menu
search

楽天モバイルの料金とサービス内容を徹底解説!Rakuten UN-LIMIT驚きの1年間無料

大手キャリアの利用者の半数前後は、料金に対し不満を持っています。以前政府は「4割程度下げる余地がある」と発言しました。しかし、2年縛りの途中解約違約金・機種代割引上限などは改定されましたが、月々の支払いは大きく値下がりしていません。

筆者は長期間、大手キャリアを利用してきましたが、格安SIMへ乗り換えました。データ量が大きくなると割高になりますし、時間帯によるスピードに関しても不満があります。通話料が高くなる月があることも悩みの種でした。

理想は「スピードはキャリアのクオリティ」で「データ大容量・通話かけ放題」「料金のベースは格安SIMに近い」のいいとこ取り。諦めていましたが、思わぬ形で実現しました。楽天モバイルRakuten UN-LIMITの誕生です。金額は特に記載の無い場合、税抜き価格です。

楽天モバイル公式サイトはこちら

楽天モバイルの料金プラン

キャリア大手の料金体系は、一昔前に比べれば若干シンプルになりました。しかし、まだまだ複雑な割引要素が絡んでいて、分かりにくいです。

そこに新規参入した楽天モバイルは、これ以上無いシンプルな料金体系を提案してきました。

楽天モバイルは1プランのみ

データのみのプランや、SMSのプランなど一切ありません。

期間や契約条件などによる各種割引もありません。

Rakuten UN-LIMITのワンプラン1種類のみ、というシンプルさです。

プラン名 月額料金
Rakuten UN-LIMIT 2,980円

色々なニーズに対応するように、複数の料金プランを何故に準備しなかったのか?

理由は簡単です。このプランに、すべてのニーズを取り込むだけの魅力があるからです。

プラン内容を見てみましょう。

  • 楽天回線エリアではデータ量が使い放題
  • au回線エリアでは、5GB/月まで無料
  • au回線エリアで5GB/月を超えても最大1mbpsで使いたい放題
  • スマホへも固定電話へも通話料無料
  • 海外66カ国でデータ2GB/月まで無料

1年間無料

しかも、この月々2,980円の料金も先着300万人までは1年間無料です!(1人1回線に限る)楽天エリア内ならば、「高速回線が使い放題」で無料。500Mbpsなどスピードが制限された使い放題ではなく、LTEのスピードです。

通話は日本全国エリアに関係なく、スマホへも固定電話へも「かけ放題」で無料。SMSも無料です。(通話とSMSはRakuten Linkというアプリを使う必要があります。このアプリについては後述します)

サービス開始前の発表では、au回線エリアについて2GB/月まで無料・超過分は最大128kbpsとしていました。ところがサービス開始時にはRakuten UN-LIMIT Ver.2として5GB/月まで無料・超過分は最大1Mbpsと大幅にグレードアップしました。

128kbpsというスピードでは出来る事が本当に限られますが、1Mbpsあれば少々の動画なら見られるくらい実用的なスピードです。

auが提供するサービスに同様のプランが無いので、一概に比較は出来ませんが、各種割引を適用した4GBのピタットプランで2,980円です。

楽天回線カバーエリアは、全国的に見れば未だ少ないですが、au回線が5GB無料という事だけ考えても、楽天エリア外の方が契約するメリットは大いにあります

海外に出かけた時に、現地のローミングサービスが利用できます。

使用できる2GB/月は国内で使用するデータ量(楽天エリア回線は無制限なので、au回線エリアの5GB)とは別です。海外66カ国で2GBを超過した後は、最大128kbpsに制限が掛かります。

海外から日本へかける電話もSMSも無料(通話とSMSはRakuten Linkというアプリを使う必要があります。日本から海外や海外から海外への通話は、従量課金で有料です。)特別に契約しなくても、今使っているスマホで、海外の行った先で翻訳アプリ・地図アプリ・LINEなどを使うことが出来ます。

現地SIMを用意したり、ルーターをレンタルする手間も料金も不要になります。サービスが利用できる海外66カ国は以下の通りです。

アイスランド、アイルランド、アメリカ(ハワイ)、アメリカ本土、アンドラ、イギリス、イタリア、インド、インドネシア、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、カンボジア、韓国、キプロス、ギリシャ、グアドループ、グアム、クロアチア、サイパン、ジブラルタル、シンガポール、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、タイ、台湾、チェコ共和国、中国、デンマーク、ドイツ、トルコ、ニュージーランド、ノルウェー、ハンガリー、フィリピン、フィンランド、ブラジル、フランス、フランス領ギアナ、ブルガリア、ベトナム、ペルー、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港、マカオ、マルタ、マルティニーク、マレーシア、南アフリカ、ミャンマー、メキシコ、モロッコ、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルーマニア、ルクセンブルク、レユニオン、ロシア(2020年3月3日時点)

Rakuten Linkとは

RCS(Rich Communication Services規格に準拠した無料のコミュニケーションサービスです。RCS規格というのは、従来のSMS(ショートメール)に変わる移動体通信に関する業界団体「GSM Association(GSMA)」が策定した規格です。

電話番号だけでやりとり出来る事が、限られた文字数だけだったものを、音声・チャット・データの送受信などキャリアの区別無く、互換性がある次世代のサービスです。LINEなどのアプリで出来ることではありますが、SMSと同様に電話番号さえあれば送受信を誰とでも出来る事が大きな違いです。

Rakuten Linkは、楽天モバイルの中核アプリです。現在のサービスで通話料が無料なのも、このアプリを使っての発信に限られます。(アプリを利用しないで通常の電話発信の場合20円/30秒)

最大100人までのグループチャットでは、メッセージだけでなく写真や動画・ファイルも送受信できます。

インストールした後に電話帳への接続を許可すれば、自分の使っている電話帳が特別な手間無く即、使える様になります。

発信についてもプレフィックス番号は必要なく、そのまま番号を入力すれば繋がります。コールする直前の呼び出し音がなる前に、独特の音楽が一瞬ながれてRakuten Linkでの発信ということが確認できる仕様になっています。

Rakuten Linkを利用した通話料金
発信 Rakuten
Link同士
0円
Rakuten
Link以外
日本から日本へ電話をかける 0円
海外から日本へ電話をかける
日本から海外へ電話をかける 国・地域別従量課金
海外から海外へ電話をかける
着信 0円

0180や0570などの他社接続サービス等は、無料通話の対象外です。110や119などの緊急通報はアプリからかけても、自動的に通常発信になります。

SMS(ショートメッセージ)に関して国内同士では、キャリアを選ばずに無料です。海外から日本への送信も無料です。

Rakuten Linkを利用したSMS料金
送信 Rakuten
Link同士
0円
Rakuten
Link以外
日本から日本へSMS送信する 0円
海外から日本へSMS送信する
日本から海外へSMS送信する 海外指定66の国と地域:0円
その他の地域:100円/ 70文字(全角)
海外から海外へSMS送信する
受信 0円

楽天回線エリアとパートナーエリア

楽天モバイルは自社回線を持つMNOなのに、プラン内容の中にau回線エリアが出てきます。

楽天モバイルは新しく誕生したMNOなので、設置した自社のアンテナだけでは、全国をカバーしていません。東京・大阪・名古屋・京都・神戸・北海道の一部に留まっています。

そこで、自社の電波が掴めないエリアでは、auの回線に繋がるシステムになっています。楽天モバイルでは、そのエリアをパートナーエリアと呼んでいます。

楽天モバイルエリア

画像:楽天モバイル公式サイト 2020年5月7日現在

容量無制限の楽天回線エリアの状況は、公式ホームページから簡単に確認できます。

2020年5月13日の決算会見において、基地局の全国展開整備を加速し、2021年3月には人口カバー率70%を楽天回線で実現する計画を発表しています。

また、気になる先着300万人まで1年間無料の現在の契約状況数について、具体的な数値の発表はありませんでしたが、「元々2020年末までに300万人を目標にしてやってきている」とのことです。

楽天モバイル公式サイトはこちら

楽天モバイルのオプション料金

国際電話かけ放題

楽天モバイルが用意する、SIM契約時における唯一のオプションプランが「国際電話かけ放題」です。

通常の契約で楽天モバイルのSIMが入ったスマホを持って海外に行き、Rakuten LINKを使えば海外から日本へ無料で通話できます

無料対象外になるのは「日本から海外へ電話をかける」「海外から海外へ電話をかける」ことです。オプション契約をすることで、これらも無料の「かけ放題」が実現します。

対象の国は上述の66カ国です。使用する機種が現地のBand帯を掴む事が出来る前提です。66カ国以外の国でもWi-Fi接続中は発信可能です。

オプションプラン名 月額料金
国際電話かけ放題 980円

その他にかかる料金

初期費用

楽天モバイルは、現在300万人まで1年間無料なので上記の「国際電話かけ放題」オプションを契約しなければ、月々の支払いは発生しません。(端末購入した場合は除きます)

契約時にのみ事務手数料がかかります。

初期費用
事務手数料 3,000円

初期費用だけ負担すれば、1年間は無料なのか!とお考えの方。その初期費用も無料になるキャンペーンをやっています。

事務手数料3,300円(税込)を全額ポイント還元

終了日は未定で、先着300万人に達し次第終了と記述があります。申し込みは店舗でもオンラインでも適用されます。

  1. オンラインまたは店舗でRakuten UN-LIMITに申し込む
  2. 開通手続きを行う
  3. 開通日の翌月末までに利用登録とSMS認証でアクティベーションを完了しRakuten Linkを利用する
  4. Rakuten Linkの利用が確認された翌々月下旬頃までに3,300円分(3,300Rakutenポイント)が付与される

オンライン契約で3,000ポイント還元

申し込みをするなら、店舗よりもオンラインがオススメです。上記のポイント還元だけではなく、下記の条件を満たせばさらに3,000円分(3,000Rakutenポイント)が付与されます。2020年6月30日(火)23:59までの申込期限です。

  1. オンライン(店舗は対象外)でRakuten UN-LIMITに申し込む
  2. 2020年7月31日(金)23:59までに開通手続きを行う
  3. 2020年8月31日(月)23:59までに利用登録とSMS認証でアクティベーションを完了しRakuten Linkを利用する
  4. 2020年9月下旬頃までに3,000円分(3,000Rakutenポイント)がプレゼントされます。

違約金

途中解約による違約金はありません。2年縛りも最低利用期間もありません。いつでも解約料無しで解約が出来ます

楽天モバイルを契約する上での注意点

初期費用も戻ってきて、1年間は電話もネットも使いたい放題!良いことずくめのRakuten UN-LIMITですが、注意点があります。

  • Rakuten UN-LIMITの全ての機能を使うためには、楽天モバイル公式スマートフォンが必要
  • 公式スマートフォンにiphoneシリーズは無い

通常の格安SIMと一番違うのは、一般的に販売しているSIMフリー・SIMロックを外した機種を、気軽に使えないという点です。

使えるスマートフォンの機種が限られ、原則は楽天モバイルが販売する機種限定ということです。

買い換えに対応するために、オンラインで査定と、申し込みが出来るスマホ下取りサービスを行っています。

公式販売以外のスマートフォン

基本的に公式販売機種を使う前提ですから、公式以外だと使用可能である明快な基準は示されていません。手持ちの機種が使えるのかどうかは、公式ページで確認できます。

画像:楽天モバイル公式サイト 2020年5月17日現在

筆者の調査では、Android9.0以上、国内のみ使用の前提でBand3(Rakuten回線)・Band18(au回線)対応が、Android機種の最低条件ですが、満たしていても使えるとは限りません。

初期投資(3,000円)しても開通出来なかったり、Rakuten Linkが利用できなかった場合は、前述のキャンペーンも対象になりません。いつでも解約料無しで解約は出来ますが、初期投資は無駄になります。

iPhoneでの使用

iPhoneでの使用は一部で可能ですが、そもそもRakuten linkはAndroidバージョンしか用意されていません。よってiPhoneでの使用は前述のキャンペーンも適応対象外になります。

iPhone X以前の機種は公式ページの記載では、何も使うことが出来ません。iPhone XR以降の機種ではデータ通信・通話・SMS(楽天回線のみ)の利用が可能になっています。

しかし、アプリが使えない以上は、通話が出来るといっても「かけ放題」は出来ずに有料(20円/30秒)になりますし、au回線との自動切り替えも出来ないのでは積極的にオススメ出来ません。

楽天モバイルVS大手キャリア!一体料金はどれだけ安くなる?

楽天モバイルvs大手キャリア〜料金編〜

大手キャリアの料金は複雑なので、各種割引を適用前のデータ大容量プラン価格で、単純に比較してみます。データ通信料と通話基本料を含みます。

docomo au SoftBank 楽天モバイル
プラン名 ギガホ フラット20 ウルトラギガ Rakuten UN-LIMIT
データ容量 30GB 20GB 50GB 無制限(エリア内)
月額料金 2年契約 6,980円 6,000円 7,480円
定期契約無し 8,480円 7,500円 10,180円 2,980円
通話料(国内) 家族間無料
他は20円/30秒
家族間無料
(契約縛り有)
他は20円/30秒
家族間無料
(契約縛り有)
他は20円/30秒
無料
SMS送信料(国内) 3円/通 3円/通 3円/通 無料
音声オプション 5分通話無料 700円 500円 500円
かけ放題 1,700円 1,500円 1,500円 無料

楽天エリア内での使用なら、その差は一目瞭然です。楽天モバイルのお得感が際立ちます。

たとえばSoftBankのウルトラギガモンスターに、音声かけ放題のオプションを、縛り無しで計算すると11,680円/月になります。

その差額は8,700円/月になりますので、年間にすると差額は104,400円になります。もちろん、キャリアは各種割引を適用すれば額面通りには広がりませんが、簡単には縮まりません。

楽天の販売する公式端末を新規導入しても、元を取るまでに時間はさほど要しません。

楽天モバイルvs大手キャリア〜機種代編〜

楽天モバイルの機種に関しては、大手キャリアに比べるとバリエーションは少なくiPhoneやPixelの扱いもありません。最新機種の取り扱いも大手キャリアには及びません。

そのため直接比較できる機種は少ないですが、docomoで扱うGalaxy S10を比較してみると、一括でdocomoは90,288円・楽天モバイルは90,728円と、ほぼ差がありません

注意のところで書きましたが、公式に販売している機種のみが楽天モバイル全ての機能が使える前提です。iPhoneを含め、使いたい機種が公式に無い場合は比較自体に意味がありませんし、オススメしません。

楽天モバイルvs大手キャリア〜サービス編〜

楽天モバイルの店舗数は2019年10月の時点で500店舗余り。三大キャリアの各2300店舗前後とは、大きな差があります。生活圏の中に存在していて、困った時にいつでも駆け込める環境は、大手キャリアに到底及びません。

サービスを始めて間もないこともあり、問い合わせの電話が長時間待たされて通じなかったり、オンラインチャットでも長時間待たないと、担当者が出てこない事もあります。今後に期待する余地はありますが、大手キャリアのサービスを望むことは難しいです。

大手キャリアに後発のプライドで4番目のキャリア楽天モバイルが挑む

後発だからこそ、しがらみ無く出来る事もあります。RCS規格に沿って通話料金の無料にいち早く乗り出したり、一年間の月額基本料を無料にする禁じ手を使い、期間に関係なく「縛り」も設けていません。

更に初期事務手数料も全額ポイント還元するなど、お得さを前面に出して攻めていますね。

楽天モバイルはこんな人におすすめ

1.とにかく固定費を削減したい

削減どころか、1年間は月額基本料が完全無料になります。楽天エリアならデータも使いたい放題で別途の通話料もかかりません。

2.無駄な抱き合わせオプションや縛りはいらない

SIM契約のオプションは「海外かけ放題」のみで、家族や長期間の契約割引など解りにくい契約条件は何もありません。納得いかなければいつでも無料で解約できます。

従来のキャリアにある鬱陶しい約束事から解放されます。

3.月々のデータ使用量が多い

格安SIMでは大きなデータ量を扱うと、結果的に割高になることも多く、キャリアでは大容量の契約すると楽天モバイルの倍以上の金額になります。

楽天エリアで使えるなら、迷う理由がありません

4.音声通話をすることが多い

5分・10分などの「かけ放題」は、格安SIMでも出している所がありますが、無制限「かけ放題」はごく一部を除き、キャリアのみの提供です。

楽天モバイルは、自社エリアだけでなく、auエリアからでも通話は「かけ放題」で無料です。

5.海外に頻繁に行く

頻繁に海外に行く方は66カ国で便利に利用できます。日本にいる時と同様の感覚で電話が使えます。2GB/月までの使用なら特別な費用は一切発生せず無料です。

【まとめ】どなたにもオススメ出来ます

楽天モバイルのサービスエリアを確認してください。普段いる場所や生活圏・居住する所がエリア内なら、特にオススメいたします。

データは無制限に使用出来て、通話も無料です。

現状エリアに関わりが無い方もau回線が5GBを1年間無料で使える上に、サービスエリアがどんどん増えていきますから、無料期間の間に使い勝手を見極めても良いと思います。つまり、どなたにもオススメです。なにせ300万人までは月額も無料ですから。

サービス初期の不安がある方は、現在のSIMを残してDSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)が出来る機種を使い、充実していく状況をリアルタイムで確認しながら運用というのもアリですね。
楽天モバイル公式サイトはこちら

arrow_upward