menu
search

IIJmioの口コミや評判、メリットやデメリットについて徹底解説

月々の料金がとてもリーズナブルで、評判の高いIIJmioですが、本当に評判が高いのか疑問に感じている方もいるのではないでしょうか。

申し込みをして実際に使ってみてから、後悔してしまうことはありますよね。

そこで今回は、インターネット上での口コミや評判から見えてくる、IIJmioのメリット・デメリットを解説します。

また、IIJmioの基本的な情報と、おすすめしたい方・おすすめできない方、キャンペーンの実施状況などもみていきましょう。

IIJmio公式サイトはこちら

この記事の目次

ユーザーの声も踏まえて解説!IIJmioのメリット

SNSやブログ、口コミサイトなど、多くのサイトで、IIJmioについての感想が掲載されています。

それを踏まえつつ、まずはIIJmioにはどんなメリットがあるのかをみてみましょう。

①SIMカード最大10枚で大家族でも安心

IIJmioのファミリーシェアプランに加入すれば、最大10枚のSIMカードが利用できます。※他プランでは最大2枚まで。

6人以上の大人数家族でも大丈夫です。月に12GBまで使えて、月々3,260円

SIMカードは1枚につき700円(4枚目以降は1,100円)のため、SIMカード代5,000円に月額料金3,260円を加えて、8,260円になります。

1人826円になるので、相当な通信費の節約です。3人家族でも、SIMカード代2,100円に3,260円を加えて、5,360円となるので、1人約1,786円とかなりの節約になります。

1人で3GBプランに入ると、SIMカード代700円+1,600円=2,300円です。家族全員でファミリーシェアプランに入ると、かなりの節約になるのがわかりますね。

他社からIIJmioに、家族で乗り換えした方の口コミでは、通信費が半分以下になったと喜んでいました。

②ファミリーシェアプランで無駄なし

ファミリーシェアプランには、大人数家族で使える以外にもメリットがあります。通信容量の12GBを家族間でシェアして使うため、無駄なく使えるのがポイントです。

サラリーマンのお父さん、専業主婦のお母さん、中学生のお子さん3人家族を例にみてみましょう。

お父さんは通勤やお昼休みでそこそこ使うため、3GBプランに加入。続いて、お子さんはYouTubeやSNSでたくさん使うため、6GBプラン。

お母さんは自宅にネット環境があるので、たまに出かけるときにしか使わないため、1GBでいいのですが、ないため3GBプラン。

したがって、3人の容量を合計してみると9~10GB程度です。

3GBプラン(2,300円×2)+6GBプラン2,920円=7,520円が、ファミリーシェアプランに加入した場合、12GBまでシェアできて、5,360円になります。

家族間でデータ容量を分けあうので、無駄なく使えるのが、大きなメリットです。

③料金がシンプルで選びやすい

大まかに分けると、3GB、6GB、12GBのプランしかありません。あとは、通話もできるタイプか、SMSのみ付いているか、データSIMだけの3種類を選ぶだけです。

それから、回線のタイプをドコモタイプか、auタイプかを選べば、プランが決まります。

自分が毎月どのくらいの容量を使うのか、通話は必須かどうかで決めるため、どのプランにしようか迷うこともありません

④定額制みおふぉんが優秀

定額制みおふぉんは、誰とでも10分間会話ができるオプションサービスです。月額830円で、同一IDの家族間なら30分は無料で会話できます。

家族以外でも10分会話ができるのは、非常に優秀です。遠く離れた家族で、違うキャリアに入っている場合でも、10分あればいろいろな話ができます。

会話好きな親子なら、10分はあっという間に感じるため、5分のかけ放題ではとても少なく感じるはずです。

その点、10分なら少し込み入った話をしても大丈夫。ゆっくりとコミュニケーションが楽しめます

⑤広告が少ないけど人気が高い

インターネット上では、「IIJmioはなぜ広告を出さないのだろう、良いサービスなのに」という意見が上がっていました。

確かにIIJmioのCMをテレビで視聴することはありません。公式のYouTubeチャンネルで、広告動画を流している以外は、とくに目立った広告活動をしていないです。

しかし、IIJmioは老舗的な存在の格安SIMサービスであり、人気の高さではトップクラス。いかに評判が高くて、それが口コミで広まっているのかの証とも考えられますね。

⑥安い通話料なのに音質良好

みおふぉんは通常の通話料が半額になるほか、定額制プランでは誰ともで10分間通話し放題の魅力的なプランがあるなど、かなりお得な金額設定になっています。

しかも、通話の質がかなり良く、相手の声がはっきりクリアに聞こえるため、外出時の通話でも困ったことはありません。

みおふぉんダイアルは、IP電話ではなく、電話回線を利用した通話のため、品質が高いのはうなずけますね。

⑦魅力的なキャンペーンがある

公式サイト:https://www.iijmio.jp/ (2020/05/20現在)

IIJmioでは、端末セットで申し込んだときと、SIMカードのみ、他社とのコラボレーションなど、さまざまなキャンペーンがそろっています。

期間限定と無期限の両方が用意されているため、キャンペーンをうまく活用して、お得に申し込みできるのがメリットです。

さらに、会員になってからでも、お得なキャンペーンが利用できます。

⑧「IIJmio meeting」で役立つ情報満載

IIJmioでは定期的に、イベントを開催しており、「みおふぉん教室」やトークショーなどで、スマホに関しての情報を入手できます。

会場で開催されることもありますが、生配信によるオンラインイベントもあるので、誰でも参加できますし、時間がないときは後で詳しい資料を読むことも可能です。

内容は音声通話の品質について詳しく説明してくれるものや、電波の種類についてなど、通信全般の知識が身につけられます

⑨格安で端末が買える

IIJmioの公式サイトでは、豊富な種類の端末がそろっています。

なかには、お得なキャンペーン価格で発売されている端末もあり、タイミングによってはかなり初期費用が抑えられるのもポイントです。

たまに新品の端末でも、一括で100円という破格の値段で売られている場合もあります。チャンスを狙いたいときは、ちょくちょく公式サイトを訪れてみるのも、1つの手です。

中古ならiPhoneも数多く取り扱っています。人気の端末は売り切れになっていることもありますが、在庫がある場合は早めに購入してしまうのもおすすめです。

⑩速度切替で節約しやすい

たまに月末になると容量がなくなってしまい、困ってしまうことはありませんか?かといって、容量の大きいプランでは毎月の料金が高くなります。

そんなときは、速度切替で、低速通信を選択することで、容量の使い過ぎを防げます。

通常、SNSやホームページを見るときには、低速通信で使い、動画を見るときだけ、高速通信に切り替えをするパターンです。

こうしておけば、月末まで余裕をもってデータ通信が使えます。

あと、IIJmioには「みおぽん」というアプリがあり、今月はどのくらい通信容量を使ったのか一目でわかるので、とても便利です。

データ通信容量の残量がどのくらいかもそうですが、次月にどのくらい持ち越せるのかも一目でわかるため、計画を立てながらうまく調整していけます

⑪「eSIM」に対応している

「eSIM」は、SIMカードなしでも、IIJmioが使えるようになるサービスです。

通常、契約している通信会社とは違うサービスの通信を使う場合、スマホに入っているSIMカードを外して、違う会社のSIMカードを装着する必要がありました。

しかし、「eSIM」なら、SIMカードを装着しなおすことなく、違う通信サービスでも使えるようになる画期的なシステムです。

IIJmioではこの「eSIM」が使えるため、現在IIJmio以外の通信会社を利用していても、SIMカードを外さずに、IIJmioが利用できます。

音声通話はできませんが、データ通信はできますので、IIJmioを検討している場合、どの程度の速度なのかが事前に確認できるので安心です。

しかも、解約しなくても、IIJmioを体験できるのがいいですね。

SNS上でも「eSIM」でIIJmioを実際に使ってみて、速度を測っている方もいました。

音声通話ができないのは残念との声もあがっていましたが、事前に体験できるのが好評のようです。

ユーザーの声も踏まえて解説!IIJmioのデメリット

今度はインターネット上で、どのような口コミや評判があがっているのか調査し、その結果を踏まえつつ、IIJmioのデメリットをみていきましょう。

①「カウントフリー」ないのが残念

口コミなどでよく見るのが、この「カウントフリー」がない点です。ユーザーは「カウントフリー」を利用したいと考えているため、IIJmioにはないのを残念に思っています。

「カウントフリー」は、SNSや音楽アプリ、動画アプリを契約しているデータ容量を使わずに、無制限に使える便利なサービスです。

例えば、YouTube見放題の「カウントフリー」で、3GBプランに入っていた場合、3GBは全く使わずにYouTubeが好きなだけ視聴できます。

LINEモバイルでは、LINEやTwitter、Instagramなどが、使い放題になる「カウントフリー」サービスがあります。

他にも、ビッグローブモバイルでは、YouTubeやU-NEXT、Ameba TVなどの動画アプリが無制限で視聴可能です。U-NEXTなどは月額料金が掛かるので注意してください。

音声通話とデータ通信の品質を向上させるため、余計なプランを付けずに、シンプルでわかりやすさを追求しているため、「カウントフリー」は今後も付ける可能性は低いです。

しかし、何か1つだけでも、「カウントフリー」がつけられたら、さらに使いたいと考えるユーザーは増えるのではないでしょうか。今後に期待したいですね。

②メールアドレスが有料で利用しにくい

auやドコモなど3大キャリアでは、メールアドレスは申し込みすれば、とくに申し込みをしなくても、1アカウントは付いてきます。

とくに月額料金が掛かることはありません。

IIJmioにも「~@iijmio-mail.jp」や「~@miomio.jp」など、ドメインが選べるタイプの「IIJmioセーフティメールサービス」があります。

しかし、こちらは会員になったあとマイページから申し込みをして、メールアドレスを取得し、毎月300円の月額料金の支払いが必要です。

この点からインターネット上では、面倒なのでフリーメールアドレスを使っている方を見かけました。

今現在、Gmailなどのメールアドレスで何の問題もなく使えるため、キャリアメールを必要としないケースも増えています。

そのため、IIJmioでは、別途申し込みでメールアドレスサービスをしているのかもしれません。

③混雑時間帯は通信速度が遅くなる

この意見が最も多く、口コミにあがっていました。悪い評判の半分以上が通信速度に関するものです。

IIJmioのユーザーなら感じることですが、お昼や通勤時間帯などはユーザーがデータ通信を多く使うため、非常に速度が遅くなる場合があります

特定の時間に必ずなるわけではありませんが、大体みんなが使う時間帯はかなり速度が遅くなるので、ストレスを感じてしまう方が多いです。

外出時にWi-Fi設備がないお店でIIJmioのデータ通信で動画を視聴しようとしても、再生に失敗したりこま切れに停止してまともに視聴できない症状が出ます。

みんなが使いたい時間帯なら、当然どのユーザーもその時間帯にしか使えない事情があるはずです。IIJmioの今後に期待しましょう。

④アプリの使い勝手が悪い

具体的なアプリ名が記載されていなかったのですが、アプリに関しての不満が口コミであがっていました。

IIJmioの主なアプリは、使用したデータ容量がすぐにわかる「みおふぉん」や、音声通話がリーズナブルに使える「みおふぉんダイアル」などです。

どちらも実際に使ってみた結果、とくに使い勝手が悪いようには思えなかったのですが、もしかするとシンプル過ぎて機能的に不満があったのかもしれません。

「みおふぉんダイアル」はアプリをインストールして、アプリから電話を掛けないと通常料金になってしまうため、これもわかりにくい仕様です。

申し込み時にはとくに注意点として明記されていないため、気付かずに通常料金で掛けてしまっている方もいるのではないでしょうか。

⑤実店舗が少ない

IIJmioの実店舗は、全国で204店舗あります。(2020年5月19日時点)

県によっては1件もない場所もありますので、実店舗に行くのは容易ではない場合もあるはずです。

あとはWEBを参照して解決したり、サポートセンターに連絡する必要があります。

IIJmioとは

公式サイト:https://www.iijmio.jp/ (2020/05/20現在)

「株式会社インターネットイニシアティブ」が提供している、インターネットサービスです。

モバイル通信や光通信をメインに、サービスを提供しています

IIJmio公式サイトはこちら

IIJmioの料金プラン

IIJmioにはシンプルなプランが3つありますので、料金はどうなっているのかを具体的にみていきましょう。

IIJmioの料金

料金表をまとめてありますので、参照してください。

【料金表】

音声通話機能付きSIM

A・Dタイプ

SMS機能付きSIM

Aタイプ

SMS機能付きSIM

Dタイプ

データ通信用SIM

A・Dタイプ

ミニマムスタートプラン 3GB

1,600円 1,040円 900円 900円
ライトスタートプラン 6GB 2,220円 1,660円 1,520円 1,520円
ファミリー
シェアプラン 12GB
3,260円 2,700円 2,560円 2,560円

初期費用は、Aタイプ394円、Dタイプ406円です。

IIJmioのオプション

3つの基本的なプラン以外に、オプションで提供しているサービスがあります。3つの基本的な概要と料金をみてみましょう。

通話定額オプション

通話委定額オプションは、国内通話が何度かけても無料になるオプションサービスです。

同一ID間なら30分、他は誰にかけても10分間無料になるサービスは、月額料金830円。
同一ID間なら10分、他は誰にかけても3分間無料になるサービスが、月額料金600円です。

短い通話を頻繁にかけるなら、3分間無料の方をおすすめしますが、3分では不安なら230円しか違わない10分間無料の方がおすすめです。

マイページから申し込みをしたあと、「みおふぉんダイアル」アプリをインストールして、そのアプリから電話をかけます。

通常の通話履歴からかけてしまうと、通常料金がかかってしまうので注意しましょう

月の途中からの申し込みでも、満額の月額料金を支払わなければならないため、なるべく 月の初めに申し込みをしてください。

大容量オプション

基本の3GB、6GB、12GB(ファミリーシェアプラン)に加え、20GBと30GBのデータオプションがあります

いつもはあまり使わないので、3GBプランを利用していたが1年間の出張になってしまい、1年間だけ大量の容量が必要になったときなどに最適です。

用途に応じて、20GBか30GBの容量を選んで申し込みします。20GBが月額3,100円、30GBが5,000円です。基本のプラン料金にプラスした料金になります。

3GBプランに20GBのデータオプションを申し込むと、3GBプランの基本料金1,600円+SIMカード代700円+3,100円=5,400円です。これで23GBもの大容量が使えます。

みまもりパック・迷惑防止パック

スマホでもパソコンと同様に、しっかりとしたセキュリティ対策が必要です。

気にせずにアプリをダウンロードして使っていたら、ある日個人情報が盗まれていたり、スマホが動作しないこともありえます。

そんなときに加入をしておきたいのが、みまもりパックと迷惑防止パックです。

みまもりパックは未成年者のスマホに対してセキュリティ対策を行うもので、迷惑防止パックはそれ以外のユーザーが使います。

どちらも月額500円で、ウィルスバスターが導入できます。

みまもりパックは、「iフィルター®forマルチデバイス」が導入できるため、危険なアプリやサイトにアクセスできないように設定可能です。

その他にかかる費用

上記のオプションサービス以外でも、さまざまなオプションサービスがあります。

「IIJmio WiFi by エコネクト」は、月額362円で全国15万カ所以上のアクセスポイントが使えるようになります。

旅行や出張などで遠くに出かけたときでも、近くのアクセスポイントにつないで、データ通信が可能です。

あとは使用している端末が壊れたときの保証をしてくれる、「端末補償オプション」と「つながる端末保証」があります。

端末補償オプション」は、IIJmioで端末を購入したものが対象で、月額380円です。

つながる端末保証」は月額500円で、IIJmio以外で購入した端末が対象となります。

大手キャリアと比べてIIJmioはどれだけ安い?

IIJmioはかなりの安さを誇る格安SIMサービスですが、3大キャリアの料金プランと比較して、どの程度違うのかをみてみましょう。

〇ドコモ

同じプランで、最も安い金額で調査するため、ドコモのギガライト~3GBと、IIJmioの3GBプランを比較します。

・ドコモギガライト 3GB 月額3,980円(2年縛りあり)
・IIJmio 音声SIM 3GB 月額2,300円(縛りはないが音声通話機能解除調定金あり)

1,000円以上の違いがありますね

今度は家族4人のバージョンを比較してみましょう。

・ドコモ ギガライト3GB 2,980円×4人=11,920円(2年縛りあり)
・IIJmio ファミリーシェアプラン 3,260円+3,200円(SIMカード)=6,460円
(12ヶ月以内は音声通話機能解除調定金あり)

両方、1人頭3GBずつ使えるプランで比較してみました。

約半分の月額料金で抑えられますし、5人ならさらに安くなります。

大手キャリアに比べるとIIJmioでは料金は格段に安くなる!

3大キャリアでは、いろいろな条件を付加することで多少は安くなりますが、それを考慮しても、IIJmioの方が格段に安い月額料金です。

とくにお得なファミリーシェアプランを利用すれば、約半分に抑えられます。月に6,000円も節約できれば、年に換算すると72,000円の節約です。

近場の旅行ができてしまうくらいの金額になります。

IIJmioを契約する上での注意点

3大キャリアのように、2年縛りなどはありませんが、IIJmioの音声SIMには、12ヶ月以内の解約時に「音声通話機能解除調定金」が発生します。

申し込んだ月で解約すると12,000円、翌月は11,000円と月ごとに1,000円マイナスになっていきます。

申し込んですぐに解約をした場合には、高い違約金が発生しますので注意してください。

IIJmioはこんな人におすすめ

IIJmioのメリット・デメリットをあげてみましたが、それでは具体的にどんな方に向いているサービスなのかをみてみましょう。

①光回線と同時に乗り換えたい

そろそろ自宅の回線を光回線にしたいときは、IIJmioに乗り換えるチャンスです。

IIJmioには光回線サービスも提供しており、同時に加入した場合、もともと安い月額料金からさらに600円も安くなるキャンペーンがあります。

自宅の回線速度もアップできて、月々の携帯料金も節約できるのは、かなりお得です。

②大人数家族でお得に使いたい

4人以上の大人数家族で、家族全員の月々のデータ容量合計が、12GB以下なら、ファミリーシェアプランが断然安いです。

とくに祖父母と同じ携帯会社を使っているならなおさら、ファミリーシェアプランで通信費用を節約できます。

③格安端末で初期費用を抑えたい

「端末が壊れてしまった、もしくは調子が悪いので買い替えたい。でも、お金はあまり掛けられない」

こんなケースはよくありますよね。そんなときでも、IIJmioならとてもお得な金額で端末が購入できます。

新品でも10,000円以内で購入できる端末が豊富にそろっているため、中古は買いたくないときでも大丈夫です。

④頻繁に通話する

音声の品質が高く、お得な料金で通話できる「みおふぉんダイアル」があるため、頻繁に電話をかける方におすすめです。

SMSやLINEに抵抗のあるご年配の方でも、安心して好きなときに通話できます。しかも、はっきりときれいに聞こえるため、ストレスがありません。

逆にIIJmioをおすすめできない人

今度はデメリットから見えてくる、IIJmioをおすすめできないパターンをみてみましょう。

①安定した通信速度で使いたい

みんなが使うような混雑時間帯でも、安定した通信速度で使いたい場合は、IIJmioは向いていません

とくに朝の通勤ラッシュ時に、電車内で快適な動画ライフを楽しみたいなら、IIJmioでは不満を感じてしまいます。

②動画アプリやSNSをたくさん使う

YouTubeやU-NEXTなどの動画を長時間視聴したり、LINEやTwitter、tiktokを頻繁に使う場合、たくさんのデータ容量が掛かってしまいます

大容量のオプションサービスもありますが、金額が高くなってしまうため、「カウントフリー」を使う方がお得です。

③直接窓口で相談したい

実店舗数が少ないため、窓口で相談しながら購入したり、不具合や使い方などを直接対面で対処してもらいたいときは困ってしまいます。

近くに店舗がない方がほとんどで、スマホの操作がわからないから教えてほしいときも、「電話だとすぐにつながらないかも…」と考えると不安です。

IIJmioではお得なキャンペーンを実施中!

IIJmioには魅力的なキャンペーンが数多くありますが、どんな内容のキャンペーンがあるのか例をみてみましょう。

①MNP乗り換えで最大15,000円キャッシュバック

MNP乗り換えで申し込むと、1回線につき5,000円のキャッシュバックが受け取れます。期間は2020年5月31日までです。

実際に申し込むときは、事前に必ず公式サイトでチェックしてください。

3回線を同時に申し込みすると、最大で15,000円のキャッシュバックが受け取れます。

ファミリーシェアプランの場合は、4回線以上で15,000円のキャッシュバックです。

②音声SIMと端末購入で初期費用1円+100円~

人気の端末がとても安い価格で申し込めるのと、さらに初期費用が1円になるキャンペーンを実施中です。

期間は2020年5月31日までです。ほしい端末が安くなっているなら、申し込みを検討してみてください。

IIJmioに関するFAQ

IIJmioに申し込みをする前の疑問をFAQで解決していきましょう。

Q.クレジットカード以外でも支払いできますか?

クレジットカード以外ではお支払いできません。お申込み時に支払い方法を入力しますが、クレジットカードのみとなります。

利用できるクレジットカードは、「JCB・VISA・DC・UC・UFJ・アメリカンエキスプレス・マスター・ダイナース・SAISON・イオンクレジット」です。

なお、海外発行のカードやデビットカードは使用できないので、注意してください。

Q.急に通信速度が極端に遅くなったときはどうすればいいですか?

まずはクーポン残量が残っているか、低速通信モードに切り替わってないかを確認しましょう

問題なければ、SIMカードを装着しなおしてみてください。いったん、電源をオフにしてから、SIMカードをスマホから抜き出します。

やわらかい布で表面をそっとふき取り、スマホに装着してから電源オンにしてください。

これでなおらない場合は、ANP設定をやりなおします。
https://www.iijmio.jp/service/manual/hdd/
こちらのマニュアルを参照しながら、再設定をしてみてください。

以上の方法を試しても、問題が解決をしない場合は、SIMカードの異常が考えられます。会員専用のお問い合わせ窓口を利用してください。

Q.端末補償はありますか?

IIJmioで購入した端末には、端末保障オプションサービスがあります。故障、破損、水濡れなどの端末トラブルがあった場合、約2日程度で交換用の端末が届きます。

端末保障オプションは、購入した端末によって違いはありますが、月額380円・500円で利用可能です。

盗難と紛失は対象外になりますので、注意してください。

Q.操作方法がわからないときに教えてもらえますか?

操作方法がわからないときは、専用の問い合わせ窓口「スマホの操作サポート サポートセンター」があります。

電話番号: 0120-300-197
受付時間: 9:00~19:00

月々500円の定額料金で、問い合わせの電話を何度かけても追加料金なしで対応してもらえます。年中無休のため、忙しいサラリーマンでも大丈夫です。

【まとめ】初期費用を抑えたいならIIJmioがおすすめ!IIJmioは評判の良い格安SIMで間違いなし

家族全員で乗り換えるなら、かなりお得なIIJmio。さらに、端末が安く買えるため初期費用をぐっと抑えられます

デメリットも少しありましたが、それを補う以上のメリットがあるので、通信費を節約するためにもIIJmioがおすすめです。

音声通話の品質がよくて、シンプルなプランでとてもわかりやすくなっています。

魅力的なキャンペーンもたくさんありますので、タイミングを見計らって申し込みをしましょう。

IIJmio公式サイトはこちら

n.aozora

この記事の著者
n.aozora

格安SIMサービス記事を多数書いているWEBライターの青空夏樹です。私自身も格安SIMを利用して4年が経ちました。格安SIMの料金を知ってしまった今は、高いキャリアには戻れません!

arrow_upward