menu
search

楽天モバイルはテザリングも無制限!わかりやすく接続方法を紹介します

2020年4月にキャリアとしてのサービスを開始した楽天モバイル。

楽天回線エリアならデータ通信使い放題、パートナー回線(au回線)エリアでも5GBまでの高速通信ができます。さらに、300万人限定で1年間無料キャンペーンを行っているので、契約した人も多いことでしょう。

「使い放題なら、テザリングで固定回線の代わりになるのでは?」と思って、楽天モバイルのテザリング方法が気になっていませんか?

そこで、この記事では楽天モバイルでテザリングする方法とメリット、注意点などを詳しく解説していきます。

結論を先にお伝えすると、楽天モバイルはテザリングも使い放題で、パートナー回線エリアでも5GBまで高速で使えます。設定も一度覚えてしまえば簡単です。

楽天モバイル公式サイトはこちら

この記事の目次

テザリングとは

改めてになりますが、テザリングについて簡単にお伝えします。

テザリングとはモバイル端末(スマホ)を親機として、タブレットやパソコンなどで通信ができるサービスです。スマホのデータ容量を他の端末でシェアするイメージが分かりやすかと思います。

スマホを使った通信なので、本格的な通信には向いていませんが、出先でメールを送ったり調べ物をしたりするなど、さっと簡単に使いたいときには便利な機能です。

フリーWi-FiやポケットWiFiと比べてどう?

タブレットやパソコンなど、それ単体では通信ができないものでネットに接続しようとする場合、似たようなサービスでは、カフェや公共施設などで使えるフリーWi-Fi、ポケットWiFiなどがあります。

テザリングを含めて、それぞれのメリットとデメリットは以下のとおり。

テザリング フリーWi-Fi ポケットWiFi
メリット ・専用の機器が不要

・追加料金がかからない

・通信が安定している

・専用の機器が不要 ・通信が安定している

・固定回線の代わりにもなる

・同時接続台数が多い

デメリット ・データ容量を消費する

・バッテリーを消費する

・通信が不安定

・料金がかかることがある

・セキュリティが不安

・時間、回数に制限がある

・持ち物が増える

・別途契約が必要

テザリングの一番のメリットは気軽に使えることです。スマホがルーターの代わりになるので、新たに専用の機器を買い足す必要がありません。

また、テザリングは基本的に申込不要、無料で使えることが多いです。たまにしか使わない人は、ポケットWiFiなどを契約するよりも、テザリングの方が無駄なく使えますね。

楽天モバイルのテザリングの特徴

楽天モバイルのテザリングの特徴やメリットは以下のとおり。

  • 申込不要で使える
  • 楽天回線エリアなら使い放題で使える
  • パートナー回線エリアでも5GB使える

①別途申込不要で使える

楽天モバイルのテザリングは追加料金なし、申込不要で使えます。そのため、タブレットやパソコンでインターネットがしたい、と思ったときに、スマホで設定すればすぐに使えます。

②楽天回線エリアなら使い放題

楽天モバイルのプラン「Rakuten UN-LIMIT」は、楽天回線エリアでの通信なら完全無制限で高速通信ができます

無制限なので、自宅が楽天回線エリア内なら、固定回線代わりに使用することもできるでしょう。月に4、5千円も節約できます。

③パートナー回線エリアでも5GB使える

しかし、2020年6月現在、楽天回線エリアはかなり限られています。ほとんどの人はパートナー回線(au回線)を使うことになると思います。

しかし、au回線エリアでも5GB/月まで使えて、使い切ったあとでも最大1Mbpsの速度が出ます。1Mbps出るならSNSやWebブラウジングくらいであればストレスなく使えます。

楽天モバイル公式サイトはこちら

楽天モバイルのテザリング方法

ここからは楽天モバイルでテザリングする方法を解説していきます。

デザリング方法は3種類

具体的にテザリングをする方法は3つあります。それぞれに特徴があるので、自分に合った方法でテザリングしましょう。

  • Wi-Fiを使ったテザリング
  • Bluetoothを使ったテザリング
  • USB接続のテザリング

Wi-Fi

一般的にテザリングというと、Wi-Fiを使った方法を思い浮かべる人が多いと思います。実際にほとんどが、Wi-Fiを使ってテザリングを使っています。

  • Wi-Fiに対応してる端末の種類が多い
  • 同時接続できる台数が多い
  • 接続が簡単

といったメリットがありますが、バッテリーの消費量は多めです。

Blootooth

音楽を聴くときにイヤホンをBluetoothで接続している人も多いでしょう。テザリングはBluetoothで接続して利用することもできます。

  • Wi-Fi接続よりもバッテリーの消費を抑えられる
  • パスワードの設定が不要

といったメリットがあります。Wi-Fiと比べるとあまり知られていないテザリング方法です。

USB

パソコンなどのUSB端子がある機器でテザリングしたいなら、USB接続の方法もおすすめです。

  • セキュリティは最も安心
  • 有線で接続するので通信が安定する
  • スマホを充電しながらテザリングできる

といったメリットががあります。

  • 接続しているデバイスでしか通信できない
  • 別途USBケーブルが必要

といった点がデメリットです。

【Wi-Fiで使う】楽天モバイルのiPhoneのテザリング方法

楽天モバイルでiPhoneを使ってWi-Fiのテザリングをする方法は以下のとおりです。

ちなみに、楽天モバイルはiPhoneは動作保証外としています。今後、OSのアップデートなどでテザリングができなくなる可能性もあるので、予め知っておいた方がいいでしょう。

手順①:パスワードを設定する

「設定」>「インターネット共有」>「Wi-Fiのパスワード」に進んで、自分が分かりやすいパスワードを設定します。

パスワードが簡単なものだと、他人にデータ通信を使用されるだけでなく、セキュリティ的に危険なので、安全なパスワードを設定してください。

手順②テザリングのスイッチをオンにする

「設定」>「インターネット共有」>「ほかの人の接続を許可」をオンにしてください。写真はiOS12.2のものです。古いOSでは「インターネット共有」のスイッチをオンにしてください。

手順③:接続した機器でiPhoneに接続

パソコンやタブレットのWi-Fi設定を確認すると、接続できるWi-FiにiPhoneが出てきます。

手順①で設定したパスワードを入力すると、iPhoneの通信を使ってテザリングができます。

【Wi-Fiで使う】楽天モバイルのAndroidのテザリング方法手順

楽天モバイルでAndroidスマホを使ってWi-Fiのテザリングをする方法は以下のとおりです。

Androidスマホは機種によって、設定の項目が異なります。みなさんが使っている機種の設定の項目名と以下で説明するものが異なっていることがありますが、Androidスマホなら、同様の項目があるはずですので、探してみてください。

手順①:Wi-Fiアクセスポイントでパスワードを設定

「設定」>「ネットワークとインターネット」>「アクセスポイントとテザリング」>「Wi-Fiアクセスポイントをセットアップ」と進んで、ネットワーク名とパスワードを設定します。

ネットワーク名はそのままだと端末の名前になっていることが多いですが、自分が分かりやすい名前に変更することができます。

手順②:ポータブルWi-Fiアクセスポイントをオンにする

「アクセスポイントとテザリング」にある「ポータブルWi-Fiアクセスポイント」(下の写真では「ポータブルホットスポット」になっています)のスイッチをオンにしてください。

これによりAndroidスマホに接続できる状態になります。

手順③:接続したい機器でWi-Fiを設定

パソコンやタブレットのWi-Fi設定から、手順①で設定したAndroidスマホのアクセスポイントを選択してパスワードを入力すると、データ通信ができます。

【Blootoothで使う】楽天モバイルのiPhoneのテザリング方法

楽天モバイルでiPhoneを使ってBluetoothテザリングをする方法は以下のとおりです。

手順①:iPhoneのテザリングスイッチをオンにする

「設定」>「インターネット共有」>「ほかの人の接続を許可」をオンにします。Wi-Fi接続の場合と同じです。

Bluetoothの場合は、Wi-Fiのときのようなパスワードの設定は不要です。

手順②:iPhoneのBluetoothをオンにする

iPhoneのBluetoothがオフになっている場合は、オンにしておきましょう。

手順③:接続したい端末のBluetooth設定からiPhoneをみつける

通信したいパソコン、タブレットなどのBluetooth設定を確認すると、自分のiPhoneが表示されるので選択してください。

手順④:親機・子機でペアリング

すると、親機(iPhone)、子機の両方の画面でペアリングが求められます。両方に同じコードが表示されていることを確認してペアリングを押してください。

これでiPhoneのBluetoothを使って通信できます。

【子機画面】

【親機(iPhone)の画面】

【Blootoothで使う】楽天モバイルのAndroidのテザリング方法

楽天モバイルでAndroidスマホを使ってBluetoothテザリングをする方法は以下のとおりです。

手順①:Bluetoothテザリングをオンにする

「設定」>「ネットワークとインターネット」>「アクセスポイントとテザリング」でBluetoothテザリングのスイッチをオンにしてください。

手順②:接続したい子機でAndroidスマホを選択

接続したい子機(タブレットやパソコンなど)のBluetooth設定画面に、Androidスマホの名前が出てくるので選択してください。

手順③:親機・子機でペアリング

iPhoneの場合と同様に、親機(Androidスマホ)と子機の両方の画面で、ペアリングを求める表示が出るので、誤りがないか確認してペアリングを押してください。

これでAndroidスマホのBluetoothテザリングで通信できます。

【USBで使う】楽天モバイルのiPhoneのテザリング方法

楽天モバイルでiPhoneを使ってUSBテザリングをする方法は以下のとおりです。

手順①:通信したい機器(パソコン)にiTunesをインストールする

USBテザリングをする場合、ほとんどはパソコンで通信したいときだと思います。iPhoneでUSB接続のテザリングをする場合は、パソコンにiTunesが入っていないと利用できません

iTunesが入っていない場合は、インストールしておきましょう。面倒な人はWi-FiかBluetooth接続のテザリングを使いましょう。

手順②:iPhoneのテザリングスイッチをオンにする

「設定」>「インターネット共有」>「ほかの人の接続を許可」をオンにします。Wi-Fi接続、Bluetooth接続の場合と同じです。

手順③:iPhoneをケーブルで接続する

Lightningケーブルでパソコンなどと接続してください。接続をすればすぐにテザリングで通信ができるようになります。

【USBで使う】楽天モバイルのAndroidのテザリング方法

楽天モバイルでAndroidスマホを使ってBluetoothテザリングをする方法は以下のとおりです。

手順①:USBケーブルでAndroidスマホをパソコンと接続する

Androidスマホ(親機)をパソコンなどの子機にUSBケーブルで接続してください。ケーブルは通信ができるものを使用してください(100均などで売っている充電専用ケーブルでは通信できません)。

手順②:USBテザリングをオンにする

「設定」>「ネットワークとインターネット」>「アクセスポイントとテザリング」にあるUSB接続テザリングのスイッチをオンにしてください。

これでAndroidスマホのUSBテザリングによって通信できます。

楽天モバイル公式サイトはこちら

楽天モバイルのテザリングをするときの注意点

楽天モバイルでテザリングをするときの注意点を確認しておきましょう。

  • 端末がテザリング可能か確認する
  • 大容量の通信は制限がかかることがある
  • 回線エリアをまたぐ通信では接続が切れることがある

注意点①:端末がテザリング可能か確認する

楽天モバイルでは端末によるテザリングの制限を設けていません。原則、端末にテザリング機能があれば使えます。

しかし、言うまでもなくスマホが楽天モバイルの回線に対応している必要があります。

テザリング可能な端末一覧

楽天モバイルでテザリング可能な端末(動作確認ができている端末)は公式サイトで確認できます。

ご利用製品の対応状況確認(楽天モバイル公式サイト)

楽天モバイルで販売されている「公式スマホ」であれば、確実に通信やテザリングができます

注意点②:大容量の通信は制限がかかることがある

楽天回線エリアでは使い放題ですが、極端に大量のデータ通信を行っている場合は、楽天モバイルに通信を制限されることがあります

特に固定回線代わりに使いたいと考えている人は注意してください。

注意点③:回線エリアをまたぐ通信では切断されることがある

移動中にテザリングを使っていると、楽天エリアからauエリア(またはその逆)に移ることがあると思います。回線エリアをまたぐ場合、数秒から数分間、通信が切断されることがあります

楽天モバイルのテザリングがうまく繋がらない時は

楽天モバイルを使ってい、うまくテザリングできない場合、以下のような要因が考えられます。あくまで一例ですが、参考にしてみてください。

テザリングの上限に達している

Bluetooth、USBのテザリングは1つの端末でしか通信できません。Wi-Fiでのテザリングの場合、機種によって、同時接続できる台数が決まっています。

iPhoneなら最大5台、Androidスマホだと10台弱くらいが上限のことが多いです。

自分では他の端末に接続しているつもりがなくても、過去に接続したことがあるタブレットやスマホなどが自動で接続している可能性があります。使わない端末のWi-Fi設定をオフにして対応しましょう。

他のWi-FiやBluetoothと干渉している

特に多くの通信が飛び交っている場所では、他のWi-FiやBluetoothと干渉してしまい、うまく接続できないことがあります。その場合はUSBテザリングを使ってみるか、端末を再起動して試してみてください。

その他端末の不具合

その他、何らかの原因で接続できないことがあります。その場合、

  • そもそもスマホでデータ通信ができるか確認する
  • 機内モードをオン→オフにしてみる
  • 端末を再起動してみる

といった対策を試してみてください。

楽天モバイルのテザリングでよくある質問

最後に楽天モバイルでテザリングをする際によくある質問を確認しておきましょう。

iPhoneでテザリングできますか?

今、お使いいただいているiPhoneでご利用いただける機能は「ご利用製品の対応状況確認」でご確認いただけます。今後、iPhoneが対応するかどうかは 未定となっております。ご了承ください。

引用元:https://network.mobile.rakuten.co.jp/(2020/06/29現在)

インターネットに接続できません

次の操作で改善されないかご確認ください。
・ご利用製品の再起動
・機内モードのON/OFF
・モバイルデータ通信のON/OFF
・SIMカードの挿入確認

引用元:https://network.mobile.rakuten.co.jp/(2020/06/29現在)

通信速度が遅い場合の解決策を教えてください

パートナー回線エリアにてデータ残容量が0になっている、またはデータ制限モードがONになっている可能性がございます。

引用元:https://network.mobile.rakuten.co.jp/(2020/06/29現在)

まとめ

楽天モバイルでテザリングする方法や注意点を確認しました。

  • 楽天エリアならデータ通信が使い放題でテザリングもできる
  • パートナー回線(au回線)エリアなら5GB/月まで高速通信できる
  • Wi-Fi、Bluetooth、USB接続によるテザリングができる
  • 楽天回線エリアでも極端に多い通信は規制の対象になる

といった点がポイントでした。

楽天モバイルは楽天回線エリア内に自宅がある人なら、十分、固定回線代わりにもなり得るサービスです。

パートナー回線でも5GBまで使えるので、契約して損をするケースはほぼありません。300万人限定で1年間無料キャンペーンを行っているので、まずは楽天モバイルの回線がどんなものなのか試してみることをおすすめします。

楽天モバイル公式サイトはこちら

arrow_upward