menu
search

QTモバイルでテザリングする手順を詳しく解説│3つの方法でかんたんに接続できる!

QTモバイルユーザーの中にはテザリングを使ってみたいと思っている人もいるでしょう。

テザリングは出先でちょっとしたインターネットを使いたいときに、スマホからスイッチをオンにするだけで、簡単に使えます。

スマホよりもタブレットやパソコンの方が画面が大きくて作業しやすいことも多いので、テザリングが使えると効率が上がりますね。

この記事ではQTモバイルでテザリングを設定する具体的な方法を紹介していきます。そもそもテザリングって何?という初心者の方でも分かりやすい内容になっているので、ぜひ参考にしてくださいね。

QTモバイル公式サイトはこちら

テザリングとは

テザリングとはスマートフォンをアクセスポイント(親機)にして無線を発信して、タブレットやパソコン、他のスマホなどでインターネットが使える機能です。

スマホがポケットWiFiの代わりになるとイメージしたら分かりやすいかもしれませんね。

フリーWi-FiやポケットWiFiと比べてどう?

同じような機能に、カフェや公共的な場所で使えるフリーWi-Fi、WiMAXなどのポケットWiFiがあります。それぞれのメリットとデメリットを整理すると、以下のようになります。

テザリング フリーWi-Fi ポケットWiFi
メリット ・追加料金が不要

・スマホ1台あればOK

・申込みも不要

・使える場所が多い

・場所によっては高速

・専用機が不要

・大容量通信ができる

・高速通信ができる

デメリット ・バッテリーを消費する

・スマホのデータを消費する

・通信が不安定

・セキュリティが不安

・時間・回数制限あり

・有料のこともある

・別途費用がかかる

・持ち物が増える

・バッテリー管理が必要

それぞれにメリット・デメリットがありますが、テザリングは気軽に使えることが大きなメリットです。

格安SIMの場合、申し込みや追加料金は不要でテザリングが使えます。本格的に通信するのには向いていませんが、週に数回程度の利用であれば、ポケットWiFiを契約するよりも安く使えます

QTモバイルのテザリングの特徴

QTモバイルのテザリングの特徴やメリットは以下のとおり。

①申し込み・追加料金が不要

QTモバイルのテザリングは通常の料金プランの中で利用できます。新たに申し込む必要もなく、追加料金もかかりません

フリーWi-Fiだと月に数百円、ポケットWiFiなら少なくとも3,000円程度は料金がかかるので、それが無料で使えるのは経済的ですね。

②使える端末が一覧で分かる

QTモバイルのホームページでは動作確認端末が一覧で掲載されています。

こちらには端末ごとにテザリングができるかどうかまで記載されているので、自分の端末がQTモバイルでテザリングできるかどうか、すぐに分かります。

③キャリア回線が使えるから日本全国どこでも使える

QTモバイルはドコモ、au、ソフトバンクの回線に対応しています。スマホの電波が入る場所であれば、テザリングができます。

ポケットWiFiの中には、建物の中では繋がりにくくなるものもあります。その心配がないのはテザリングのメリットと言えますね。

QTモバイル公式サイトはこちら

QTモバイルのテザリング方法

ここからは、テザリングをするための準備や具体的な方法を紹介していきます。

テザリングに3つの方法があり、さらにiPhoneとAndroidスマホで設定方法が少し異なるので、自分が使いたい方法の説明を読んで、参考にしていただければと思います。

デザリング方法は3種類

テザリングには3つの接続方法があります。

  • Wi-Fiを使ったテザリング方法(最も一般的)
  • Bluetoothを使ったテザリング方法(省エネ)
  • USB接続を使ったテザリング方法(高速)

それぞれにメリット・デメリットがあるので、自分に一番合った方法を選んでください。

Wi-Fi

テザリングでもっとも一般的な方法が、Wi-Fiを使った接続です。親機からWi-Fiの無線を発信して、子機でそのWi-Fiに繋ぐことで、インターネットに接続できます。

  • 複数の端末で同時に接続できる
  • 2度目以降の接続が簡単
  • 比較的速度が安定する

といったメリットがあります。一方でスマホのバッテリーを消費しやすいといったデメリットがあります。

Blootooth

Bluetoothの無線を使ってテザリングすることもできます。

  • Wi-Fiで接続するよりもバッテリー消費を抑えられる
  • パスワードの設定が不要

といったメリットがあります。しかし、他の方法よりも速度が出にくいといったデメリットがあります。

USB

USBケーブルでiPhoneやスマホを接続してテザリングする方法もあります。

  • 3つの中では速度が一番出やすい
  • スマホを充電しながら使える

といったメリットがあります。しかしUSBポートがないと使えないので、パソコンなど使える端末が限られてしまうのがデメリットです。

【Wi-Fiで使う】QTモバイルのiPhoneのテザリング方法

Wi-Fi接続で、QTモバイルのiPhoneのテザリングを使う方法を紹介します。

手順①:Wi-Fiのパスワードを設定する

「設定」>「インターネット共有」>「Wi-Fiのパスワード」でWi-Fiに接続するためのパスワードを設定してください。

パスワードが簡単なものだと、他人に自分のスマホの電波を使われてしまう可能性があり危険です。安全で分かりにくいパスワードを設定しましょう

手順②:アクセスポイント名を変更する(任意)

Wi-Fiを探すときに一覧に表示される自分のiPhoneの名前(アクセスポイント名)を変更することもできます。

設定」>「一般」>「情報」>「名前」で任意の名前に変更できます。

端末の名前が「◯◯のiPhone」のように、自分の名前になっている人は、セキュリティ的に変えておいた方がいいでしょう(他人がWi-Fiを探すときに、その名前が表示されます)。

手順③:Wi-Fiのスイッチをオンにする

「設定」>「インターネット共有」>「ほかの人の接続を許可」のボタンをオンにして、Wi-Fiのスイッチを入れてください。

手順④:子機から接続する

接続したいタブレットやパソコンなどのWi-Fi設定で、自分のiPhoneを選択して、①で設定したパスワードを入力してください。

これでiPhoneのテザリングで通信ができるようになります。

【Wi-Fiで使う】QTモバイルのAndroidのテザリング方法

Wi-Fi接続で、QTモバイルのAndroidスマホのテザリングを使う方法を紹介します。

なお、Androidスマホは端末によって、設定の項目名が異なります。以下を参考にして、自分のスマホでも設定してみてください。

手順①:アクセスポイント・Wi-Fiのパスワードを設定

「設定」>「ネットワークとインターネット」>「アクセスポイントとテザリング」>「Wi-Fiアクセスポイントをセットアップ」で、Wi-Fiのアクセスポイント名とパスワードを設定してください。

アクセスポイント名は自分の名前などの個人情報は避けるようにしましょう(「〇〇のXperia」など)。

手順②:ポータブルWi-Fiアクセスポイントをオンにする

「アクセスポイントとテザリング」の「ポータブルWi-Fiアクセスポイント」(下の写真では「ポータブルホットスポット」)をオンにしてください。

手順③:子機でAndroidスマホに接続

タブレットなどのWi-Fi設定から、①で設定した自分のAndroidスマホを選択して、パスワードを入力すると、Androidスマホに接続できます。

これでAndroidのテザリングで通信ができます。

【Blootoothで使う】QTモバイルのiPhoneのテザリング方法

Bluetooth接続で、QTモバイルのiPhoneのテザリングを使う方法を紹介します。

手順①:iPhoneのBluetoothスイッチをオンにしておく

iPhoneのBluetoothのスイッチを入れておきましょう。

ホーム画面で下から上にスワイプすると出てくる設定で、Bluetoothスイッチをオンにしてください。

手順②:テザリングのスイッチをオンにする

Wi-Fi接続のときと同様に、「設定」>「インターネット共有」>「ほかの人の接続を許可」にスイッチをオンにしてください。

Bluetooth接続の際はパスワードの設定は不要です。

手順③:子機でiPhoneを選択

タブレットなどのBluetooth設定でペアリングモード状態の自分のiPhoneを見つけて選択してください。

手順④:親機・子機両方でペアリング

すると、iPhone(親機)、子機の両方の画面でペアリングを求める通知がでるので、両方の画面に同じコードが表示されていることを確認して「ペアリング」を選択してください。

【iPhoneの画面】

【子機の画面】

これでiPhoneのテザリングで、インターネットに接続できます。

【Blootoothで使う】QTモバイルのAndroidのテザリング方法

Bluetooth接続で、QTモバイルのAndroidスマホのテザリングを使う方法を紹介します。

手順①:AndroidスマホのBluetoothのスイッチを入れておく

Androidスマホの設定からBluetoothのスイッチを入れておきましょう。

手順②:Bluetoothテザリングのスイッチをオンにする

「設定」>「ネットワークとインターネット」>「アクセスポイントとテザリング」に進んでBluetoothテザリングのスイッチをオンにしてください。

手順③:子機でAndroidスマホを選択

タブレットなどの子機のBluetooth設定から、ペアリングモードになっている自分のAndroidスマホを選択してください。

手順④:親機・子機両方でペアリング

すると、Androidスマホ(親機)・子機、両方の画面にペアリングを求める通知が出るので、「ペアリング」を選択してください。

これで、Androidスマホのテザリングで、インターネットに接続できます。

【USBで使う】QTモバイルのiPhoneのテザリング方法

Bluetooth接続で、QTモバイルのiPhoneのテザリングを使う方法を紹介します。

手順①:パソコンなどにiTunesをインストール

iPhoneのUSB接続でテザリングをする場合、パソコンにiTunesが入っていないと使えません。事前にインストールしておきましょう。

面倒な人、インストールできないパソコンの場合は、Wi-FiかBluetoothのテザリングを使いましょう。

手順②:テザリングのスイッチをオンにする

「設定」>「インターネット共有」>「ほかの人の接続を許可」をオンにしてください。Wi-Fi、Bluetoothの場合とスイッチの場所は同じです。

手順③:USB接続する

iPhoneとパソコンなどをUSBケーブル(Lightningケーブル)で接続してください。接続すると、すぐにiPhoneのテザリングでインターネットに接続できます。

【USBで使う】QTモバイルのAndroidのテザリング方法

Bluetooth接続で、QTモバイルのAndroidスマホのテザリングを使う方法を紹介します。

手順①:USBケーブルで接続する

AndroidスマホとパソコンなどをUSBケーブルで接続してください。

手順②:USBテザリングのスイッチをオンにする

「設定」>「ネットワークとインターネット」>「アクセスポイントとテザリング」のUSBテザリングをオンにしてください。

Androidスマホのテザリングでインターネットに接続できます。

QTモバイル公式サイトはこちら

QTモバイルのテザリングをするときの注意点

QTモバイルでテザリングを使うときの注意点やポイントを紹介します。

  • 端末がテザリングに対応しているか確認
  • 大容量のプランは割高
  • パソコンなどでの利用はデータ量に注意

注意点①:端末がテザリング可能か確認する

QTモバイルのSIMを使ったスマホは、申し込み不要でテザリングができます。

よく「格安SIMでテザリングってできるの?」という質問を受けますが、格安SIMだからできる・できないではなく、自分の端末がテザリングに対応しているかによって、テザリングできるか決まります

テザリング可能な端末一覧

QTモバイルの公式サイトで公開されている「動作確認済端末」のページでは、各端末がテザリングに対応しているか確認できます。

不安な人は自分の端末がテザリングに対応しているか確認してみましょう。

動作確認済の端末(QTモバイル公式サイト)

注意点②:大容量のプランは割高

QTモバイルには20GB、30GBなどの大容量プランがありますが、テザリングをするためにこれらのプランを選ぶのはおすすめできません

というのも、大容量プランになると、大手キャリアやポケットWiFiを使った場合と料金がそこまで変わらなくなり、むしろ割高な場合もあります。

もし大容量のデータ通信をしたい場合は、ポケットWiFiや大手キャリアのプランを選んだ方が、あなたの使用意図を満たしてくれるでしょう。

注意点③:パソコンなどでの利用はデータ量に注意

特にパソコンでテザリングをしようと思っている人は、データ消費量に注意してください

パソコンはスマホよりもたくさんデータ通信を行います。少しインターネットを閲覧しただけでも、思っているよりもデータを消費していることがあるので、事前に理解しておきましょう。

QTモバイルのテザリングがうまく繋がらない時は

テザリングを使っていると、うまく接続できないことがあります。主な原因と対策をお伝えするので参考にしてください。

そもそもスマホで通信ができない

初歩的なミスですがスマホが圏外になっていたり、データ通信がオフになっているなどの理由で、スマホ自体が通信できない場合は、テザリングもできません。

まずは自分のスマホで通信できる状態なのか確認してみましょう。

無線が干渉している

特に人が多く電波がたくさん飛んでいる場所では、Wi-FiやBluetoothの無線がお互に干渉して、接続しにくくなることがあります。

場所を変えるか、パソコンの場合はUSBで接続してみるのもいいでしょう。

その他の理由で接続できない

テザリングが接続できない理由は他にもあります。

  • テザリングのスイッチのオン・オフを試してみる
  • 機内モードのオン・オフを試してみる
  • 端末を再起動してみる

といった方法でテザリングが繋がることもあります。

QTモバイルのテザリングでよくある質問

最後にQTモバイルのテザリングに関連する質問をまとめておきます。快適なテザリングのための参考になれば嬉しいです。

通信速度が規制される場合はありますか?

はい、以下に該当する場合は当該SIMカードを使った通信の速度が制限されます。

  • 月間データ通信量を使い切った場合
  • Dタイプ:高速通信をOFF(最大200kbpsでの通信時)にしている状態で、直近3日に366MB(300万パケット相当)のデータ通信量を超えた場合、通信速度が制限される場合があります。
  • Aタイプ:直近3日に通信量が6GBを超えた場合、通信速度が制限される場合があります。
  • Sタイプ:連続する3日間(計測時間 00:00:00~23:59:59)にプラン毎に規定された通信量を超えた場合、通信速度が制限される場合があります。

引用元:https://faq.qtmobile.jp/(2020/07/03現在)

データ通信量を追加できますか?

データ容量の追加購入のお手続きが必要となります。データ容量を自動で追加購入(オートチャージ)することはできません。

引用元:https://faq.qtmobile.jp/(2020/07/03現在)

プラン変更の方法を教えてください。( 1GB⇒3GBなど )

QTnet会員専用ページ、またはお電話にてご変更していただけます。

  • 月1回のみ、無料でご変更いただけます。
  • 毎月25日までの変更受付は、翌月に適用となります。
  • 毎月26日以降の変更受付は、翌々月に適用となります。
  • プラン変更は、毎月1日の0時に更新されます。

引用元:https://faq.qtmobile.jp/(2020/07/03現在)

まとめ

QTモバイルでテザリングする方法を解説しました。

  • QTモバイルのテザリングは申込み・追加料金不要で使える
  • テザリングにはWi-Fi、Bluetooth、USB接続の方法が使える
  • 大容量プランは割高なので、大容量の通信がしたい人にはおすすめできない

といった点がポイントでした。

テザリングでスマホ以外の機器が使えるようになると、仕事や作業の効率が上がります。追加料金もかからないので有効活用したいですね

QTモバイル公式サイトはこちら

arrow_upward