menu
search

FREETELの回線は楽天モバイルに譲渡後どうなっている?今後は?徹底検証します

FREETELは、2017年5月には、品質保持のために行っている回線増速の頻度を、今までの月に2回から週に1回の実施する「毎週増速マラソン」を大々的に発表しました。

回線品質には拘っている事を前面に出していましたが、経営の悪化と共に回線スピードは遅くなり、事実上破綻したFREETELのMVNO事業は、2017年11月に楽天モバイルに事業譲渡されています。

現在も楽天モバイルによって、従来のサービスは提供されています。しかし、事業譲渡後も楽天モバイルのMVNOに組み込まれること無く、古いシステムのまま今日に至っています。FREETEL回線の現状と今後を検証していきます。(文中の価格は特に表記の無い限り税抜価格です)

楽天モバイル公式サイトはこちら

FREETELの回線は1種類

事業者である楽天モバイルのMVNO回線は、docomo回線とau回線での展開をしていましたが、FREETELは事業譲渡後も従来のシステムをそのまま使っています

FREETELはMVNE(MVNEとは、大手キャリアから回線の卸受けをノウハウ含めて提供する企業です。)を使わない自社接続のMVNOだったので、それも含めてまるごと事業譲渡されています。

名称変更はあったものの、楽天モバイルのMVNO回線との統合はしていません。そのため、FREETELはdocomo回線のみのMVNOになります。

docomo回線

流石のdocomo回線です。4G LTE回線だけでなく、3G FOMAにも対応して、日本全国津々浦々まで人口カバー率100%を達成しています。

3Gに関しては、2026年3月末をもって停波する事が発表されています。そうなると、人口カバー率がどうなるのか?気になるところですが、2018年には4G LTEサービスエリア人口カバー率100%を達成しています。

もっとも、2026年頃の未来を考えたら・・・5Gが主流になっていて、4Gの停波の話が出ているかもしれません。

4G LTEの対応Band

Band 周波数
1 2.1GHz 日本全国で使われる主要な周波数帯
3 1.8GHz 東京・名古屋・大阪メイン
19 800MHz 郊外や山間部用のプラチナバンド
21 1.5GHz 地方都市のエリアをカバーするためのバンド
28 700MHz ごく一部の地域で運用中のプラチナバンド
42 3.5GHz 「PREMIUM 4G」と呼ばれ、高速通信が可能。東名阪一部で利用可

3G FOMAの対応Band

Band 周波数帯
1 2100MHz 日本全国で使われる主要な周波数帯
6 800MHz FOMAプラスエリアと呼ばれる山間部でもつながりやすい電波
9 1800MHz 東名阪のみのエリア。LTEがあるので対応していなくても問題なし。
19 800MHz FOMAプラスエリアと呼ばれる山間部でもつながりやすい電波

基本的に3Gは考えなくても良い時代になりました。

上記にある対応Bandは、当然イコールdocomoです。docomoが販売している端末は、上記のBandに対応していれば問題は無いワケです。基本的には必要以上に対応Bandを詰め込む理由がありません。

FREETELのサービスを提供している楽天モバイルは、MNOの自社回線の運用を2020年4月にスタートしていますが、国から認可を受けて現在サービスを提供しているのはBand3のみです。

しかし、新しく出発したMNOとして自社回線のアンテナ設置に日夜尽力していますが、現状は都市部の一部のみに留まっています。自社でカバーできないエリアを、パートナー回線と呼ぶau回線の一部を利用しています。この回線はBand18のみです。

MNOの楽天モバイルを使うには、Band3とBand18をシームレスに切り替える必要がありますが、docomo回線ではBand18は使っていないため、SIMロックを解除しても使うことは出来ません。

FREETELから楽天モバイルUN-LIMITにMNPすれば、解約料の他MNP手数料も無料で、先着300万人まで1年間無料キャンペーンをしていますので、月額料金までも1年間は無料です。

ただし、上記のBand以外にもRakuten Linkのインストールなどの問題もあり、SIMフリーを含めて手持ちのスマートフォンを流用することは難しく、新しい端末を同時購入する必要があります。

楽天モバイルUN-LIMIT公式サイト

新しい端末を同時購入する場合、最大20,000円分のポイント還元をするキャンペーンもやっています。例えば、売れ筋のOPPO A5 2020は一括払い20,019円で販売中ですが、20,000円分のポイント還元対象になっているので、実質19円です。

楽天モバイル端末キャンペーン公式サイト

通信エリア

(引用:FREETEL公式サイト2020/08/17現在)

(引用:docomo公式サイト 2020/08/17現在)

楽天が2020年8月11日に発表した6月中間決算は、274億円の赤字になりました。楽天モバイルUN-LIMITは1年間無料キャンペーンをしていますので収入が無い中で、基地局建設などの投資費用がかかる事を考えれば当然です。

しかし、ここで怯む楽天ではありません。26年3月までに人口カバー率96%にする計画について、5年前倒しを目指すことを会見で発表しました。

無謀とも言える前倒しを宣言した理由のひとつとして、パートナー回線であるauに支払う金額が重荷になっている事が想像できます。

また、楽天とauが交わしたローミング契約には、「都道府県毎に楽天モバイル株式会社の自前エリアの人口カバー率70%を上回った時点で両社の協議を以て、各都道府県のローミング提供の継続・終了を決定」という文言があります。

人口カバー率70%を超えた時点で、ローミング(楽天がパートナー回線と呼ぶ)が終了する可能性があるので、事を一気に進める必要性があるわけです。

先々のことは解りませんが、現在docomo回線を利用しているFREETELユーザーにとっては、楽天モバイルUN-LIMITへの乗り換えで、特に都市部以外ではエリアの使い勝手が悪くなる事も考えられます。

楽天モバイル公式サイトはこちら

FREETELの料金プラン

  • 定額プラン(ドコモ回線)
種類 1GB 3GB 5GB 8GB 10GB 15GB 20GB 30GB 40GB 50GB
データ専用 499円 900円 1,520円 2,140円 2,470円 3,680円 4,870円 6,980円 9,400円 11,800円
データ専用+SMS 639円 1,040円 1,660円 2,280円 2,610円 3,820円 5,010円 7,120円 9,540円 11,940円
通話+SMS+データ通信 1,199円 1,600円 2,220円 2,840円 3,170円 4,380円 5,570円 7,680円 10,100円 12,500円
  • 使った分だけ安心プラン最大20GB(ドコモ回線)
種類 100MBまで 1GBまで 3GBまで 5GBまで 8GBまで 10GBまで 15GBまで 20GBまで
データ専用 299円 499円 900円 1,520円 2,140円 2,470円 3,680円 4,870円
データ専用+SMS 439円 639円 1,040円 1,660円 2,280円 2,610円 3,820円 5,010円
通話+SMS+データ通信 999円 1,199円 1,600円 2,220円 2,840円 3,170円 4,380円 5,570円

定額プランについて

データ専用プランで見た場合、FREETELの1GBで499円/月は安いです。しかし、イオンモバイルのデータ1GBプランは480円/月です。筆者も一時使っていましたが、価格的に安いだけでなく、イオンモバイルのデータプランは、音声プランとは別のアクセスポイントで、回線速度がとても早くオススメです。docomo回線を使っているので、APN設定をするだけで、今使っている端末をそのまま使うことが出来ます。

イオンモバイル公式サイト

音声プランで見た場合、FREETELの10GBプランは3,170円/月です。この金額には通話料は入っていません。楽天モバイルUN-LIMITなら、1年間無料キャンペーン終了後でも通話料込みで2,980円/月です。FREETELで50GBの契約なら12,500円/月ですが、楽天モバイルUN-LIMITで自社回線利用なら50GB使っても2,980円です。回線速度もFREETELと比較してずっと高速です。

楽天モバイルUN-LIMIT公式サイト

使った分だけ安心プランについて

データ専用プランで見た場合、FREETELの100MBまでのプランは299円です。月々299円でSIMが維持できて、使った時には使った分だけ支払うというメリットを感じてきた方も多いと思います。

同様に、使った分だけという形態のb-mobileと料金を比較してみます。

種類 100MBまで 1GBまで 3GBまで 5GBまで 6GBまで 8GBまで 10GBまで 15GBまで 20GBまで
FREETEL
データ専用
299円 499円 900円 1,520円 2,140円 2,470円 3,680円 4,870円
b-mobile
データ専用
190円 480円 850円 1,450円 2,190円 3,280円

どの容量でもb-mobileの圧勝です。

同様に、音声プランでも比較してみましょう。

種類 100MBまで 1GBまで 3GBまで 5GBまで 8GBまで 10GBまで 15GBまで 20GBまで
FREETEL
通話+SMS+データ通信
999円 1,199円 1,600円 2,220円 2,840円 3,170円 4,380円 5,570円
 b-mobile
通話+SMS+データ通信
 - 990円 1,390円 1,790円 2,390円 2,790円 3,790円 4,790円

こちらも、b-mobileの圧勝です。一番少ない容量はb-mobileでは1GBまでですが、FREETELの100MBよりも安価です。

b-mobileでは1GBごとに200円が加算されるシステムですので、さらに合理的です。たとえば2GBまでの使用量の1.9GBあたりを使った時には、FREETELでは3GBまでの括りに入り1,600円ですが、b-mobileだと990円+200円の1,190円になります。

b-mobileのdocomo回線プランなら、今使っているスマートフォンがAPNの設定を変えるだけで、そのまま使えます

bモバイル公式サイトはこちら

FREETELの回線のメリット/デメリット

メリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット

FREETELの回線におけるメリットは、全国で繋がるdocomo回線を使っているということです。

デメリット

楽天モバイルに事業譲渡後も、楽天モバイルのMVNOであるdocomo回線に統合されることも無く、以前から有ったシステムをそのまま使っています。大きなテコ入れは無く、今後も期待出来ません。

FREETELの新規受付は、2017年12月に終了しています。

楽天モバイルのMVNOは、MNOのサービス開始と共に2020年4月に新規受付を終了しています。

楽天モバイルのFAQでは、FREETEL SIMの継続や終了には触れていませんが、楽天モバイルのMVNOに関しては明記しています。

Q:楽天モバイル(ドコモ回線/au回線)のサービスはいつまで継続しますか?

A:現在日程は決まっておりません。
サービス停止につきましては適切な猶予をもって行いますので、決定次第告知を行う予定です。
(引用:楽天モバイル公式サイト 2020/08/17現在

日程は明示していませんが、終了する前提です。

2017年の事業譲渡の時点で、楽天モバイルのMVNO会員は100万人・FREETELからの会員は40万人だったことが解っています。現状残っているFREETELからの会員数の詳細は不明ですが、少なくとも楽天モバイルのMVNOが終了した後も、FREETEL部門だけ継続するとは考えられません。

おすすめする今後

回線終了のアナウンスまで使い続けていくのも一つの手です。現状では、楽天モバイルUN-LIMITへのMNPで提示される優遇策はMNP手数料2000円が無料以外には見当たりませんが、正式に終了のアナウンスと併せて、新たな特典が出てくる可能性もあります。

しかし前述のように、価格的にメリットが有り、回線も高品質な選択肢はいくつもあります。乗り換え先を検討することをオススメいたします。

FREETELの回線は遅い?速度の口コミ

FREETELは既に新規契約受け付けを終了しています。価格コムなどの格安SIM一覧からも項目が無くなっています。

ネット上にある口コミも最新のものでも3年前になります。速度に纏わる口コミを抜粋してみました。

全体の口コミ

投稿日:2017.02.17
低速時は使えないわけではない、と言ったレベル。
画像の多いサイト等は表示されるまで時間が必要です。
動画閲覧は諦めた方がいいかと思います。

高速時は12:00付近・21:00付近を除けば
それなりに使える感じです。

キャリアやWi-Fiに比べたら
と言うか比べること自体がおかしな事ですが
速度はかなり遅いです。

通話(IP電話)SMARTalk+Zoiper IAX SIP VOIP Softphone:
docomoエリア内であれば問題なく発着信可能。
低速の場合は状況によっては
聞き取りにくかったり伝わりにくい場合があります。
高速の時に不具合を感じた事はありません。(みん評より)

投稿日:2017.03.10
半額になる通話アプリの音声はイマイチで使いにくいですね。めったに電話しないのでいいんですが。通信速度はふつうレベルです。(みん評より)

投稿日:2017.03.25
自宅にネット環境がないため格安SIM運用の選択をとりました。月によって使用量に偏りがあるため使った分だけ請求されるフリーテルならではのプランに入りました。休みが多い月には動画配信サイトを良く利用するため変動幅が大きいのです。多い時で20G少ない時で3Gのため大容量プランに入ってしまうと無駄になるのです。使った印象としては全くストレスなく見ることができるので助かっています。ただし休日前の夜はその限りではありません。(みん評より)

投稿日:2017.04.21
夫婦で月に¥2000ほどで済むということでした。これならガラケーよりも安い!!そして、速度は遅くなりますが「節約モード」という設定すると通信費用が無料です。「節約モード」のまま動画を見るのは難しいですが、自宅にいるときはWi-Fi利用で、外出先でネット検索や動画を見る機会もほとんどないライトユーザーには大変おすすめです。(みん評より)

投稿日:2017.04.07
持ち始めて三ヶ月ですが、通信速度が遅いときいていたけど、昼間しか使わないからか、遅いと感じた事はなく、今のところなんの不都合もないです。(みん評より)

投稿日:2017.09.24
これから購入を考えてる人はやめた方がいい
もし格安SIMにしたいのであれば楽天やワイモバイルの方がいい。 メリットとして感じるところがない音質、サービス対応、速度、全てが私の中で最低評価です。(みん評より)

投稿日:2018.02.22
DMMモバイルのSIMと2枚持ちで使いましたが。どちらも通信速度の高速と低速の切り替えがアプリで可能ですが。
低速の際の通信がDMMと比べ全く使えない。全く使いものになりませんわ。

高速モードは特にストレスないです。(みん評より)

FREETELは今後5G回線に対応する?

「5G」というのは、スピードの単位や周波数ではありません。

第5世代の通信規格という意味です。規格としての5G速度は、下り最大20Gbps以上・上り最大10Gbps以上です。それを実現するために現在の4Gで使われている700MHz帯~3.5GHz帯なのを5Gでは30GHz以上までのミリ波を含む高周波数帯も視野に入っています。

日本での5Gスタートは、3.7GHz帯・4.5GHz帯・28GHz帯を割り当てることになっています。

FREETELの5G回線対応に関して、楽天モバイル内に正式なアナウンスはありませんが、無いと断言できます。

MNOの楽天モバイルは2020年9月に対応する予定です。

まとめ

FREETELは、いずれ終了する可能性があります。現状は回線品質も誇るべきモノは無く、他社と比較して価格的なメリットもありません。乗り換えを視野に検討する時期に来ています。

データ通信のみでFREETELを使っている方には、MNP(番号を持って乗り換え)対象ではありません。楽天モバイルUN-LIMITには、データのみのプランは無く、音声プランのみなので、移るメリットを感じないかもしれません。でも1年間は無料で使えますから、とりあえず使ってみることもアリだと思います。

使った分だけ安心プランをご利用の方は、同じタイプで安価なb-mobileをオススメします。

データ通信のみで定額プランをご利用の方は、より高速通信が可能で安価なイオンモバイルをオススメします。

音声通話プランをお使いの方は、MNP手数料が無料になり、1年間無料キャンペーン中の楽天モバイルをオススメします。

楽天モバイル公式サイトはこちら

excite MVNO格安SIM比較編集部おすすめ! 格安SIM5選

楽天モバイル 楽天モバイル
Rakuten UN-LIMITEDがスタート!月額2,980円で対象エリア内は通信容量無制限。速度低下もなし!
先着300万名は1年間無料なのもお得なポイント
楽天モバイル 公式サイト
UQモバイル UQモバイル
au傘下で速度にも定評あり!データくりこしもできるので使う月も使わない月も無駄なく使えるのも魅力。通話プランも自分の電話のかけ方に合わせて選べます。 UQモバイル 公式サイト
ワイモバイル ワイモバイル
どのプランにも10分通話無料がついているのが嬉しいポイント。速度もわりと速いと評判、Softbank傘下で店舗も多く、初めての方でもおすすめ ワイモバイル 公式サイト
LINEモバイル LINEモバイル
SNSをたくさん使う人はデータフリーオプションがとにかくおすすめ!Instagram,Twitter,facebook,LINEなど実は容量を多くとるSNSがすべてカウントフリーに。(※一部facebookメッセンジャーなどカウントフリー対象外もあります。) LINEモバイル 公式サイト
mineo mineo
大容量から小容量、オプションなど豊富なプランで自分好みにカスタマイズ!「フリータンク」で余った容量を家族以外でもシェアしあえるのも魅力的。 mineo 公式サイト
enblo

この記事の著者
enblo

デジタル・流通・服飾 変わり種ライター集団です

clear 【大手キャリアから格安SIMへ】今ご利用中のプランにピッタリのおすすめ格安SIMを紹介
arrow_upward