menu
search

NifMo(ニフモ)で使える端末・使えない端末は?おすすめ端末や料金などについて徹底解説

大手インターネットプロバイダの@niftyが提供する格安SIMのニフモ。

知名度があり、大手キャリアから乗り換えを検討している人も多いと聞きます。その際に気になるのが、今使っているスマホがそのままニフモでも使えるか、ということ。

機種変更となると、データの移行やアプリの再インストールなど、面倒な作業が多いので、できたら今のスマホをそのまま使いたいですよね。

そこで、この記事ではニフモで使えるスマホ・使えないスマホを詳しく解説していきます。さらに、ニフモで買えるスマホの中から、おすすめの機種も紹介するので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

先に結論をお伝えすると、ニフモはドコモ回線を使ったサービスなので、ドコモのスマホならそのまま使える可能性が高いです。au、ソフトバンクについては少し注意が必要です。

ニフモ公式サイトはこちら

ニフモで使える持ち込み端末は?

引用元:https://nifmo.nifty.com/(2020/05/28現在)

ニフモはドコモ回線を使ったサービスなので、基本的にはドコモと同じエリアで通信できます。

ニフモで契約するときは、以下の3パターンのうち、いずれかの方法でスマホを用意する必要があります。

  • 大手キャリアで買ったスマホをそのまま使う
  • SIMフリースマホを買う
  • ニフモの契約とセットでスマホを買う

ちなみに、ニフモは独自の調査で通信が確認できたスマホを動作確認済み端末一覧で公開しています。頻繁に更新しているので、まずはこちらの一覧に使いたいスマホがあるか、確認することをおすすめします。

①大手キャリアで買ったスマホ

大手キャリアからの移行の場合、今使っているスマホをそのまま使いたい人も多いはず。

ドコモのスマホについては、原則、そのまま使えると思って問題ないでしょう。しかし、auとソフトバンクについては、少し注意が必要です。

au、ソフトバンクのAndroidスマホは動作保証外

ニフモはauとソフトバンクのスマホに関しては、以下のように明記しています。

  • au、SoftbankのiPhone(6S/6S Plus以降)はSIMロック解除をすれば、NifMoでご利用いただけます
  • Android端末は、NTTドコモの対応周波数帯のすべてに対応していない場合が多く、SIMロック解除をしてもNifMoでは正常に利用できない可能性があります
    ※NifMoでは、現在au、SoftBank端末の動作確認は行っておりません

引用元:https://nifmo.nifty.com/

auとソフトバンクは6s以降のiPhoneであれば、SIMロック解除をすれば使えますが、Androidは動作確認をしていません。

上の引用文では周波数のことに触れていますが、逆に言えば、周波数さえ対応していれば、Androidスマホでも使えます

②自分で購入したSIMフリー端末

ニフモはSIMフリーのスマホであれば、問題なく使えます。

例えばAppleストアでSIMフリーのiPhoneを買ったり、中古ショップやフリマアプリなどで、中古で安いスマホを買って持ち込むのもいいですね。

③ニフモで販売されている端末

ニフモでは契約とセットでスマホを買うことができます。セットで販売されているスマホなら安心して使えますね。

ニフモでは低価格なスマホを多数扱っているので、安くてそこそこなスマホが使いたい人におすすめできます。この記事の最後には、特におすすめしたい機種を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

au、ソフトバンクのスマホはSIMロック解除が必要

先にもお伝えしたとおり、au、ソフトバンクで買ったスマホをニフモで使う場合は、SIMロック解除が必要です。

SIMロック解除をすると、ニフモで使えるようになるだけでなく、あらゆる回線が使えるようになるので、例えば、海外旅行の際にスマホを持参して、現地のSIMカードを使って通信することもできます。

スマホの活躍の幅が広がるので、大手キャリアからの乗り換えの際は、ドコモのスマホを使っている人を含めてSIMロック解除をすることをおすすめします。

 SIMロック解除とは

大手キャリアで販売されているスマホには、その会社以外のSIMカードでは通信ができないようにロックがかかっています。これをSIMロックと言います。

しかし、SIMロックがかかっているとユーザーは携帯会社を気軽に乗り換えられません。そこで、2015年以降に大手キャリアから発売されたスマホは、ユーザーが希望すればSIMロックを解除できるようになりました。

大手各社のSIMロック解除の条件

ただし、無条件でSIMロックを解除してしまうと、短期間でスマホを転売するような行為が増える恐れがあるので、大手キャリアでは以下の共通の条件の下で、SIMロック解除を認めています。

  • ネットワーク利用制限中でないこと
  • 購入から100日以上経過した端末
  • 一括での購入なら100日以内でも解除OK
  • 分割でも毎月の支払いがクレジットカード払いなら即日で解除OK
  • 過去に同一回線でSIMロック解除の実績がある場合は、前回解除日から100日以上経過していれば、即日で解除OK

ポイントは購入から100日以上経過しているかどうか、という点です。多くの人はすでに100日(3ヶ月強)は経っていると思うので、そこまで気にするような条件でもありません。

また分割で支払っている最中でもSIMロック解除はできますし、すでに大手キャリアを解約している人でも、購入元で手続きできます。

SIMロック解除は自分でWebから行うか、ショップに持ち込んで行います。以下ではキャリア独自の条件などをまとめています。

キャリア 独自の条件、注意事項
ドコモ ・2011年4月〜2015年4月に発売された製品はドコモショップでのみ受付

My docomoなら24時間受付

au ・2015年4月23日以降に発売された対応機種

・My auでの手続きは9:00〜21:30

ソフトバンク ・2015年5月以降に発売された対応機種

・My SoftBankでの手続きは9:00〜21:00

・契約なしの場合(解約済み、中古購入、譲渡品など)は、ソフトバンクショップでのみ受付
(2019年9月13日以降に契約して、既に解約済の場合はMy SoftBankからでも解除可能)

自分でやる?それとも店頭でやってもらう?

「ロック解除」なんて言葉を聞くと不安になる人もいるかもしれませんが、せっかくなので自分でやってみることをおすすめします

Webから行う場合 店頭で依頼する場合
費用 0円 3,000円
必要なもの ・解除する携帯電話

・各社のMyアカウント

・暗証番号、パスワード

・機種契約番号(ソフトバンク)

・IMEI情報

・解除する携帯電話

・本人確認書類

・暗証番号・パスワード

・手数料(3,000円)

メリット ・事務手数料が無料

・自宅から簡単にできる

・来店予約も不要

・手続きを任せられて安心

自分で行えば手数料の3,000円がかかりませんし、受付時間内であれば好きなタイミングで手続きできます。ショップのような待ち時間もありません。

各キャリアの公式サイトにログインして、以下の手順で手続きしてください。10分もあれば終わる簡単なものです。

  • ドコモ:My docomoにログイン>「サービス一覧」>「SIMロック解除」
  • au:My auにログイン>「SIMロック解除のお手続き」を選択
  • ソフトバンク:My SoftBankにログイン>メニューの「契約・オプション管理」>「SIMロック解除手続き」

ニフモ公式サイトはこちら

ニフモで使えない端末

上の説明と重なる部分もありますが、ニフモで使えない(可能性がある)スマホも確認しておきましょう。 ニフモで注意したい端末は以下のとおり。

  • 4s以前のiPhone(au、ソフトバンク版は6以前)
  • au、ソフトバンクのAndroidスマホ
  • ガラケー

①4s以前のiPhone(au、ソフトバンク版は6以前)

ドコモで買ったiPhoneは、iPhone 5までしか動作確認がされていません。一般的な話になりますが、古めのiPhoneを格安SIMで使うと、アンテナピクトが表示されないなど、使用に制限が出ることがあります。

また、auとソフトバンクのiPhoneはiPhone 6以前のものは使えません。ニフモで使う場合はSIMロック解除が必須ですが、2015年以前に発売されたiPhoneはSIMロック解除ができません。

②au、ソフトバンクのAndroidスマホ

ニフモではauとソフトバンクのAndroidスマホの動作確認を行っていません。SIMロック解除をすれば使える可能性は非常に高いですが、ニフモ公式の保証はありません。

ちなみに、ドコモの電波の周波数帯域は以下のとおりなので、スマホがバンドに対応していればSIMロック解除すれば使える可能性は高いです。

  • 4G回線…Band1、3、19、21、28
  • 3G回線…Band1、6、19

とくに4G回線のBand19はドコモのプラチナバンド(全国の広範囲をカバー)なので、対応は必須です。

③ガラケー

ガラケーについては、ニフモ公式の見解がないので、使えないと思っておいた方が良いでしょう。

しかし、厳密に言うと使えないとは言い切れません。ニフモのドコモ回線は3G回線にも接続できるので、ガラケーの音声通話(FOMA)に対応している可能性はあります。

しかし仮に使えたとしても、ガラケーではデータ通信ができないなど、あえてガラケーを使うメリットがないので、ニフモを検討している人はスマホの購入を検討してください。

ニフモを契約するときは端末のSIMカードの大きさを要チェック!

ニフモを契約するときは、使いたいスマホのSIMカードのサイズを確認しておきましょう。スマホからSIMカードを取り出して調べるか、動作確認済み端末一覧でも確認できます。

現在、日本で使われているSIMカードは以下の3種類があります。

  • nanoSIM…12.3mm×8.8mm
  • microSIM…15mm×12mm
  • 標準SIM…25mm×15mm

nanoSIM

最も一般的に使われているのがnanoSIM(ナノシム)です。iPhoneでは2012年に発売のiPhone 5以降で、Androidスマホでも2010年代中頃から発売されたもので採用されています。

microSIM

nanoSIMの一世代前に利用されていたのがmicroSIM(マイクロシム)で、iPhoneだと4sと4で使われています。ニフモの動作確認済み端末一覧の中では、ASUS ZenFone™ 3(2016)、HUAWEI GR5(2016)などで使われています。

標準SIM

日本でスマホが普及し始めた2010年前後にメインで使われていたのが標準SIMです。今後発売されるスマホで使われることはないですが、iPhone 3GS、GALAXY S II LTE(2011)などで使われています。

ニフモで提供されているSIMカード

ニフモは申込みの際に、3つのサイズからSIMカードを選びます。しかし、現在ニフモは、順次マルチSIMへの移行を進めています。

マルチSIMとは1枚の台紙から、ユーザーが好きなサイズに切り取って使えるSIMカードです

(写真はマルチSIMのイメージです。ニフモのSIMカードではありません。)

ニフモで販売されているオススメスマホ

やっぱり不安だから、ニフモでセットのスマホを買いたい!という人に向けて、ニフモで買えるスマホの中から「カメラ重視」「価格重視」でおすすめのスマホを2つずつ紹介します。ぜひ、購入の参考にしてください。

カメラ重視の端末ならこれがおすすめ2選

最近のスマホのカメラは大きく進化しています。特にAIがシーンを自動で判別して、誰でも美しい写真が撮れるようになったのが特徴的です。今回、カメラの性能を重視して選んだスマホは以下の2機種です。

  • ASUS ZenFone 6
  • HUAWEI nova 5T

①ASUS ZenFone 6

引用元:https://nifmo.nifty.com/(2020/05/28現在)

  • 価格:68,889円
  • ディスプレイサイズ:6.4インチ
  • RAM 6GB / ROM 128GB
  • アウトカメラ:4,800万画素+1,300万画素
  • インカメラ:同上(フリップカメラ)

スマホのカメラの常識を変えるフリップカメラを搭載していて、カメラ部分が180°展開することで、アウトカメラでセルフィー撮影ができます

4,800万画素のメインカメラ、1,300万画素の広角カメラでは125°の超広角撮影ができます。夜景モードや、動画撮影時に動くものを自動で追いかけてくれるモーショントラッキング機能などもあります。

②HUAWEI nova 5T

引用元:https://nifmo.nifty.com/(2020/05/28現在)

  • 価格:51,500円
  • ディスプレイサイズ:6.26インチ
  • RAM 8GB / ROM 128GB
  • アウトカメラ:4,800万画素 (メイン)+1,600万画素(超広角)+200万画素(被写界深度測位)+200万画素(マクロ)
  • インカメラ:3,200万画素

4つのカメラを搭載していて、広大な風景から接写まで対応できます。ポートレートモードではHUAWEI のリアルタイム処理機能によって、プロが撮影したような美しい写真が撮れます。

セルフィーも高画質なカメラとAIテクノロジーによって、ナチュラルで個性が際立つ写真に仕上げてくれます。RAMが8GBもあるので、複数のアプリを立ち上げても動作は快適です。

価格重視の端末ならこれがおすすめ2選

せっかく格安SIMにするならスマホも安い方がいい!という人には以下の2機種がおすすめ。価格は安いですが、普段使いで活躍してくれること間違いありません。

  • HUAWEI P30 lite
  • OPPO A5 2020

①HUAWEI P30 lite

引用元:https://nifmo.nifty.com/(2020/05/28現在)

  • 価格:29,800円
  • ディスプレイサイズ:6.15インチ
  • RAM 4GB / ROM 64GB
  • アウトカメラ:2,400万画素 (メイン)+800万画素(超広角)+200万画素(被写界深度測位)
  • インカメラ:2,400万画素

30,000円以下ながら、3つのカメラを搭載しています。独自のAI機能がアウトカメラは22種類、インカメラは8種類のシーンをリアルタイムで認識して、撮影をサポートしてくれます。

6.15インチのフルHD+ディスプレイで画面いっぱいに動画や写真を楽しめます。

②OPPO A5 2020

引用元:https://nifmo.nifty.com/(2020/05/28現在)

  • 価格:26,800円
  • ディスプレイサイズ:6.5インチ
  • RAM 4GB / ROM 64GB
  • アウトカメラ:1,200万画素 (メイン)+800万画素(超広角)+200万画素(ポートレート)×2
  • インカメラ:1,600万画素

OPPOのA5 2020は、なんと2万円以下で4つのカメラを搭載しています。美しいグラデーションの外観で、大画面ながら手に馴染みやすいボディ。

デュアルSIMに対応しているので、2枚のSIMカードを入れて通信できます。例えば大手キャリアのSIMとニフモのデータ通信SIMを入れて通信するというような使い方もできます。

バッテリーは大容量の5,000mAh。もうモバイルバッテリーを持ち歩く必要はありませんね。

【まとめ】ニフモはSIMロック解除をして使うのがおすすめ

ニフモで使えるスマホ・使えないスマホを解説してきました。最後にこの記事のポイントを整理しておきます。

  • ニフモはドコモ回線なので、ドコモのスマホならそのまま使える可能性大
  • auとソフトバンクのスマホはSIMロック解除が必須
  • auとソフトバンクのAndroidスマホは動作保証外。しかしSIMロック解除と対応バンド次第では使える

ニフモはau、ソフトバンクのAndroidスマホの動作確認ができていませんが、SIMロックを解除すれば、基本的に使えると考えてよさそうです。もしも不安な場合は、ニフモでお手軽に購入できるSIMフリースマホを買ってもいいでしょう。

ニフモ公式サイトはこちら

arrow_upward