menu
search

nuroモバイルに乗り換える方法は?注意点や費用、MNP予約番号発行方法まで詳しく解説!お得なキャンペーン情報も

格安SIMに乗り換えを考えて、ちょっと調べたけどなんだか解らない知らない単語が並んでいて難しそう・・・。使える端末と使えない端末?なにそれ?

敷居が高く感じるのは、格安SIMの事を気軽に相談できるお店が少ないからかもしれません。でも、番号をそのままで格安SIMに乗り換えるのは誰でも簡単に出来ます!聞きなれない言葉については丁寧に解説します。

nuroモバイルはdocomo・au・SoftBankの3大キャリアの回線、全てを取りそろえたMVNO(格安SIM)です。今使っているスマートフォンを、そのまま使うことが原則可能です!nuroモバイルに乗り換える手順をご紹介します。文中の価格は特に表記が無い限り全て税抜価格です。

nuroモバイル公式サイトはこちら

この記事の目次

nuroモバイル乗り換えにかかる費用

引用元:公式サイトhttps://mobile.nuro.jp/(2020/06/02現在)

乗り換え(MNP)には手数料が必要!

nuroモバイルに乗り換える時にかかる費用は以下の通りです。

  • MNP転出手数料-乗り換え前の通信会社への支払い
  • 違約金-乗り換え前の通信会社への支払い
  • 初期費用-nuroモバイルへの支払い

MNP転出手数料

MNPを使って番号を持って通信会社を移るときに、元々契約していた通信会社に支払う事務手数料として存在しているのが、MNP転出手数料です。

MNPとは、Mobile Number Portabilityの頭文字で、日本語に直訳すれば、「携帯電話番号を携帯して」という意味です。

これは、自分の使っている電話番号を変えることなく、別の通信会社に移動できる事を言います。

携帯電話の番号は、友人知人に伝えてあるだけではなく、色々な登録にも使われています。この番号を変えてしまうと、色々な人に電話番号が変わる旨を伝える必要がありますし、何に登録してあるのか完全に把握している人はいません。

一昔前は、通信会社を変えると強制的に番号が変わりました。それが嫌で、ユーザーは通信会社を事実上変われない状況が続いていたのです。

携帯電話の料金が高止まりしている原因は、ユーザーの流動性が無いからだと考えた国の指導でMNPが始まり、電話番号を変えることなく通信会社を移動することが可能になった経緯があります。

主な会社のMNP転出手数料です。

  • docomo(2019年9月までの契約) 2,000円
  • docomo(2019年10月からの契約) 3,000円
  • au 3,000円
  • SoftBank 3,000円
  • Y!mobile 3,000円

現在契約中の通信会社が上記に無い場合は、HPをご覧になるか、契約中の会社にお問い合わせください。

使ってるキャリアや期間によっては解約に対する違約金が発生することも

2019年10月以降は、法律によって違約金が1,000円以内に定められました。しかし、これには例外規定があり、100万人以下のユーザー数の通信会社には適用されません

また、2019年9月末以前の契約については、上記法律の対象外で適用されません。2年縛りと限定された解約月の制度は、依然として生きています。

解約月とは、2年に一度訪れる無料で解約出来る月のことです。この月を逃すと、自動的に新たな2年契約が結ばれます。

画像:excite

2019年9月末以前の契約は、解約月以外の解約は違約金が9,500円(最大で12000円)かかる事が多いです。

上記対象期間に契約された方は、契約内容と解約月を確認してください

3大キャリアと契約中の方は、マイページから簡単に確認出来ます。

  • ドコモ → My docomo
  • au → My au
  • ソフトバンク → My SoftBank

乗り換えるには、タイミングが大切です

  • 3大キャリアの場合、契約2年後の解約月と呼ばれる月の前後3ヶ月
  • MVNO系の通話系プラン場合、26ヶ月目の1ヶ月間など、制約ある限定の月(解約月)

MVNO(格安SIM)では2019年9月以前の契約でも、解約違約金を設けていないプランが多くあります。しかし音声通話付きSIMの場合は、多くの会社で1年以内の解約については、違約金を設けています

違約金金額は、1年以内一律の場合と、経過月により変動する場合があり各社で差があります。どの通信会社も1年を超える契約の場合に、違約金はかかりません。

契約時に端末を同時購入している方・機種変更されている方は、経過月によって違約金がかかる場合があります。通信会社や端末の金額・受けた特典によって金額は変わりますのでご注意ください。

違約金は通信会社やプラン・経過期間によっても異なります。現在契約中の会社へご確認ください。

一部キャリアの一部プランでは、2019年9月13日以降は違約金が無い事もあります。(SoftBank)

現在支払っている金額が、どれだけ安くなるのか?違約金と比較して検討する必要がありますね。出来れば解約月に乗り換えるのがベストです。

nuroモバイルに対する登録事務手数料とSIMカード準備料が必要

登録事務手数料3,000円+SIMカード準備料400が初期費用としてかかかります。

最低利用期間内解約金

MNPでの乗り換えは音声プランでの契約になります。

音声通話プランの、サービス開始後1年以内の解約は解約金がかかります

期間によって金額は変動します。

1ヶ月目 2ヶ月目 3ヶ月目 4ヶ月目 5ヶ月目 6ヶ月目
12,000円 11,000円 10,000円 9,000円 8,000円 7,000円
7ヶ月目 8ヶ月目 9ヶ月目 10ヶ月目 11ヶ月目 12ヶ月目
6,000円 5,000円 4,000円 3,000円 2,000円 1,000円

利用開始日の翌月を1ヶ月目は、解約金は12,000円かかります。

以降は1ヶ月ごとに1,000円減っていき、13ヶ月目以降は無料です。

お試しプランは、音声通話プランも例外で解約違約金はありません

nuroモバイルへの乗り換え手順

nuroモバイルの料金プランです。

どのプランで、どの回線を使用するのか決めておきましょう。

今お使いの端末を使うなら、同じ回線を選ぶ事で大半のトラブルは防ぐことが出来ます

docomo回線 au回線 Softbank回線
お試し(0.2GB) 1,000円 1,200円 1,200円
S(2GB) 1,400円 1,480円 1,680円
M(7GB) 2,200円 2,800円 2,800円
L(13GB) 3,400円 3,680円 3,680円

お試しプランは、nuroモバイルのチャレンジです。

  • 最低利用期間無し
  • 解約期訳金無し
  • プラン変更可能

データ専用プランだと月額300円・通話プランでも月額1,000円から利用できます。

最低利用期間・違約金が無いということは、いつ解約・MNP転出してもOKということです。

「どうぞ、試しに使ってみてください」なので「お試し」プランです。

お試しプランですが、期間の設定は特にないので長期利用も可能です。

現在使っている端末購入キャリアの回線を選ぶことで、大半は使えますが、注意が必要なのはauです。

au回線は、au VoLTE非対応端末の使用が出来ません。2017年7月31日以前にauから発売されたau VoLTE対応端末は、SIMロック解除が必須です。

SIMロックの解除は簡単に出来ます。今後のことを考えても、SIMロック解除するデメリットはありません。

SIMロックというのは、販売先が自社以外の会社で使えなくしている縛りです。SIMロック解除することで、その縛りから解放されます。

SIMロック解除の方法とかかる費用

SIMロック解除は、docomo・au・SoftBankともに店頭で手続き可能です。この場合は費用が3,000円かかります。

WEBで手続きすれば無料です。

au・SoftBankを解約・MNP転出後には、店頭でしか出来なくなります。

あらかじめWEB上で、SIMロック解除をしておくことをオススメします。

SIMロック解除手続きは以下から行えます。

乗り換え前にはこちらを用意!

nuroモバイルに乗り換える前の準備に必要なものです。

  • MNP転出予約番号
  • クレジットカード
  • 本人確認書類(運転免許証・パスポート・マイナンバーカード等の顔写真付きの物)

au販売機種を使う場合は、上記のSIMロック解除が必要な機種は解除しておいてください。

①現在使っているキャリアでMNP手続きをし、番号を発行する

番号を変えずに乗り換える場合には、契約中の通信会社に連絡してMNP転出予約番号を受け取る必要があります。

MNP転出予約番号は15日間という期限があります。nuroモバイルは10日間以上の有効期限が残っていない場合、乗り換え申し込みが受け付けられません。なるべく早い手続きが必要です。

有効期限を経過後はMNP転出予約番号が無効になります。その場合は、自動的に現在の契約プランが続行されます。結果、MNP転出手数料はかかりません。何も無かったことになるわけです。

どの会社でもMNP転出予約番号の発行方法は大半が同じです。

ショップ・オンライン・電話の3通りの方法があります。

ショップに行ったら、MNP予約番号が欲しい旨を伝えて下さい。オンラインの場合も下記にある手順で出来ます。(docomo以外オンラインで出来るのは、ガラケー解約のみです)

オススメするのは電話でのMNP転出予約番号取得です。手間も時間も一番かかりません。

音声ガイダンスに従って、オペレーターに電話が繋がったら、本人確認の為の情報提供を求められます。確認がとれたら「MNP予約番号の発行をお願いします」と告げてください。(SoftBankの場合は契約時の暗証番号を求められます。解らない場合は放置しておくと、自動的にオペレーターに繋がります)

契約年数などで個別にオファー提示を受けることもあります。内容を吟味した上で判断してください。最終的に自分にとって、どちらがメリットがあるのか?お考えください。

最終的な意思を確認すると、MNP転出予約番号(10桁の数字)が発行されます。口頭で伝えられるのを、念のためメモしても良いですが、電話を切った後に契約中のスマートフォンにSMS(ショートメッセージ)で送られてきます。これで電話での一連の作業は完了です。

docomoの場合

ご利用方法 MNP予約受付窓口 受付時間
携帯電話 151 9:00~20:00
一般電話 0120-800-000
パソコン My docomoより「各種お申し込み・お手続き」をご選択ください。 9:00~21:3

auの場合

ご利用方法 MNP予約受付窓口 受付時間
携帯電話/一般電話 0077-75470 9:00~20:00
EZWeb トップより「auお客さまサポート」をご選択ください。
その後「申し込む/変更する」をご選択ください。
9:00~21:30

SoftBankの場合

ご利用方法 MNP予約受付窓口 受付時間
携帯電話/一般電話 0800-100-5533 9:00~20:00
Yahoo!ケータイ トップより「My SoftBank」をご選択ください。
その後「各種変更手続き」をご選択ください。
9:00~21:30

②nuroモバイル公式お申し込みサイトへアクセス

nuroモバイルお申し込みページにアクセスしてください。

③回線・プラン等の選択

回線を選択します。

SIMカードだけを購入するか、端末の同時購入かを選びます。

SIMカードのみの契約時には、使う機種に合致したサイズを選択してください。最近の機種の多くはnanoSIMです。

契約タイプはMNPの場合、音声通話付きを選択してください。

「10分間かけ放題オプション」(月額800円)

10分かけ放題オプションをつけた通話料 10分まで無料 10分以降10円30秒
10分かけ放題オプションの月額料 800円

「10分かけ放題オプション」は月額800円です。

通話には、専用アプリ「nuroモバイルでんわ」を利用する必要があります。

この専用アプリの使用は無料・申し込み不要です。アプリを使用した通話は10円/30秒になります。

アプリを使用しない通話は20円/30秒になります。

アプリをインストールして使う時に、電話帳へのアクセス許可を出せば、現在使っている電話番号・連絡先が使えます。

アプリを使用しないで、プレフィックス番号を頭に付けて電話をかけても、割引料金が適用されます。プレフィックス番号は「0037-692」です

電話番号の引き継ぎ

「電話番号の引き継ぎ」という項目があります。「現在の電話番号を引き継ぐ(MNP)」を選択してください。

対象の電話番号MNP予約番号・有効期限を正しく入力してください。

「ご自身でMNP手続きが不安な方は」の項目で、MNP手続き済みのSIMカードを受け取る選択肢が出てきます。

確かに手間は無くなりますが、新旧どちらの回線も使えない期間が出来てしまいます。数日くらい電話が全く使えなくても大丈夫!という方以外は、SIM受け取り後に自宅でMNPを行うを選択してください。

確認画面

全ての入力が完了したら、最後に内容確認画面が表示されます。確認の上で完了してください。

④開通手続き

MNP手続き済みのSIMカードを受け取るを選択した方は必要ありません。

それ以外の方は、荷物が届いても旧回線が継続して使えます。

nuroモバイルの回線に切り替える作業が必要になります。

開通手続きは、nuroモバイルから送られてきた荷物に同梱されているマニュアルをご覧下さい。

⑤nuroモバイル販売機種ならAPN(ネットワーク)設定は必要無し

nuroモバイルが販売した機種は、SIMを刺すだけですぐに使えます

他で購入したり、自前の機種を使う場合は、APN設定が必要になります。

APN設定はAndroid・iPhone共に公式の動画ページをご覧下さい。

nuroモバイル公式サイトはこちら

 nuroモバイルに乗り換えなら今!お得なキャンペーン

どのプランを選んでも3ヶ月間100円というキャンペーンは、大容量プランを選択した場合1万円以上お得になります。

3ヶ月100円ぽっきりキャンペーン

引用元:公式サイトhttps://mobile.nuro.jp/campaign/(2020/06/02現在)

し込み当月は無料・2ヶ月目から4ヶ月目までは、どのプランも月額100円です。

回線 プラン 1ヶ月目 2-4ヶ月目 5ヶ月目以降
docomo Sプラン(2GB) 0円 100円 1,400円
Mプラン(7GB) 0円 100円 2,200円
Lプラン(13GB) 0円 100円 3,400円
au Sプラン(2GB) 0円 100円 1,480円
Mプラン(7GB) 0円 100円 2,800円
Lプラン(13GB) 0円 100円 3,680円
SoftBank Sプラン(2GB) 0円 100円 1,680円
Mプラン(7GB) 0円 100円 2,800円
Lプラン(13GB) 0円 100円 3,680円

適用には以下の条件があります。

  • 音声通話付きプランに、新規またはMNPで申し込み
  • 特典期間中は申し込み時のデータ容量を下回るプランに変更しない

大きな容量プランに変更することは可能ですが、割引額は変わりません

たとえば、2GBで契約して特典期間中に7GBに変更した場合は、2GBの割引額が1,300円ですから、7GBの通常価格2,200円から1,300円割引した900円になります。100円ではなくなるので注意が必要です。

Lプランなら、3ヶ月で1万円以上のキャッシュバックと同じお得になります。

nuroモバイル契約ならエントリーパッケージ購入がお得なことも!

nuroモバイルではエントリーパッケージを販売しています。

エントリーパッケージとは

購入することで、登録事務手数料3000円が無料になります

エントリーパッケージはどこで買える?

Amazonで販売しています。500円程度です。

エントリーパッケージからの契約方法

通常の契約画面には、エントリーパッケージのコード入力画面は出てきません。

パッケージに記載のURLから申し込みとなります

エントリーパッケージからの契約の注意点

通常の申し込み画面から、申し込まない様にしてください

nuroモバイルに乗り換えに関するFAQ

nuroモバイルのよくある質問をまとめました。

最低利用期間(縛り)はある?

12ヶ月の最低利用期間があります。

期間によって金額は変動します。

1ヶ月目 2ヶ月目 3ヶ月目 4ヶ月目 5ヶ月目 6ヶ月目
12,000円 11,000円 10,000円 9,000円 8,000円 7,000円
7ヶ月目 8ヶ月目 9ヶ月目 10ヶ月目 11ヶ月目 12ヶ月目
6,000円 5,000円 4,000円 3,000円 2,000円 1,000円

1ヶ月目は、解約金は12,000円かかります。

端末はnuroモバイルでも買える?

購入出来ます。

支払い方法を教えてください

契約者本人名義のクレジットカードのみです。

使えるクレジットカードを教えてください

VISA、Master、JCB、Dinersの4ブランドで、国内発行のクレジットカードが使えます。

領収書の発行はしてますか?

ご利用明細および領収書の発行はしてません

【まとめ】nuroモバイルへの乗り換えは超簡単!通信費を安くお得にする第一歩を踏み出そう

派手さは無いですが、初めての格安SIMへの移行にnuroモバイルはオススメの一社です。

一つ目はお試しプランで、格安SIMがどんな繋がり方なのか?自分の端末でちゃんと繋がるのか?初めての不安を実際に試してみることが出来ます。

二つ目は利用開始月の基本料金が無料のキャンペーンです。目一杯のデータ量を契約しても月に100円で三か月間使えます。実際に自分がどれくらいのデータ量を消費しているのか?じっくり試すことが出来ます。

三つ目は3大キャリアの回線プランがあることです。同じ回線を格安SIMで使用する事で、手持ちの端末を有効に手間無く、使える可能性が高い事です。

やってみると乗り換えは簡単です。この機会に一歩踏み出して、格安SIMへ乗り換えてみませんか?

nuroモバイル公式サイトはこちら

arrow_upward