menu
search

LINEモバイルはデメリットが多い?LINEモバイルを実際に使ったメリット・デメリットを徹底解説

「LINEモバイルを契約しようか迷っているけど、本当に乗り換えても大丈夫か心配」

「LINEモバイルを利用するデメリットを知りたい」

このように考えている人も多いのではないでしょうか。

筆者自身はLINEモバイルを1年程度利用していて、LINEモバイルの長所・短所ともに見つつ利用しています。この記事では、LINEモバイルを使ってよかったメリット・利用する前に知っておきたいデメリットを紹介していきます。

LINEモバイル公式サイト

この記事の目次

LINEモバイルとはどんな会社?デメリットをまるっと解説

LINEモバイルはモバイル端末向け通信サービスを提供している「格安SIM」です。

LINEをはじめとするSNSが使い放題になる「カウントフリー・オプション」に対応しているのが大きな特徴です。

スマホをLINEモバイルに持ち込み利用する場合、SIMロックを解除する必要があります。SIMロックは同じキャリア同士であれば解除せずに利用できますが、一部端末では同回線でもSIMロックを解除しないと通信できないことがあります。

LINEモバイルと大手キャリアを比較!LINEモバイルのデメリット

まずは私がLINEモバイル契約前に感じたLINEモバイルのデメリットについて紹介します。

LINEモバイルのデメリット①:取り扱い店舗が少ない

引用元:https://mobile.line.me/(2020/08/06現在)

まず1つ目が、LINEモバイル取り扱い店舗の少なさです。

私は地方在住ですが、最寄りのLINEモバイル取扱店までは自動車で30分以上かかります。またLINEモバイルを取り扱っているのは家電量販店や携帯ショップなので、販売しているスタッフの方がLINEモバイルに精通しているか不安になることがあります。

LINEモバイル取扱店が近くにあったとしても、不具合の相談やプラン変更などは店頭では受け付けていません。

LINEモバイルで不具合が合った場合は「LINEで相談」「メールで相談」「電話で相談」しかサポートがないので、大手キャリアと異なり実店舗が少なくサポート体制も弱いのはデメリットだと感じました。

一方で、LINEやメールでの相談は「後で見返せる」というメリットもあります。人によっては、店頭で直接話しを聞くよりも、こちらのほうが分かりやすいかもしれません。

LINEモバイルのデメリット②:キャリアメールが利用できない

LINEモバイルでは「@docomo.ne.jp」などのキャリアメールが利用できません

ドコモからLINEモバイルに乗り換えるときは、ドコモのメールアドレスが無くなることを覚悟しなければなりません。キャリアメールはキャリアと通信契約を結んでいないと利用できないので、LINEモバイルに乗り換えてドコモを解約すると、ドコモメールは利用できなくなりました。

しかし、最近はもっぱらフリーメール(Gメール)を利用していたので、そこまで大きなデメリットとも感じませんでした。また、ドコモを解約する前に、ローカルにメールデータをダウンロードして保存しておいたので、メールの内容は閲覧することができます。

LINEモバイル公式サイト

実際に使って分かったLINEモバイルのデメリット

私が実際にLINEモバイルを使用中に感じた不満点を紹介します。

実際に感じたLINEモバイルのデメリット①:通信速度が速くない

格安SIMは大手通信キャリアから回線の一部を借りてサービスを提供しているので、インターネットへのアクセスが集中する平日お昼時間帯では、通信速度がかなり低くなります。

私は速度制限があることを知っていてLINEモバイルに乗り換えましたが、やはりお昼の休憩時間にスマホを利用しにくいのは不便でした。

例えばTwitterを開く場合、テキストは表示されるものの、アイコンの画像やツイートに添付されている画像は表示に時間がかかりました。

Google検索を利用しても、検索開始から結果の表示まで(体感ですが)5秒以上かかることも珍しくありませんでした。

一方で希望の光は、LINEモバイルが定期的に行っているネットワーク増強工事です。

引用元:https://mobile.line.me/(2020/08/06現在)

利用者数と回線の混み具合のバランスを見ながら、なるべく快適に使えるように回線の増強を行っています。

実際に感じたLINEモバイルのデメリット②:サポート体制が良くない

LINEモバイルは店頭での修理対応を行っていないので、不具合があった場合はチャットサポートに問い合わせる必要があります。

引用元:https://mobile.line.me/(2020/08/06現在)

私はLINEモバイルを利用中に不具合を感じたことはなかったので、サポート体制の有無はあまり気になりませんでした。

しかしインターネットでの契約に不安を覚えている人にとっては、対面でのサポートを受けられる場が欲しいだろうなと感じています。

しかし、これからはWebなどのオンラインのサポートが一般化すると思われるので、早めに慣れておいた方がいいですね。

実際に感じたLINEモバイルのデメリット③:SIMロック解除が必要なこともある

LINEモバイルはドコモ・au・ソフトバンク回線に対応した格安SIMです。

ただ、各キャリアで購入したスマートフォンをLINEモバイルで利用する場合はSIMロック解除が必要です。

購入したキャリアとは別の通信回線を利用する場合にSIMロック解除が必要だと理解している人は多いですが、実は同じキャリア回線でもSIMロック解除が必要なケースがあります。

現在利用しているスマホをLINEモバイルでも利用できるか不安な人は、LINEモバイルが公表している動作確認済み端末検索ページで問題がないか確認することをおすすめします。

ただ、SIMロック解除が必要な場合でも、大手キャリアのマイページから無料で行えます。30分もかからない作業なので、大手キャリアから移行するすべての人が行っておいて損はありません。

デメリットだけじゃない!LINEモバイルのメリット

これまでLINEモバイルのデメリットについて重点的に紹介しましたが、「利用していて良かった」と感じたこともあります。

以下では、LINEモバイルを実際に使って感じたメリットについて紹介します。

LINEモバイルのメリット①圧倒的に通信料金が安い

引用元:https://mobile.line.me/(2020/08/06現在)

LINEモバイルの魅力は、なんといっても通信費の安さです。

大手通信キャリアからLINEモバイルに乗り換える人は、月々の通信費を半額以下に抑えることも決して難しくありません。

私自身、自宅ではWiFiを利用していたので外出先でのデータ通信は月1~2GB程度でした。LINEモバイルの音声通話3GBプランなら月額1,480円、一方でドコモだと安くても月額3,980円ほど必要になります(ギガライト・定期契約ありプランの場合)。

通信速度やサポートの手厚さなどが異なるので単純比較は難しいですが、少なくとも通信費だけで比較した場合、LINEモバイルは大手通信キャリアより圧倒的にお得といえます。

LINEモバイルのメリット②カウントフリー・オプションが充実している

引用元:https://mobile.line.me/(2020/08/06現在)

LINEモバイルでは特定のSNSアプリで利用したデータ通信量を消費の対象外とする「データフリーオプション(カウントフリー・オプション)」に対応しています。

たとえば「LINEデータフリー」を契約すれば、追加料金0円でLINEアプリ利用時に発生するデータ通信量が消費されなくなります。

他にも「SNSデータフリー」なら月額280円追加することで「LINE」「Twitter」「Facebook」がデータフリーになります。

さらに、「SNS音楽データフリー」なら月額+480円で「Instagram」「LINE MUSIC」のデータ通信量がカウントフリーとなります。

SNSをたくさん利用する人は、データフリーオプションを契約することでデータ通信量の節約が期待できます

今まで気にしていた動画や写真を、外出先でも好きなだけ楽しめるようになります。

LINEモバイルのメリット③LINEでID検索が利用できる

引用元:https://mobile.line.me/(2020/08/06現在)

LINEモバイルはLINEのID検索を利用できます。

LINEのID検索を利用する場合はLINEで年齢認証を行い、18歳以上であることを確かめる必要があります。

しかしLINE年齢認証の仕組みは大手キャリアでのみ機能し、格安SIMではたとえ契約しているユーザーが18歳以上でも認証ができないケースがほとんどです。

LINEモバイルはLINE株式会社のキャリアなので、LINEの年齢認証に対応している強みがあります

LINEを使うにあたっては、一切不便なく利用できます。

LINEモバイルのメリット④LINE Payカードで支払い可能

LINEモバイルの通信費を支払う方法は以下の3通りです。

  • クレジットカード決済
  • LINE Pay決済
  • LINE Payカード支払

クレジットカード決済、LINE Pay決済はクレジットカードを所持していないと利用できませんが、LINE Payカード支払いの場合はチャージ先を銀行口座にすることができるため、クレジットカードを持っていない人でもLINEモバイルが契約できます。

LINEモバイルのメリット⑤10分電話かけ放題オプションがある

LINEモバイルでは「10分電話かけ放題オプション」があります。

LINEモバイルの提供している通話アプリ「いつでも電話」から電話すると、10分以内なら何度でも通話料がかかりません

引用元:https://mobile.line.me/(2020/08/06現在)

10分を超過した場合も、30秒10円という低価格で通話できます。

いつでも電話を利用せず音声通話する場合は30秒20円もかかるので、スマホで通話をたくさん利用するなら契約しておきたいオプションです。

LINEモバイルのメリット⑥ドコモ・au・ソフトバンク回線を選択できる

引用元:https://mobile.line.me/(2020/08/06現在)

LINEモバイルではドコモ・au・ソフトバンク回線から好きな通信回線を利用できます。

大手3キャリアの回線に対応しているので、現在利用しているスマートフォンを持ち込んで利用しやすいのはLINEモバイルの大きなメリットですね。

ただしauやソフトバンクでは、たとえ同じ通信回線を利用してもSIMロック解除しないとモバイルデータ通信できない機種があるようです。

auやソフトバンクで購入したスマートフォンをSIMロック解除せずLINEモバイルで利用する場合、あらかじめ動作確認済み端末検索ページを確認しておきましょう。

LINEモバイル公式サイト

【実際に使った感想】でも結局はLINEモバイルを使ってよかった!デメリットよりもメリットが上回る

LINEモバイルのデメリットを中心に紹介したものの、私はLINEモバイルに乗り換えて良かったと思っています。

私はドコモからLINEモバイルに乗り換えたのですが、LINEモバイルに乗り換えてみると、月々2,000円程度で通信費が収まって驚きました。

LINEモバイルをはじめとした格安SIMには大手キャリアにはない様々なデメリットはあるものの、月額基本料をはじめとしたメリットも数多くありました。

スマホの通信費が高くて悩んでいる人や、外出先でSNSをデータ通信容量を気にせず利用したいと思っている人は、LINEモバイルを強くおすすめできます。

LINEモバイルへの申し込みはキャンペーンを最大限に利用して!デメリット以上にお得に使おう

2020年4月現在、LINEモバイルではお得なキャンペーンを実施しております。キャンペーンを利用すれば普段よりもお得にLINEモバイルを利用できるのが嬉しいポイント。

「LINEモバイルに乗り換えようと考えている」「少しでもお得にLINEモバイルを利用したい」

このように考えている方は、キャンペーンを利用してLINEモバイルを契約してみてはいかがでしょうか。

キャンペーン①:対象のSNS使い放題 最大2カ月0円!

引用元:https://mobile.line.me/(2020/08/06現在)

カウントフリー・オプションは基本料金とは別にオプション料金が毎月発生しますが、このキャンペーンを利用すればカウントフリー・オプションの月額利用料が2ヶ月無料になります。

さらに基本料金も初月無料、2ヶ月目は1,480円割引となるお得なキャンペーンです。今からLINEモバイルとの契約を考えている人は、ぜひ本オプションの適用を検討してみてはいかがでしょうか。

  • 適用条件:音声通話SIMのベーシックプラン3GB以上の新規契約または一部プラン変更
  • キャンペーン期間:2020年2月19日〜終了日未定

キャンペーン②:最大7,000円相当がもらえる!ラッキー7キャンペーン

引用元:https://mobile.line.me/(2020/08/06現在)

キャンペーン期間中に音声通話SIMで通信容量3G以上をキャンペーンコードを入力して契約すると、LINE Pay残高またはLINEポイントのどちらか一つがもらえるお得なキャンペーンです。

  • SIMカードのみ契約でSNS音楽データフリーもしくはSNSデータフリーの申し込み:LINE Pay残高7,000円または7,000ポイント
  • SIMカードのみ契約でLINEデータフリーの申し込み:LINE Pay残高3,000円または3,000ポイント
  • 端末とセットでの申し込み:LINE Pay残高1,000円または1,000ポイント

LINEモバイル公式サイト

【まとめ】デメリットもあるけど結局はメリットの方が多い!格安SIMならLINEモバイルがおすすめ

現在はさまざまな格安SIMがありますが、LINEモバイルは特におすすめと言えます。

大手キャリアと比較して月額基本料が圧倒的に安いのはもちろんのこと、データフリーオプション(カウントフリー・オプション)に対応している点が非常におすすめです。

LINEやTwitterを頻繁に利用する人は、間違いなくLINEモバイルがおすすめです。格安SIMで唯一LINEの「ID検索」に対応しているのも見逃せないポイントです。

LINEなどのSNSを頻繁に利用する人、通信費を抑えたい人はこの機会にLINEモバイルの契約を検討してみてくださいね。

LINEモバイル公式サイト

トム-D

この記事の著者
トム-D

ガジェット・スマホ・家電などが大好きなライターです。
格安SIM歴はIIJmio→LINEモバイル→BIGLOBEモバイル。日常生活ではカウントフリー・オプションをフル活用してます。
最近は楽天モバイルの自社回線プランとドコモの5G対応ルーターに興味あり。

arrow_upward