menu
search

QTモバイルの回線の選び方を解説!それぞれのメリット・デメリットを紹介

九州電力のグループ会社BBIQが提供する格安SIM「QTモバイル」。九州エリアでは実店舗もあり、積極的にサービスを展開しています。

QTモバイルはドコモ、au、ソフトバンク回線の中から、自分が好きな回線を選べます。実は、日本で初めて3種類の回線を扱ったMVNOがQTモバイルなのです。

そんなQTモバイルの契約を検討するときに悩むのが「どの回線を選べばいいのか」ということ。いざ契約してみて、思っていたような使い勝手じゃなかったら残念ですね。

そこで、この記事ではQTモバイルを契約する際、ドコモ、au、ソフトバンク、どの回線を選べばいいのか解説します。

それぞれのメリットやデメリットを紹介するので、回線選びの参考になればうれしいです。

先にこの記事の結論を述べると、QTモバイルはドコモ回線かau回線がおすすめです。

QTモバイル公式サイトはこちら

QTモバイルの回線は3種類

QTモバイルは日本初のトリプルキャリアMVNOです。ドコモ、au、ソフトバンク回線を扱っています。

ドコモ回線

QTモバイル主力回線の一つです。口コミなどの数から、QTモバイルの中では最もユーザー数が多い回線であると推測できます

通信エリア

QTモバイルのドコモ回線はLTEまたは3G回線エリアで利用できます。エリアはドコモ公式サイトで確認できます。

ドコモ回線通信エリア(ドコモ公式サイト)

au回線

QTモバイルのもう一つのメイン回線がau回線です。QTモバイルのau回線は「VoLTE対応」と「VoLTE非対応」のSIMが選べます。多くの格安SIMはVoLTE対応SIMしか選べないので、非常に貴重なSIMと言えるでしょう。

通信エリア

QTモバイルのau回線は 4G LTE回線と3G回線(VoLTE対応SIMは4Gのみ)に接続できます。エリアは公式サイトで確認できます。

au回線通信エリア(au公式サイト)

ソフトバンク回線

QTモバイルで2018年2月から始まったソフトバンク回線も音声通話SIM、データ専用SIMで使えます。しかし、Androidスマホには対応しておらず、iPhoneユーザーのみ使えます

通信エリア

QTモバイルのソフトバンク回線も4G、3G回線エリアで使えます。詳細は公式サイトで確認できます。

ソフトバンク回線通信エリア(ソフトバンク公式サイト)

QTモバイルの回線ごとの料金プラン

QTモバイルの回線ごとの料金プランを確認しておきましょう。

QTモバイルは新規の契約の場合、最初の6ヶ月間を割引価格で利用できます。以下の表のカッコ内の金額は割引後の金額です。

【音声通話付きSIMのプラン料金】

ドコモ回線 au回線 ソフトバンク回線
1GBプラン 1,450円
(890円)
1,450円
(890円)
1,700円
(1,140円)
3GBプラン 1,550円
(990円)
1,550円
(990円)
1,800円
(1,240円)
6GBプラン 2,250円
(1,690円)
2,250円
(1,690円)
2,500円
(1,940円)
10GBプラン 3,250円
(2,690円)
3,250円
(2,690円)
3,500円
(2,940円)
20GBプラン 4,900円
(4,690円)
4,900円
(4,690円)
5,100円
(4,890円)
30GBプラン 6,900円
(6,690円)
6,900円
(6,690円)
7,100円
(6,890円)

【データ通信専用SIM】

ドコモ回線 au回線 ソフトバンク回線
1GBプラン 800円
(700円)
800円
(700円)
800円
(700円)
3GBプラン 900円
(800円)
900円
(800円)
900円
(800円)
6GBプラン 1,550円
(1,400円)
1,550円
(1,400円)
1,550円
(1,400円)
10GBプラン 2,550円
(2,400円)
2,550円
(2,400円)
2,550円
(2,400円)
20GBプラン 4,200円
(4,000円)
4,200円
(4,000円)
4,200円
(4,000円)
30GBプラン 6,200円
(6,000円)
6,200円
(6,000円)
6,200円
(6,000円)

音声通話付きSIM

QTモバイルの音声通話SIMの料金はドコモ回線とau回線は同額、ソフトバンク回線が250円程度高いです。他の格安SIMでもそうなのですが、ソフトバンク回線のプランは高くなる傾向があります

Dタイプ(ドコモ回線)、Aタイプ(au回線)は最初の半年は、音声通話SIM(1GBプラン)が1,000円以下で使えます。キャンペーン価格ではありますが業界最安水準です。

データ専用SIM

データ通信専用SIMは各社とも同じ料金です。しかし、SMS機能には以下の違いがあります。

  • ドコモ回線→140円/月追加
  • au回線→無料(最初からSMS機能がついている)
  • ソフトバンク回線→SMS機能の利用は不可

QTモバイルの回線のメリット/デメリット

料金では回線によっては200〜250円程度の差がありますが、それ以外のメリットやデメリットも確認しておきましょう。

メリット デメリット
ドコモ回線 ・契約できる回線数が多い

・ドコモのスマホがそのまま使える

・データ容量の追加代金が割高
au回線 ・auのスマホがそのまま使える

・VoLTE非対応のSIMも使える

データ専用SIMはSMSが無料

・VoLTE SIMは設定が必要
ソフトバンク回線 ・ソフトバンクのスマホがそのまま使える

留守番電話が無料で使える

・データ容量の追加が割安

データSIMはSMSが使えない

Androidスマホが使えない
(セット端末はiPhoneしか買えない)

・速度に関する口コミがよくない

ドコモ回線:最も無難に使える

QTモバイルがサービス開始当初から提供しているのがドコモ回線です。以下のようなメリットやデメリットがあります。

メリット

ドコモのスマホを使っていた人はドコモ回線を選べば、SIMロック解除なしで使える可能性が高いです。また、ドコモ回線は1契約につき、音声通話SIMが計5回線、データ専用SIMも5回線まで契約できます。

デメリット

QTモバイルは月内の通信量を使い切ってしまった場合、データ容量を追加で購入できます。しかし、200円/100MBと他の回線と比べると割高です。

おすすめな人

QTモバイルのドコモ回線がおすすめなのは以下のような人です。

  • ドコモのスマホを使っている人
  • ソフトバンクのAndroidスマホを使っている人(後ほど説明)
  • ドコモのエリアで安定した通信ができる人

au回線:データ専用SIMがお得に使える

ドコモ回線と並んでQTモバイルの主力回線の一つがau回線です。au回線のメリット・デメリットは以下のとおり。

メリット

QTモバイルのau回線は、格安SIMでは珍しく「非VoLTE SIM」にも対応しています。最近のauのスマホはほとんどVoLTE(高音質の通話サービス)に対応していますが、対応していない古いスマホを使っている人でも、au回線が使えます。

また、データ専用SIMはSMSが標準で付いているので、追加料金が発生しません(ドコモ回線の場合は、毎月140円必要)。

デメリット

VoLTE対応のSIMを使う場合、SIMロック解除が必要な場合があります。それに加えてSIMカードの設定が必要な場合があります。

  1. SIMロック解除したスマホにVoLTE対応のSIMカードを挿入してWi-Fiに接続
  2. 「設定」>「端末情報」>「SIMカードの状態(ステータス)」を選択
  3. 「SIMカードの状態を更新」を選択して、ダウンロード、再起動する
  4. 再起動後、「設定」>「端末情報」>「SIMカードの状態(ステータス)」でステータス欄が「許可」になっていればOK

おすすめな人

QTモバイルのau回線がおすすめなのは以下の人です。

  • auのスマホを使っている人
  • データ専用SIMを安く契約したい人
  • auエリアで安定した通信ができる人

ソフトバンク回線:速度がやや不安

ソフトバンク回線はQTモバイルの中で、最も新しい回線です。メリットとデメリットは以下のとおりです。

メリット

ソフトバンク回線は1GBのデータ容量の追加が、他の回線と比較して割安です(200円/100MB、900円/500MB、1,600円/1GB)。

また、留守番電話サービスが追加料金なしで使えるのも大きなメリットです。

デメリット

QTモバイルのソフトバンク回線はAndroidスマホでは使えません。また、データ専用SIMでSMSを使うことができません。

ソフトバンクのAndroidスマホを使っている人は、SIMロック解除をした上で、ドコモ回線かau回線を使いましょう

また、ソフトバンク回線の速度の口コミはあまりよくありません

おすすめな人

QTモバイルのソフトバンク回線がおすすめなのは以下のような人です。

  • ソフトバンクのiPhoneを使っている人

QTモバイル公式サイトはこちら

QTモバイルの回線は遅い?各回線ごとの速度の口コミ

格安SIMを検討する際は、使っている人の口コミが参考になります。ここではドコモ、au、ソフトバンク回線を使っている人の口コミを集めて見ました。

なお、口コミの選定による恣意的な操作はありません。ありのままの口コミをご確認ください。

ドコモ回線

QTモバイルでドコモ回線を使っている人の口コミをみていきましょう。

  • どこでも問題なく繋がる、ほとんどUQモバイルが早いが時々QTが早いときがある10対1ぐらいかな?
  • とにかく遅いです。UQmobileも使用していますが、UQの節約モードより遅いことがたびたびです。
  • インターネットの繋がりや速度には今の速度で十分と思っています。
  • 0SIMに比べQTモバイルは時間と場所に依りますが、かなり安定して利用できました。ただし、その前に使っていたソフトバンクに比べると繋がりの悪さや画面表示の遅さなどで気になるところもあります。
  • やはり朝夕の通勤時間帯、昼休みの時間帯は遅く1Mを切ることもある。動画はもちろん、通常のweb閲覧でも読み込みに時間がかかることが多い
  • 良かった点は、田舎なのでSB回線より、ドコモ回線が繋がりやすいので、速度はあまり期待できないが、通信できる範囲は広がった。また室内でも電波拾うのでありがたい。

引用元:https://kakaku.com/

ドコモ回線の口コミの総評

今回調べた中では、ドコモの口コミの総数が圧倒的に多かったです。速度については他の格安SIM同様に、お昼や夕方に低下しているようです。

一方で、ドコモ回線の繋がりやすさ(エリア、室内)の恩恵を受けているユーザーもいました

au回線

QTモバイルのau回線にかかわる口コミをチェックしていきましょう。

  • UQも使ってみましたが、昼休み等の普通の人が使う時間の速度低下は顕著です。

引用元:https://kakaku.com/

  • QTモバイルをドコモ回線からau回線に変更記念w MNVOスピードテスト数回測った限りでは、QTモバイル ドコモ回線ではこんなに遅くはなかったけどなぁ

引用元:https://twitter.com/

au回線の口コミの総評

au回線はドコモ回線と比べると、かなり口コミの数が限られてきます。「ドコモ回線よりも遅い」という口コミも見られましたが、総数が少ないのでこれだけで判断することはできません。

SoftBank回線

  • QTモバイルって、九州電力がやってるネット回線のBBIQがやってるやつ(混乱笑)なんだけど、ソフトバンク回線だけ遅いらしい……

引用元:https://twitter.com/

  • 格安simのQTモバイル、ソフトバンク回線(Sタイプ)を契約して2ヶ月経ちました。かなり遅いです。

引用元:https://twitter.com/

ソフトバンク回線の口コミの総評

QTモバイルのソフトバンク回線は2018年2月に始まりました。ユーザー数が少ないせいか、ほとんど口コミを見つけることができません

一部の口コミや速度計測サイトによると、ソフトバンク回線の速度はあまり期待できないとの声もあります。速度を求めるならドコモ回線かau回線を選んでおいた方が無難と言えます。

QTモバイルの回線の申し込み手順

引用元:https://www.qtmobile.jp/(2020/06/01現在)

QTモバイルの申込手順を確認しておきましょう。

  1. MNP予約番号の発行
  2. QTモバイル公式サイトで申し込み
  3. SIMカードの受取り
  4. 初期設定

手順①:MNP予約番号の発行

大手キャリアから電話番号の乗り換えをする場合は、予めMNP予約番号を発行しておきましょう。MNP予約番号は15日間の有効期限があるので、発行したら早めに手続きしましょう。

以下各キャリアの予約番号の発行方法です。

ドコモのMNP予約番号取得方法

  • 携帯電話:151
  • 一般電話:0120-800-000
  • Web:My docomo>各種お申し込み・お手続き

auのMNP予約番号取得方法

  • 携帯電話・一般電話:0077-75470
  • WEb:EZWebトップ>auお客様サポート>申し込む/変更する

ソフトバンクのMNP予約番号取得方法

  • 携帯電話・一般電話:0800-100-5533
  • Web:Yahoo!ケータイトップ>My Softbank>各種変更手続き

手順②:QTモバイル公式サイトで申し込み

公式サイトから申し込み手続を行います。事前に以下の必要書類等を用意してから始めましょう。

  • 本人確認書類
  • 本人名義のクレジットカード(BBIQの会員は銀行口座引落でもOK)
  • MNP予約番号

申込みの途中で本人確認書類のアップロードが必要です。

手順③:SIMカードの受取り

申込み後、2日〜最大10日程度でSIMカード(セットで買ったスマホ)が届きます。加入審査の状況によって、到着が遅くなることがあります。

手順④:初期設定

乗り換えの場合は、SIMカードが届いたら、QTnet会員専用ページからMNP切り替え手続きを行います。郵送で送られてくる「登録内容のお知らせ」を確認してください。

手続き後、1〜4時間で切替えが完了します

利用を始める前に、SIMカードを挿入してAPN設定を行ってください。

QTモバイルの回線は途中で変更/切り替えできる?

QTモバイルで回線の変更はできるのでしょうか。例えばドコモ回線を使っていて、au回線に乗り換えたい、ということもあるでしょう。

結論:変更前のタイプを解約→変更後のタイプを新規契約で対応

見出しのとおり、回線の変更、切り替えをしたい場合は現在の回線を解約して、新たに契約し直す必要があります。そのため、各種手数料がかかります

例えば、音声通話SIMをドコモ回線からau回線に切替えようとすると、以下の手数料がかかります。

  • 契約事務手数料…3,000円
  • SIM発行手数料(Aタイプ)…230円
  • MNP転出料…3,000円
  • 契約解除料…0円〜12,000円

番号を引き継ぐ場合、MNP転出料がかかります。また、契約事務手数料が契約の経過期間に応じて、最大で12,000円かかります。

その結果、合計で20,000円近い手数料がかかることもあります。あとで変更しなくてもいいように、契約の前には十分検討して回線を決めることが大切です。

タイプ変更はQTモバイルお問い合わせ窓口へ

回線の変更をする場合は、QTモバイルの窓口へ電話で問い合わせましょう。

【QTモバイルお問い合わせ窓口】

  • 0120-986-008
  • 9時〜20時、年中無休

回線変更の注意点

回線(タイプ)の変更をする際は、以下の点に注意してください。

  • 電話番号の引き継ぎの場合は、MNP転出料(3,000円)がかかる
  • 変更前のSIMに残っているデータ通信量は、変更後のSIMには引き継がれない
  • 変更前のキャンペーンは終了し、新規加入時のキャンペーンが適用される

QTモバイルは今後5G回線に対応する?

2020年3月、ドコモ、au、ソフトバンクは次世代の高速通信サービス「5G回線」をスタートさせました。まだまだエリアは狭いですが、最大で10Gbpsの高速通信ができるとして期待されています。

しかし残念ながら、現時点では格安SIMの5G通信の対応時期は未定です。しかし、各キャリアはMVNOに5G通信を提供することを明言しています。

QTモバイルで5G通信ができる日も、そう遠くはないはずです。期待して待ちましょう。

まとめ

QTモバイルで使える回線について、それぞれのメリットとデメリットを紹介しました。最後にポイントをまとめておきましょう。

  • QTモバイルはドコモ、au、ソフトバンク回線が使える
  • ソフトバンク回線はiPhoneのみ利用できる
  • ソフトバンク回線の速度の口コミはあまりよくない
  • 回線の変更は高額な手数料がかかることがある

特に、QTモバイルのソフトバンク回線は、現状はあまり速度が期待できません。そのため、音声通話SIMを契約したいときは、ドコモ・ソフトバンクのスマホならドコモ回線、auのスマホならau回線を契約するのが良さそうです

この記事が、QTモバイルの回線選びの参考になればうれしいです。

QTモバイル公式サイトはこちら

arrow_upward