応しているか

ロケットモバイルではドコモ、au、ソフトバンク回線が利用できます。それぞれの回線には国から指定されている「周波数帯域」があります。

  • ドコモ:Band 1/3/19/21/28/42
  • au:Band1/3/11/18/26/28/42
  • ソフトバンク:Band1/3/8/11/28/42

自分が現在使っている回線の周波数帯域が、購入する予定のスマホに対応しているか確認しましょう。SIMフリースマホでも周波数が対応していない場合は、通信ができません

注意点②:中古スマホは支払いが完了しているか

中古のスマホの場合、既に分割の支払いが終わっているか、購入前に必ず確認しておきましょう。

仮に前のユーザーが支払いをストップしてしまった場合、途中でスマホが使えなくなります。できれば支払いが終わったスマホを購入するようにしましょう。

端末保証オプションはある

ロケットモバイルには「つながる端末保証」という、持ち込みスマホの保証を受けられるサービスがあります。

月額料金は500円で、自然故障・破損・水没による故障の際に、無償で修理または交換を受けられます。

しかし、加入できるのはロケットモバイルでSIMを契約したタイミングのみです。途中から加入することはできません。機種変更の場合は、新しい端末にSIMを挿入した後に、指定のWebページにアクセスして手続きすれば、新しいスマホに保証を引き継ぐことができます。

自分で用意した端末で機種変更にかかる費用

自分でスマホを購入して機種変更する際にかかる費用は、SIMフリースマホ代のみです。

ロケットモバイルの機種変更でお得なキャンペーン

2020年6月現在、ロケットモバイルの機種変更で使えるキャンペーンは行われていません

そこでロケットモバイルの「Give 2$/Get2$キャンペーン」を紹介します。

キャンペーン①Give 2$/Get2$キャンペーン

引用元:https://rokemoba.com/(2020/06/24現在)

ロケットモバイルの「Give 2$/Get2$キャンペーン」はロケットモバイルを紹介した人、紹介された人それぞれに200ポイントが付与されるキャンペーンです。

招待人数に上限はないので、招待する度にポイントが貯まります。ポイントは1ポイント=1円でロケットモバイルの通信料金から割り引くことができます。

ロケットモバイル公式サイトはこちら

ロケットモバイルの機種変更によくあるQ&A

最後にロケットモバイルの機種変更にかかわる質問をまとめて紹介します。機種変更の際の参考にしてください。

国外販売の端末/技適未取得の端末は使うことができますか?

国外の端末は原則ロケットモバイルのサポート対象外となりますので、予めご了承くださいませ。国外販売の技適適応されていない端末は、国内でのご利用が推奨されていない機種となります。

また技適を取得していない国外の端末は以下の症状が散見されます。SIMフリー端末であってもお使いいただけないケースがございますので予めご了承くださいませ。

・SMSだけできない
・通信の疎通が確認できない
・接触不良でSIMカードが認識しない
・SIMカードが最初は認識するものの、後から認識しなくなる。

引用元:https://rokemoba.com/

2回線目以降の追加申込をしたいのですが可能でしょうか

追加の申し込みは可能です。
マイページからログアウト後、通常のお申込み手順にてお申し込みをお進みいただけます。

※当社では1つの回線契約ごと(プランごと)に、1つのメールアドレスを登録していただきご契約情報を確認させていただいております。

引用元:https://rokemoba.com/

ガラケーで利用可能でしょうか?

原則として、ご利用いただけません。スマートフォンでのご利用をご検討ください。

引用元:https://rokemoba.com/

SIMカードのサイズ変更は可能でしょうか?

可能です。Dプラン、プラン(S)の場合以下URLから手続きを実施してください。

・SIM再発行URL:https://rokemoba.com/user/sim_exchange

上記以外のプランの場合、ご登録メールアドレスから弊社カスタマーサポートへご連絡ください。

・カスタマーサポートURL:http://economical.co.jp/?page_id=3475

※ SIMカード再発行手数料3,000円(税抜)が発生いたします。

引用元:https://rokemoba.com/

まとめ

ロケットモバイルでSIMフリースマホを使って機種変更する方法を紹介しました。

  • ロケットモバイルでは端末の扱いがないので自分で用意する必要がある
  • ロケットモバイルはドコモ、au、ソフトバンクの3回線に対応
  • それぞれの回線の周波数帯域に対応したスマホを購入する

といった点がポイントでした。

公式でスマホが販売されていない格安SIMは、不安な面が多いかもしれません。しかし、一方で多くのSIMフリースマホの中から、自分が使いたいものを選べる自由さがあります

この記事を参考にして、新しいスマホでロケットモバイルの通信を楽しんでくださいね。

ロケットモバイル公式サイトはこちら

arrow_upward