menu
search

ロケットモバイルAPN設定をどこより解りやすく解説!

スマホで電話することなんて無い、LINE通話で充分なんだけどなぁ!って友達に話したら、今のままだと勿体ないよ!と言われた。ロケットモバイルなら、使っているiPhoneをそのまま使えて大幅に安くなるよ!って言われたけど、APN設定が必要って・・・何それ?そのまま使えるんじゃないの?

普通に使っていたら、スマホの設定を触る事も無いですよね。SIMカードを取り出す機会も無くて当然です。

APN設定は誰でも簡単に5分程度で出来ます。難しいことは解らなくても、記述通りになぞっていくだけで完了しますよ。今回はロケットモバイルのAPN設定を解説していきます。

ロケットモバイル公式サイトはこちら

APN設定とは?

APNの意味

APNとは、「Access Point Name」の略です。アクセスポイント名ですね。

スマートフォンなどで通信回線を使ってデータ通信を行う場合、必要となる設定です。この設定によって、繋がっている携帯電話回線から、他のネットワークへの接続窓口となるゲートウェイを指定するワケです。

APNの設定が不要な場合

スマホ機種によりますが、主な格安SIMのAPNは最初から入っていることも多いです。この場合だと、契約した会社を選ぶだけで完了します。

スマートフォンと通信事業者の組み合わせによっては、SIMを入れるとAPN設定をしてくれる事もあります。

SIMの役割

スマートフォンには、小さなチップであるSIMカードが入っています。(最近はeSIMという、物理的な実態のあるチップを使わないモノもありますが、今回は敢えて触れません。)このSIMカードという小さなチップの中に、電話番号や通信会社の情報が入っています。

APNを設定しなくても、SIMカードを入れるだけで通話・SMS(ショートメールサービスの事でSNSとは違います)の利用は可能です。

ただ、これだけだとインターネットへの接続が確立されていないので、どこに繋いでね!とスマートフォンに設定してあげる事がAPN設定なのです。

細かいことは解らなくてもOKです。以下にある通りの手順をトレースしていくだけで完了出来ます

融通はききません

コンピューターの世界・デジタルは、思った以上に融通はききません。これくらいの事、何とかならないの!?と思っても設定する内容が1文字でも違うと、正しい結果が得られません。つまりインターネット接続が出来ないということです。たとえば、.(ドット)と,(カンマ)を入力ミスしただけで、受け付けてもらえません。

ただ、入力する作業はさほど多くは無く、丁寧に慎重にやれば全く問題ありません

APNは通信会社により異なる

どの会社のネットワークに接続するか?という設定ですから、APN設定は当然契約した通信会社により異なります。SIMを変える(通信会社を変更する)場合は、都度APNの設定をしてやる必要があります

この作業は覚える必要はありません。今後も、実際やる必要が出たらその都度、手順を見てやれば問題無いです。ただ、一度でも経験しておくと、たとえば海外に行った時なんかに役に立ちますよ。割高なルーターを日本からレンタルしたり、Wi-Fiを探してウロウロしないで、現地で安いプリペイドSIMを購入してAPN設定をすれば、スマートに快適に使えます。(SIMロック解除されたiPhoneなら、世界の大半の国どこでも使えます)

APN設定の手順は、どの会社でも大差ありません。変わるのは入力する内容と、入れる場所が異なるくらいで応用が効きます

今回はb-mobileのAPN設定の手順を紹介します。

iPhoneとAndoroidで方法が違う!

画像:excite

一見すると同じように見えるスマートフォンですが、動いている基本のオペレーションシステムが違います。現在は大きく分けて2つ。iPhoneのiOSとAndroidです。

Androidはさらに細分化していることもありますが、ベースは同じで独自の改造を施したものですから、同様に考えて問題ありません。

iPhoneとAndroidは、全く違うシステムで動いていますから、APNの設定手順も全く異なります

【iPhone】ロケットモバイルのAPN設定手順

SIMカードなんか、見たことも無いし何処にあるかも知らない方でも大丈夫です。

設定にはWi-Fi環境が必要です。ご自宅にWi-Fi環境が無い場合は、コンビニなどのフリーWi-Fi環境などで行ってください。

手順①SIMトレイを取り出す

画像:excite

側面の穴が空いていて、こんなカタチになっている場所を探してください。

ピンを準備する

画像:excite

iPhone購入時にピンは付いてきます。箱に入っています。無ければ、クリップを真っ直ぐ伸ばしてもOKです。

刺しこむ

画像:excite

グッと差し込んでください。入れるだけで無く、押し込む感じです。すると中にあったトレイが出てきます。この状態で引っ張り出すと、SIMが入っている場合抜け出てきます。画面を上にして引き出すと、のったまま出てきます。

手順②トレイに新しいSIMを入れる

画像:excite

取り出したSIMトレイです。長方形のように見えますが、一カ所だけ斜めに切り欠きがあります。写真では右上の部分ですね。

SIMカードをのせる

画像:excite

トレイはSIMを受け入れやすいように凹んでいて、ピッタリ収まります。SIMサイズはiPhoneの場合nanoSIMです。表裏を間違えない様にしてください。

奥まで差し込む

画像:excite

SIMカードをのせたSIMトレイを本体に戻します。ピンを入れる穴の位置が合っていることを確認してください。トレイからSIMがズレていると、入りづらいですから見直してください。そ~っとしっかり奥まで入れ込んでください。ここでのピンの使用は不要です。

手順③プロファイルのダウンロード

大まかな手順です。

  1. Wi-Fi環境などでインターネット接続してSafariブラウザを使用し、下記をダウンロードする
  2. プロファイルをインストール
  3. 「ロケットモバイル」が表示されていることを確認し、「インストール」をタップ
  4. インストールが完了次第、設定完了

ロケットモバイル公式プロファイルダウンロード

ダウンロードを許可する

画像:excite

ダウンロード完了・閉じる

画像:excite

手順④プロファイルのインストール その1

設定画面に戻ると、プロファイルがダウンロードされていますのでタップ

画像:excite

インストールをタップ

画像:excite

iPhoneのパスコードを入力

画像:excite

手順⑤プロファイルのインストール その2

次へをタップ

画像:excite

インストールをタップ

画像:excite

画像:excite

完了をタップ

画像:excite

構成プロファイルの設定が完了しました

画像:excite

APN設定の注意点

ロケットモバイルへ番号を持って乗り換えた場合(MNPでの乗り換え)は、開通手続きが先に必要です。開通手続きを完了しないと、新しいSIMが有効にならずに、APN設定を行ってもインターネットへの接続は出来ません。旧回線からロケットモバイルに、引き継いだ番号を切り替える必要があります

MNPでなく、新規電話番号発行で契約・データ通信プランでの契約の方は、開通手続きの必要はありません。

開通手続きの手順

マイページにアクセスして切替を完了させてください。「切り替え希望日」の登録を実施することで、任意のタイミングで回線を開通させることができます。

【Android】ロケットモバイルのAPN設定手順

Androidの場合は、iPhoneの様にファイルをダウンロードするのではなく、設定画面から設定していきます。

手順①SIMトレイ

SIMトレイを取り出す

画像:excite

スマートフォンの側面にある、穴を探してください。横にある場合や、下にある場合・上にある場合もあります。マイクやスピーカーの穴と間違えないようにしてください。SIMトレイの穴は、よく見るとパーツが組み入れてある事が解ります。

購入時に付いてきたピンを用意してください。箱に入っています。無い場合はクリップを伸ばしても使えます。

穴の位置が定まったら、グッと差し込んでください。

トレイを取り出す

画像:excite

SIMカードの他に、他のSIMカードが入れられたり、SDカードが入れられたりと多様です。カタチも縦長だったり横長だったり色々あります。SDカードがスッポリと受け入れられるような形状になっています。切り欠きが四隅の一カ所にあります。写真でいうと、上部の角ですね。

SIMカードをトレイにのせる

画像:excite

切り欠きの位置を合わせると、SIMがスッポリと受け入れられる形状になっています。表裏を間違えない様にしてください。

奥までしっかりと入れ込む

画像:excite

SIMカードをのせたSIMトレイを本体に戻します。ピンを入れる穴の位置が合っていることを確認してください。トレイからSIMがズレていたりすると、入りづらいですから見直してください。そ~っとしっかり奥まで入れ込んでください。ピンの使用は不要です。

手順②APNの設定準備

Android9.0の画面で説明します。

バージョンや機種によって表示が異なる場合がありますが、概ね同じです。

設定画面からネットワークとインターネットをタップ

画像:excite

*バージョンによっては、設定画面で下部にある「もっと見る」の中にある場合もあります

モバイルネットワークをタップ

画像:excite

詳細設定をタップ

画像:excite

下部にあるアクセスポイント名をタップ

画像:excite

一覧の中にロケットモバイルがあれば、選択

画像:excite

*あった場合はこれで完了です

一覧に無い場合は、上部左にある+をタップ

画像:excite

手順③APNの入力設定

以下の項目に入力してください。

代表的な設定項目名 設定値
APN名、アクセスポイント名 任意(例:ロケモバ)
APN、APN設定 4gn.jp
ID、ユーザーID、ユーザー名 roke@moba
Password、パスワード rokemoba
認証タイプ、PPP認証タイプ、暗号タイプ CHAP または PAP

画像:excite

画面を下に送ります

認証タイプ PAPまたはCHAPを選択

画像:excite

右上の・3つ縦に並んでいるところを選択して、保存を選択

画像:excite

以上でAPN設定完了です。

APN設定の注意点

ロケットモバイルへ番号を持って乗り換えた場合(MNPでの乗り換え)は、開通手続きが先に必要です。開通手続きを完了しないと、新しいSIMが有効にならずに、APN設定を行ってもインターネットへの接続は出来ません。旧回線からロケットモバイルに、引き継いだ番号を切り替える必要があります。

MNPでなく、新規電話番号発行で契約・データ通信プランでの契約の方は、開通手続きの必要はありません。

開通手続きの手順

マイページにアクセスして切替を完了させてください。「切り替え希望日」の登録を実施することで、任意のタイミングで回線を開通させることができます。

ロケットモバイル公式サイトはこちら

ロケットモバイルのAPN設定をしても繋がらないときはどうする?

Androidで繋がらない場合は、以下を確認してください。

  1. .(ドット)と,(カンマ)が間違っていませんか?@を入れ忘れていませんか?
  2. 一部機種において、「MVNOの種類」を「None」ではなく、「SPN」にご変更することで、接続可能になる場合があります。
  3. HUAWEI製の機種の場合、APNタイプの項目に「default, supl, ia」と入力することで、接続が可能になる場合があります。

何度見直しても、問題無い場合やiPhoneでプロファイルをインストールしたのに繋がらない事が希にあります。

APN設定が完了して、初めて電波を掴みに行った時に時間がかかることがあります。まずはちょっと待ってみましょう。

APNを正しく設定したのに繋がらない場合の対処法です。

  • 30秒~90秒ほど待ってみる
  • 機内モードのオンとオフを切り替えてみる。(最終的にオフに)
  • スマートフォンを再起動する
  • 一旦、スマートフォンの電源を落としてSIMを入れ直す
  • データ通信がオフになっていないか確認する(最終的にオンに)
  • 設定したAPN(Android)もしくはプロファイル(iPhone)を削除して、あらためてやり直す

正しく設定されていれば、電波のキャッチの問題が多いので、機内モードのオンオフ・再起動で正常になることが大半です。

意外と多いのは、データ通信がオフになっていることですから、ご確認ください。

ロケットモバイルのAPN設定後に入れておくべきアプリ

ロケットモバイルが提供する公式アプリはありません。

Jアラート対応アプリ

iPhoneについては、問題無くJアラートの受信が出来ます。

Android端末に関しては、端末によっては受信できない場合があるので、「Yahoo!防災速報」等アプリのインストールがオススメです

ロケットモバイルのAPN設定が終了したら各データを引き継ごう

通信会社が変わっても、同じ環境で使いたいですよね。

LINEの引き継ぎ方法

以前から使っているスマートフォンで、MNP(番号を持って通信会社を乗り換え)した場合は、電話番号が変わらないので何もしなくても使えます。ロケットモバイルでは年齢認証が出来ませんので、現在キャリアを使って乗り換えを考えている方は、移る前に済ませておいた方が良いです。

機種も変更した場合の方法

引き継ぎには、事前にパスワード・メールアドレスの登録が必要です。LINEのアカウント画面で確認してください。

登録してあるメールアドレスが、乗り換える前に使っていたキャリアのアドレスで無い事を必ず確認してください。Gmail等のフリーメールをオススメします。

Apple ID・Facebookと連携が完了している場合は、上記が無くてもOKです。

新しい端末でLINEをインストール後に、初めて立ち上げた時に上記のどちらかを入れて、指示通りに進めば復活します。

引き継げる内容は以下ですが、OSが変わる(AndroidからiPhone・iPhoneからAndroid)と移行出来ない事が一部ありますのでご注意ください。

  • プロフィール情報
  • 友達リスト
  • グループ
  • スタンプ・絵文字・着せかえ(再ダウンロードが必要)
  • タイムラインの内容
  • アルバム・ノートに投稿した内容
  • keepに保存したデータ
  • 課金アイテム購入履歴
  • LINEポイント残高
  • LINEpay残高
  • LINE連動アプリ・サービス情報(同じOSのみ
  • 購入したコイン残高(同じOSのみ)
  • LINE Outチャージ済みコールクレジット(同じOSのみ
  • トーク履歴(バックアップをとっておいてください 同じOSのみ

メール設定/引き継ぎ方法

キャリアで使っていたメールアドレスは、使えなくなります

機種をそのまま使う場合は、Gmail等のフリーメールなどは何もしなくても使うことが出来ます。

機種を変更した場合

ID(メールアドレス)とパスワードを入力すれば、以前のメールのやりとり含めて使えるようになります。

各SNSの引き継ぎ方法

Twitter・Instagram等のSNSは、機種をそのまま使用する場合は特に設定の必要はありません。

スマートフォンの変更を行った場合も、インストールして必要なログイン情報を入力することで引き続き使えます

まとめ

SIMカードを取り扱うときには、静電気と指紋に注意して金色の部分をむやみに触らないようにしてください

格安SIMに乗り換える場合に、必要な設定がAPN設定です。記述通りに進めれば、簡単に完了までたどり着けます。

一度経験してしまえば、別の会社に乗り換える事も大幅に敷居が低くなります。前述しましたが、海外に行ったときに現地の安いプリペイドSIMを購入した時にも使えますよ!

ロケットモバイル公式サイトはこちら

arrow_upward