menu
search

後悔しない!QTモバイルをお得に解約・MNP転出する方法を紹介

QTモバイルは安くてお得な格安SIMですが、他にお得な格安SIMを見つけるなどして乗り換えを検討する人もいるもの。格安SIMといっても各社様々なサービスを打ち出しており、通信費はもちろん音声通話を利用しやすいか家族利用をしやすいかといった点で差がつくものです。

私も過去に3回ほどMNP転出を経験しました。自分の使いやすい格安SIMを見つけたら、MNP転出を検討するのは当然のことだと思います。

本記事では、QTモバイルから解約またはMNP転出する方法についてご紹介します。QTモバイルは契約していた通信回線によって、契約解除料の計算方法が異なります。できるだけ契約解除料を支払わずに、お得にQTモバイルからの乗り換えを狙ってみませんか。

QTモバイル公式サイトはこちら

QTモバイルに解約?それとも乗り換え?

画像:QTモバイル公式サイト(2020/6/22)

まずは「解約」と「MNP転出」の違いについてご説明します。どちらも「QTモバイルとの契約を終了する」という意味では同じですが、「携帯電話番号を継続するか否か」という点では大きく異なります。

解約とは、QTモバイルとの契約を終了して、利用している携帯電話番号も引き継がずに完全に携帯電話の利用を終了することです。

一方でMNP転出とは、QTモバイルとの契約を終了するものの、現在利用している携帯電話番号を新しい通信キャリアに引き継いで利用し続ける仕組みです。

解約を行うと、再び携帯電話を契約した場合にまったく新しい携帯電話番号が割り振られます。今まで利用していた電話番号を継続利用できないというデメリットはありますが、MNP転出料(税抜3,000円)が請求されないというメリットもあります。

逆にMNP転出を行う場合は既存の電話番号を継続利用できるものの、MNP転出料を請求されます。またMNP転出料とは別に、利用期間に応じて契約解除料が請求されます

通信回線のタイプによって契約解除料金が異なる

QTモバイルの場合、利用している通信回線によって契約解除料の計算方法が異なります。

簡単にまとめると、ドコモ回線の場合は「12,000円-契約期間×1,000円」、au回線及びソフトバンク回線の場合は「利用開始月を含む13カ月以内の解約で税抜9,500円」の契約解除料が請求されます。

共通していることは、一定期間以上QTモバイルを利用すると契約解除料は発生しません

QTモバイルの解約方法

下記では、QTモバイルの解約方法と注意点についてご紹介します。

通信回線にかかわらず、QTモバイルの解約申請は「QTモバイルお問い合わせ窓口」に電話する必要があります。Webや実店舗から解約は行えないので注意しましょう。

QTモバイルお問い合わせ窓口

  • 電話番号:0120-986-008
  • 受付時間:9時~20時
  • 営業日:年中無休

※12月31日~1月3日は受付時間が9時~18時に短縮。

QTモバイル:Dタイプ(ドコモ回線)の解約

画像:QTモバイル公式サイト(2020/6/22)

QTモバイルのドコモ回線を解約する場合に注意すべきポイントは、下記の通りです。

  • 毎月25日までの解約申し出を行うと、申請月末日での解約となる。
  • 26日以降の解約申し出は、申請月の翌月末での解約となる。
  • 解約後はSIMカードの郵送返却が必要

QTモバイルのドコモ回線を解約する場合は、25日までに解約申請を行いましょう。

QTモバイル:Aタイプ(au回線)の解約

画像:QTモバイル公式サイト(2020/6/22)

QTモバイルのau回線を解約する場合に注意すべきポイントは、下記の通りです。

  • 解約受付の締め日は、毎月の月末
  • 解約後のSIMカード返却は不要

ドコモ回線よりも解約申請の受付締切日が遅く、SIMカード返却が返却不要なのは魅力的です。

QTモバイル:Sタイプ(ソフトバンク)の解約

画像:QTモバイル公式サイト(2020/6/22)

QTモバイルのソフトバンク回線を解約する場合に注意すべきポイントは、下記の通りです。

  • 解約受付の締め日は、毎月の月末
  • 解約後にSIMカードの返却が必要

ドコモ回線よりも解約申請の受付締切日が遅い点は良いですが、SIMカードの返却返却が必要なのは注意すべきポイントです。

QTモバイル公式サイトはこちら

QTモバイルからのMNP転出(乗り換え)方法

下記ではQTモバイルからMNP転出する方法と、MNP転出時の注意点についてご紹介します。

QTモバイルのMNP転出(乗り換え)

画像:QTモバイル公式サイト(2020/6/22)

解約時と同様、QTモバイルのMNP転出手続きは「QTモバイルお問い合わせ窓口」に電話する必要があります。実店舗やWebからはMNP転出手続きを行えないので注意しましょう。

QTモバイルお問い合わせ窓口

  • 電話番号:0120-986-008
  • 受付時間:9時~20時
  • 営業日:年中無休

※12月31日~1月3日は受付時間が9時~18時に短縮。

MNP転出の際の注意点

QTモバイルからMNP転出を行う際に注意すべきポイントは、下記の通りです。

  • MNP予約番号が発行されるのは、電話での申請後2~5日以降(※メンテナンスなどで発行が遅れる可能性あり)
  • 回線切り替えを行った日がQTモバイルの解約日となる
  • MNP予約番号の有効期限内(14日間)は「解約」「SIMカードサイズ変更」「SIMカード再発行」「プラン変更」の手続きが不可

さらにQTモバイルでは、通信回線や利用期間に応じて契約解除料が請求されます。またMNP転出手数料(税抜3,000円)が発生する点にも注意しましょう。

QTモバイルを解約もしくはMNP転出する際の違約金は?

画像:QTモバイル公式サイト(2020/6/22)

QTモバイルの契約解除料は、通信回線と利用期間によって異なります。

Dタイプ(ドコモ回線)の最低利用期間・違約金

Dタイプ(ドコモ回線)を利用していた人は、利用期間に応じて契約解除料が異なります。詳しい計算方法は、下記の通りです。

Dタイプ(ドコモ回線)の契約解除料

「12,000円-契約期間×1,000円」の契約解除料が発生します。

例①:利用開始月に解約する場合:12,000円の契約解除料が発生

例②:9か月目に解約する場合:3,000円の契約解除料が発生

例③:12か月目に解約する場合:契約解除料は発生しない

ポイントは「利用開始月を含む13か月目に解約した場合、契約解除料が発生しない」ことです。他の回線を利用している場合は13か月目まで契約解除料が発生します。

ドコモ回線のほうが、契約解除料の条件が良いことが分かります。ただしドコモ回線はSIMカードを返却する義務があったり、当月内の解約申請受付が25日までであったりと、制約もあります。

Aタイプ(au回線)の最低利用期間・違約金

Aタイプ(au回線)を利用していた人は、一律で契約解除料が決まっています。

Aタイプ(au回線)の契約解除料

  • 利用開始月を含む13カ月以内の解約:9,500円の契約解除料が発生
  • 利用開始月を含む14カ月以降の解約:契約解除料は発生しない

利用開始月を含む13か月目まで契約解除料が発生するので、最低1年以上の利用をしないとお得にMNP転出できません。

ただしau回線の場合、SIMカードの返却が不要というメリットもあります。

Sタイプ(ソフトバンク回線)の最低利用期間・違約金

Sタイプ(ソフトバンク回線)を利用していた人は、一律で契約解除料が決まっています。

Sタイプ(ソフトバンク回線)の契約解除料

  • 利用開始月を含む13カ月以内の解約:9,500円の契約解除料が発生
  • 利用開始月を含む14カ月以降の解約:契約解除料は発生しない

最低1年以上利用しないと、お得にMNP転出できません。

またSIMカードを返却する必要がある点もデメリットです。ただし当月内の解約申請受付が月末までと、ドコモ回線より受付期間が長いというメリットもあります。

Dタイプ(ドコモ回線)のデータSIMは契約解除料0円

QTモバイルのDタイプで「データSIM」または「SMS付きデータSIM」の利用を停止する場合、契約解除料は発生しません。

ただし「利用開始日の当月末日」まで最低利用期間が設けられている点だけ注意しましょう。

QTモバイル解約・MNP時の注意点・ポイント

下記では、QTモバイルから解約・MNP転出時に注意したいポイントについておさらいします。

①解約の締め切りは回線によって異なる

ドコモ回線利用者が解約を行う場合、”解約申請日”によって解約が完了するタイミングが異なります。

26日以降の解約は、解約申請日の翌月末が解約日となります。QTモバイルでドコモ回線を利用している人は、25日以前に解約申請を行いましょう。

Dタイプ(ドコモ回線)の解約締切日

  • 毎月25日までの解約申請→申請月の末日で解約が完了
  • 26日以降の解約申請→申請月の翌月末で解約が完了

AタイプおよびSタイプ(au回線またはソフトバンク回線)の解約締切日

  • 月末までに解約申請→解約申請の当月末で、解約が完了

②Dタイプ・SタイプはSIMカードの返却が必要

QTモバイルでドコモ回線およびソフトバンク回線の利用者は、SIMカードを返却する必要があります

解約完了したら、下記住所にSIMカードを郵送しましょう。

Dタイプ(ドコモ回線)のSIMカード返却先

〒143-0006
東京都大田区平和島3-6-1 東京団地倉庫A-2 棟 住友倉庫内
QTモバイル Dタイプ解約受付センター

【Sタイプ(ソフトバンク回線)のSIMカード返却先】

〒338-0824
埼玉県さいたま市桜区上大久保303-1
QTモバイルSタイプ物流センター SIM返却係

③MNP予約番号は指定のメールアドレスに送信される

QTモバイルからのMNP転出申請を行うと、ユーザー側が指定したメールアドレス宛に、QTモバイルがMNP予約番号を記載したメールを送信します。

「support@qtnet.ne.jp」からのメールを受信できるようにしておきましょう。MNP予約番号が発行されるタイミングは、下記の通りです。

MNP予約番号が発行されるタイミング

  • Dタイプ:お電話での手続き後の4営業日以降
  • Aタイプ:お電話での手続き後の翌営業日以降
  • Sタイプ:お電話での手続き後の4営業日以降

【まとめ】QTモバイルを解約orMNPする時は条件や違約金を要チェック!解約やMNP自体は簡単です

QTモバイルの解約はMNP転出は、お客様センターへ電話するだけで簡単に完了します。

通信キャリアを乗り換える時は「キャリアショップへ出向く必要がある」「手続きに時間がかかる」といったイメージがある人も少なくないでしょう。
しかしQTモバイルなら、電話するだけで簡単に解約・MNP転出手続きを行えます。

ただしMNP転出にはMNP転出手数料(税別3,000円)が発生します。また契約期間が1年以内だと、契約解除料も発生します

MNP転出手数料は避けようがありませんが、契約解除料は1年以上の利用で免除されえます。できれば1年以上はQTモバイルを継続利用した方が良いでしょう。

「それでもすぐにQTモバイルから乗り換えたい」という人は、乗り換え先の格安SIMが開催しているキャンペーンを利用するのも良いでしょう。期間限定のお得なキャンペーンを活用して乗り換えれば、例えQTモバイルで契約解除料を支払っても、それ以上にお得に格安SIMを契約できる場合も珍しくありません。

自分が乗り換えたいと思った格安SIMを見つけたときは、積極的にMNP転出を活用してみてはいかがでしょうか。

QTモバイル公式サイトはこちら

トム-D

この記事の著者
トム-D

ガジェット・スマホ・家電などが大好きなライターです。
格安SIM歴はIIJmio→LINEモバイル→BIGLOBEモバイル。日常生活ではカウントフリー・オプションをフル活用してます。
最近は楽天モバイルの自社回線プランとドコモの5G対応ルーターに興味あり。

arrow_upward