menu
search

IIJmio(アイアイジェイミオ)でiPhoneを使う方法を解説!eSIMにも対応

人気の格安SIMブランド「IIJmio(アイアイジェイミオ)」を、iPhoneで使いたいと思っている人は多いはず。

「今使っているiPhoneはそのまま使えるの?」
「IIJmioでiPhoneは買える?」
「初期設定は難しいかな?」

いざIIJmioでiPhoneを使うとなると、気になることはたくさんありますね。

そこでこの記事では、IIJmioでiPhoneを使うメリットや設定の方法を紹介します。

さらに、最近話題のeSIM(イーシム)についても解説します。iPhoneでeSIMを使いたい!と思ってる人は、ぜひ参考にしてください。

先に結論を言っておくと、IIJmioは格安SIMでiPhoneを使いたい人に最もおすすめできるサービスのひとつです!その理由を見ていきましょう。

IIJmio公式サイトはこちら

IIJmioでiPhoneは利用できる?

「そもそも、IIJmioでiPhoneが使えるの?」と気になっていると思いますが、結論、問題なく使うことができます

IIJmioで利用できるiPhone

IIJmioの公式ページで、動作確認端末として公開されているiPhoneは以下のとおりです。

シリーズ 利用
iPhone SE(第2世代) 可能
iPhone11/11 Pro/11 Pro Max 可能
iPhone XR 可能
iPhone XS/XS Max 可能
iPhone X 可能
iPhone 8/8Plus 可能
iPhone 7/7Plus 可能

2020年4月に発売されたiPhone SE(第2世代)をはじめ、iPhone11など最新機種での通信が確認されています。さらに、最も古いものではiPhone 3GSまで確認が取れています。

大手キャリアで買ったiPhoneはSIMロック解除が必要

IIJmioにはドコモ回線(タイプD)とau回線(タイプA)を使ったプランがあります。

例えばドコモで買ったiPhoneをau回線(タイプA)で使うには、SIMロック解除が必要です(方法は後ほど説明します)。

またソフトバンクで買ったiPhoneは、ドコモかauの回線を使うので、必ずSIMロック解除が必要になります。

IIJmioでiPhoneを使う方法は2つ!

IIJmioでiPhoneを使うには、

  • ①iPhoneをセット購入する
  • ②SIMを契約して自分のiPhoneで使う

という2つの方法があります。

IIJmioでは2020年5月現在、5種類のiPhoneを販売しています。格安SIMでiPhoneをセット販売しているブランドは少ないので、とても貴重な存在です

また、既にiPhoneを持っている人は、IIJmioでSIMカードだけ契約して使う方法もあります。

IIJmioでiPhoneを使う方法①iPhoneをセット購入する

IIJmioには全5種類のiPhoneの取扱いがあります。格安SIMブランドでは、最多クラスの取扱いです。

新しく買い換えたい人におすすめ!

IIJmioへの乗り換えを機に、新しいスマホに買い替えたいと思ってた人にはおすすめです

Androidからの乗り換えや、4、5年前の古めのiPhoneを使っている人は、IIJmioでiPhoneを買うことを視野に入れてもいいでしょう。

iPhoneセット契約のメリット

IIJmioで通信の契約と端末をセットで買うメリットは以下の2点。

  • 格安SIMの中では最多クラスのiPhoneの取扱いがあること
  • ネットワーク利用制限の永久保証があること

格安SIMの中では最高クラスのiPhoneの取扱いがある

iPhoneは人気のスマホですが、実は格安SIMとセットで買えるところは、あまり多くありません

あったとしても、機種が限定されていることが多いのですが、IIJmioではiPhone XR/XSなど、5種類のiPhoneから選ぶことができます

ネットワーク利用制限の永久保証がある

IIJmioで扱っている端末は、基本的には中古の端末です。

中古のiPhoneを使う上で不安なのが、使っている途中に「ネットワーク利用制限」にかかってしまうこと。

中古のiPhoneの前のオーナーが、iPhoneの残債の支払いをしなかったときに、通信できなくなってしまうことをネットワーク利用制限といいます。

IIJmioで買ったiPhoneが、万が一ネットワーク利用制限にかかったときは、交換か全額返金の永久保証があります。

iPhoneセット契約のデメリット

IIJmioでiPhoneをセット契約するデメリットには以下の点が挙げられます。

  • 基本的に中古
  • 最新の端末は買えない
  • 在庫切れの可能性も高い

基本的に中古

IIJmioで扱っているiPhoneは「目立つ傷がなく非常に綺麗な美品」として販売されています。

新品のiPhoneは購入できません

最新の端末は買えない

IIJmioで2020年5月現在、扱っている端末は、最も新しいものでもiPhoneXR/XS。これは2018年に発売されたモデルです。

iPhone SE(第2世代)やiPhone11といった最新のモデル買えません

在庫切れの可能性も高い

IIJmioで扱っているスマホの中でも、iPhoneは人気機種なので在庫切れが多いです。

運良く在庫を見つけても、迷っているうちに売り切れになることがあります。

IIJmioが販売しているiPhone(2020年5月現在)

2020年5月現在、IIJmioで販売しているiPhoneは以下の5機種です。

  • iPhone XR
  • iPhone XS
  • iPhone 8
  • iPhone 7
  • iPhone SE(第1世代)

iPhone XR

2018年に発売されたモデル。同時発売のiPhone XSの廉価版という位置付けですが、12MPカメラやA12 Bionicチップなど、性能には妥協がありません

カラフルな6色展開で、女性にも人気のiPhoneです。eSIMにも対応しています(後述)。

iPhone XS

同じく2018年に発売された、当時のフラッグシップモデル。5.8インチの有機ELディスプレイ、12MPのカメラはポートレートモードや暗所での撮影で活躍します。

IIJmioで最も高性能なiPhoneが欲しいなら、XSがおすすめ。eSIMにも対応

iPhone 8

背面パネルがアルミからガラスに変更され、性能も着実にアップ。今作からワイヤレス充電に対応し、「True Tone」機能によって、画面も見やすくなりました。

Apple Pay、防水機能もあり、普段使いでも困ることはありません

iPhone 7

iPhone 8と比較するとワイヤレス充電に対応していませんが、約10,000円安く購入できます。今では貴重な32GBモデルもあり、ほとんどアプリをダウンロードしない人が安く買うにはおすすめ

iPhone SE(第1世代)

2016年に発売。今では貴重な4インチ、重量も113gと、気軽に取り回しできるiPhoneです。12MPのカメラ、Touch IDを搭載。

今後、このサイズのiPhoneの新作の発売はないと思われるので、小さめのiPhoneが欲しい人は狙い目ですよ。

IIJmio公式サイトはこちら

IIJmioでiPhoneを使う方法②SIMを契約して自分のiPhoneで使う

既に持っている自分のiPhoneや、Apple公式など他社で買ったiPhoneを、IIJmioに持ち込んで使うこともできます

持ち込みの場合、具体的には

  • 大手キャリアで買ったiPhone
  • Apple公式で買ったiPhone
  • 中古ショップやフリマなどで買ったiPhone

を使うケースが多いと思います。

大手キャリアで買ったiPhoneを使う場合は、後で説明する「SIMロック解除」をしましょう。

中古ショップで買ったiPhoneも、販売元が大手キャリアの場合は、SIMロックがかかっていることがあるので、注意しましょう。

今iPhoneを持っている人や最新作を使いたい人におすすめ!

手持ちのiPhoneを使い続けたい人や、IIJmioで扱っていない最新のiPhoneを使いたい人は、持ち込みでの契約がおすすめです。

最新iPhone SEも使える!

2020年4月に発売されたiPhone SE(第2世代)の動作も確認されています。

iPhone SEは物理的なSIMカードが不要な「eSIM」に対応していて、IIJmioが提供するeSIMも使えます。

IIJmioでiPhoneを持ち込むメリット

IIJmioにiPhoneを持ち込むメリットは以下の2点。

  • これまで使っていたiPhoneをそのまま使える
  • 出費を抑えられる

これまで使っていたiPhoneをそのまま使える

使い慣れたiPhoneにSIMカードを入れて設定するだけで、そのまま使い続けられるのが大きなメリットでしょう

面倒なデータの移行をする必要もないので、時間の節約にもなります。

出費を抑えられる

新しいiPhoneを買わなくてもいいので、その分の出費を抑えられます。

iPhoneは5万円〜10万円と、決して安い買い物ではないので、余計な持ち出しがないのはうれしいですね。

IIJmioでiPhoneを持ち込むデメリット

逆に、IIJmioにiPhoneを持ち込むデメリットを挙げてみましょう。

  • 初期設定は自分でしないといけいない
  • 新鮮さがない

初期設定は自分でしないといけいない

これまで使っていたiPhoneにIIJmioのSIMを差しただけでは、通信できません。

以下で解説する「APN設定」という作業が必要になります。しかし、そこまで難しい作業ではないので、以下の説明を参考にして作業してくださいね。

新鮮さがない

通信会社を変更しても、使っているスマホはそのままなので、新鮮さはありません。

IIJmioと契約して、スマホも気分一新変えたい!という人は、新しいiPhoneを買いましょう。

【注意】SIMフリー端末か確認をしておこう

持ち込みでiPhoneを使う場合で、ドコモ、au、ソフトバンクでiPhoneを買った人は、SIMロックの解除をして、SIMフリー化しておきましょう。

大手キャリアで買ったiPhoneは、他社の回線では使えないようにロック(SIMロック)がかかっています。

IIJmioに移行する前に、以下の手順でロックを解除しておきましょう。

ドコモで買ったiPhoneをタイプD(ドコモ回線網)で、auで買ったiPhoneをタイプA(au回線網)で使うときは、SIMロック解除は不要です

キャリアで買ったiPhoneは

  1. 各キャリアのマイページでSIMロック解除の手続き
  2. iPhoneのバックアップ
  3. iPhoneを初期化

の手順で、ロック解除をしましょう。

2015年5月以前の発売されたiPhoneはSIMロック解除ができない

日本では2015年5月にSIMロック解除が義務化されました。

そのため、それ以前に発売されたiPhoneについては、SIMロック解除ができません。具体的にはiPhone 6以前のiPhoneです。

各キャリアのマイページでSIMロック解除の手続き

SIMロックの解除は、それぞれのマイページ、または公式サイトで手続きできます。

  • ドコモ…My docomo
  • au…au公式サイト
  • ソフトバンク…My Softbank

各社ともショップで手続きすることもできますが、手数料3,000円がかかります。スマホからWeb手続きなら、5分くらいの作業で無料でできるのでおすすめです。

<ドコモのSIMロック解除の手続き>

  1. My docomoにアクセス
  2. サービス一覧>SIMロック解除を選択
  3. dアカウントでログイン、ネットワーク暗証番号の入力
  4. 製造番号(IMEI)を入力して手続き完了

<auのSIMロック解除の手続き>

  1. au公式ページから「SIMロック解除のお手続き」
  2. auIDでログイン
  3. 過去にauで買ったスマホの記録からSIMロック解除するiPhoneを選択
    (中古などで買った場合は、IMEI番号を入力)
  4. 内容を確認して完了

<ソフトバンクのSIMロック解除の手続き>

  1. Myソフトバンクにアクセス
  2. Softbank ID(または電話番号)でログイン
  3. メニューの「契約・オプション管理」を選択
  4. SIMロック解除手続きでIMEI番号を入力して解除

iPhoneのバックアップ

各社でロック解除の手続きを済ませたら、iPhoneのバックアップをとりましょう。

  • パソコンがある場合はiTunes
  • パソコンがない場合はiCloud

を使ってバックアップをとってください。

iCloudは無料のプランでは5GBまでしかバックアップが取れません。写真などのデータが大量にある人は、パソコンを使うか、有料のiCloudプランを契約してください。

  • 〜5GB:無料
  • 〜50GB:130円
  • 〜200GB:400円
  • 〜2TB:1,300円

iPhoneを初期化

iPhoneを初期化することで、ロック解除が完了します(この作業を「アクティベーション」)と言います。

初期化したあとは、バックアップをとったデータを復元しましょう。

ちなみに、元の回線以外のSIMカード(IIJmioのSIMなど)が手元にあるときは、SIMカードを挿入するだけでアクティベーションが完了するので、iPhoneの初期化は不要です。

IIJmio公式サイトはこちら

IIJmioは話題のeSIMに対応!

iPhoneXS、XR以降のiPhoneはeSIMに対応しています。

eSIMとは、これまでのように物理的なSIMをスマホに挿すことなく、Web上で契約して、すぐに通信ができる次世代のSIMサービスです。

eSIMは物理SIMと併用できるので、例えば、大手キャリアのSIMを契約したまま、データ通信はIIJmioのeSIMを使うといったことができます。

IIJmioのeSIMの特徴は、

  • キャリアのSIMと併用できる
  • 1GB/450円からデータ通信可(IIJmioのeSIMは現時点ではデータ通信のみ)
  • 申し込み手続き後、すぐに利用できる
  • SIMを挿す作業が不要

と、メリットがたくさんあります。

例えば、「家族割などで大手キャリアを解約できないけど、格安SIMのお得なデータ通信が使いたい」人には、IIJmioのeSIMはぴったりのサービスです。

IIJmioにはiPhoneの修理オプションはある?

IIJmioで買ったiPhoneに、もしものことがあったとき、修理や補償のオプションがあるか気になるところです。

IIJmioには「つながる端末保証」というオプションサービスがあります。

IIJmioの「つながる端末保証」

SIMカードを契約したときに加入できる「つながる端末保証」は、他社で買ったiPhoneでも加入できます

月額料金は500円で、画面割れ、水漏れ、全損・部分破損の修理が無料になります(年2回まで)。

修理で対応できないときは、スマホの交換もできます(1回目:4,000円、2回目:8,000円)。

iPhoneの代替機はなし

IIJmioの修理時の代替機の貸し出しは、Androidのみです。iPhoneの貸し出しはありません。

IIJmioでiPhoneを使うAPN設定方法

IIJmioで契約したときは、まずは「APN設定」という初期設定が必要です。

APN設定とは

SIMカードで通信をするときは、スマホの本体にAPNという接続情報を入力することで、通信できるようになります。

IIJmioではアプリを使って簡単にAPN設定ができます

IIJmioクーポンスイッチアプリを使ったAPN設定方法

設定の方法は以下のとおり。

  1. Wi-Fiに接続
  2. IIJmioクーポンスイッチアプリをダウンロード
  3. 電源を切り、IIJmioのSIMカードを挿入して再起動
  4. アプリを立ち上げ、「設定」
  5. 「構成プロファイルのインストール」を選択
  6. iPhoneのホーム画面に戻り「設定」>「一般」>「プロファイル」でダウンロードしたIIJmioのプロファイルを選択してインストール

    ※iOS12.1.4以前のOSの場合は、「設定」>「一般」>「プロファイル」に進んで「インストール」を選択すれば、設定完了です。

他社のAPN情報は先に削除が必要

持ち込みの場合など、他社のAPN設定がしてある場合は「設定」>「一般」>「プロファイル」で該当のAPNを選択して、削除してからAPN設定を行ってください。

難しいときは店舗/カスタマーサポートを利用しよう

APN設定はアプリで簡単にできますが、もし難しいときは、IIJmioのサポートを使いましょう。

IIJmioでは

  • チャット
  • Twitter
  • 電話
  • メール

での問い合わせができます。

チャットでの問い合わせ

受付時間(9:00〜19:00)内に、ログインした状態で問い合わせてください。

Twitterでの問い合わせ

以下のTwitterアカウントに問い合わせができます。

IIJmio公式Twitterアカウント

電話での問い合わせ

IIJサポートセンター
TEL:0570-09-4400(年中無休、9:00〜19:00)

メールによる問い合わせ

会員用の問い合わせフォームから問い合わせてください。

iPhoneを使うときに知っておきたい!IIJmioによくある質問

以下では、IIJmioでiPhoneを使うときに、よくある質問をまとめています。

途中からiPhoneに機種変更することはできますか?

すでにIIJmioを契約している(IIJmio会員)ときは、IIJmioで端末のみ購入できます

また、他でiPhoneを購入して、現在使っているSIMをカードを挿入して使用することもできます。

iPhoneで「PDP認証に失敗しました」と表示され通信ができなくなった

APN設定をし直すことで、解決することがあります。

先にインストールしてあるAPNプロファイルを削除の上、アプリを使って、再度インストールしてください。

iPhoneでテザリングをする方法を教えてほしい

IIJmioのAPN設定が完了しているiPhoneは、テザリングができます

「設定」>「インターネット共有」でテザリングをオンにすることで使えます。

Jアラートの緊急速報は受信できますか

iPhoneではJアラートの受信に対応しています

まとめ

IIJmioでiPhoneを使うメリットや設定の方法を紹介しました。

ポイントをおさらいしておくと、

  • IIJmioはすべてのiPhoneで使用可
  • iPhoneの取扱い種類は、格安SIMの中ではトップレベル
  • eSIMが利用できる

というメリットがありました。

eSIMに興味がある人は、IIJmioの契約を検討してみてはいかがでしょうか?

(2020年5月末まで、eSIMの初期費用0円キャンペーンを行っています!)

IIJmio公式サイトはこちら

arrow_upward