menu
search

DTI SIMに乗り換える方法は?注意点や費用、MNP予約番号発行方法まで詳しく解説!

思う存分に、音楽や動画を毎日楽しみたい!でも月の半ばを待たずして通信制限がかかることが多い!3GBや5GBでは全然足りない!大容量プランは、docomoの30GBプランだと7,150円にもなって払えない!

データ通信量の目安として、音楽ストリーミング再生では、1曲聴くと約10MB・5分の動画を見ると約10MBは消費します。毎日の通勤通学だけでも理想的な使い方をすれば、1日あたりモロモロ入れて1GB位は必要かもしれません。月にすると30GB以上必要だから現実的じゃ無いと普通は諦めますよね?

DTI SIMは、そんな夢を現実にしてくれるMVNOです。毎日1.4GBまで使える環境を月額2,000円台で実現するプランを提案しています。DTI SIMのプランを解説しながら、乗り換える手順をご紹介します。文中価格は表記が無い限り税抜です。

DTI SIM公式サイトはこちら

DTI SIM乗り換えにかかる費用

引用元:公式サイトhttps://dream.jp/mb/sim/option/otokucall/(2020/06/06現在)

乗り換え(MNP)には手数料が必要!

DTI SIM乗り換える時にかかる費用は以下の通りです。

  • MNP転出手数料-乗り換え前の通信会社への支払い
  • 違約金-乗り換え前の通信会社への支払い
  • 初期費用-DTI SIMへの支払い

MNP転出手数料

MNPを使って番号を持って通信会社を移るときに、元々契約していた通信会社に支払う事務手数料として存在しているのが、MNP転出手数料です。

MNPとは、Mobile Number Portabilityの頭文字で、日本語に直訳すれば、「携帯電話番号を携帯して」という意味です。

これは、自分の使っている電話番号を持って、別の通信会社に移動できる事を言います。

携帯電話の電話番号は、友人知人に伝えてあるだけではなく、色々な登録にも使われています。この番号を変えてしまうと、色々な人に電話番号が変わる旨を伝える必要がありますし、何に登録してあるのか完全に把握している人はいません。

一昔前は、通信会社を変わると強制的に番号が変わりました。それが嫌で、ユーザーは通信会社を事実上変われない状況が続いていたのです。

携帯電話の料金が高止まりしている原因は、ユーザーの流動性が無いからだと考えた国の指導でMNPが始まり、電話番号を持って通信会社を移動することが可能になった経緯があります。

主な会社のMNP転出手数料です。

  • docomo(2019年9月までの契約) 2,000円
  • docomo(2019年10月からの契約) 3,000円
  • au 3,000円
  • SoftBank 3,000円
  • Y!mobile 3,000円

現在契約中の通信会社が上記に無い場合は、HPをご覧になるか、契約中の会社にお問い合わせください。

使ってるキャリアや期間によっては解約に対する違約金が発生することも

2019年10月以降は、法律によって違約金が1,000円以内に定められました。しかし、これには例外規定があり、100万人以下のユーザー数の通信会社には適用されません

また、2019年9月末以前の契約については、上記法律の対象外で適用されません。2年縛りと限定された解約月の制度は、依然として生きています。

解約月とは、2年に一度訪れる無料で解約出来る月のことです。この月を逃すと、自動的に新たな2年契約が結ばれます

画像:excite

2019年9月末以前の契約は、解約月以外の解約は違約金が9,500円(最大で12000円)かかる事が多いです。

上記対象期間に契約された方は、契約内容と解約月を確認してください。

3大キャリアと契約中の方は、マイページから簡単に確認出来ます。

  • ドコモ → My docomo
  • au → My au
  • ソフトバンク → My SoftBank

乗り換えるには、タイミングが大切です。

  • 3大キャリアの場合、契約2年後の解約月と呼ばれる月の前後3ヶ月
  • MVNO系の通話系プラン場合、26ヶ月目の1ヶ月間など、制約ある限定の月(解約月)

MVNO(格安SIM)では2019年9月以前の契約でも、解約違約金を設けていないプランが多くあります。しかし音声通話付きSIMの場合は、多くの会社で1年以内の解約については、違約金を設けています

違約金金額は、1年以内一律の場合と、経過月により変動する場合があり各社で差があります。どの通信会社も1年を超える契約の場合に、違約金はかかりません

契約時に端末を同時購入している方・機種変更されている方は、経過月によって違約金がかかる場合があります。通信会社や端末の金額・受けた特典によって金額は変わりますのでご注意ください。

違約金は通信会社やプラン・経過期間によっても異なります。現在契約中の会社へご確認ください。

*一部キャリアの一部プランでは、2019年9月13日以降は違約金が無い事もあります。(SoftBank)

DTI SIMに対する登録事務手数料とSIMカード発行手数料が必要

事務手数料 3,000円 + SIM発行手数料 394円がかかります。

最低利用期間

番号を持って乗り換えるMNPの場合の契約は、音声通話付き機能になります。

音声通話機能付きSIMには、12ヶ月の最低利用期間があります

契約解除料

音声通話機能付きSIMの最低利用期間内の解約は、9,800円の契約解除料がかかります。

音声通話機能付き以外のプランに、プラン変更した場合も同様の金額がかかります。

DTI SIM公式サイトはこちら

DTI SIMへの乗り換え手順

DTI SIMのプランはシンプルで解りやすいです。

MNPでの乗り換えの場合には、音声プランで必要なデータ量を選ぶだけです。オプションも音声通話のオプションが大半で、必要なものだけチョイスすればOKです。

プラン詳細を見ていきましょう。

通常プラン

容量 音声プラン
1GB 1,200円
3GB 1,490円
5GB 1,920円
10GB 2,800円
毎日1.4ギガ使い切り 2,900円

一覧の中の一番下、「毎日1.4ギガ使い切り」が目を惹きますね。冒頭でも紹介した毎日1.4GBまで使えるプランです。毎日1.4GBということは1.4GB×30日とすると最大で42GBになります。その容量で通話機能付きSIMが月額2,900円という驚きのプライス!

高ポリゴンの繊細なゲームを存分にしたり、YouTubeを見まくったり!1日に1.4GBというのは、かなりコスパ高いです。

画像:excite

そこまでヘビーに使わない!という方は、10GBプランも安いですが・・100円差ですからね。沢山使う方には迷う理由がありません。また、3GBのプランも安いと思います。MVNOの3GBの音声プランは1600円前後がおおよそ業界価格になっています。

お試しプラン

初めてDTI SIM申し込みする人限定のプランを用意しています。

契約から半年間は、かなり割安になっていてオススメです。

データ通信専用プランは無料になっていますが、番号を持ち込むMNPの場合は選択出来ません。通話も使う場合は、音声プランを選ぶ必要があります

プラン名 1カ月目~6カ月目 7カ月目以降
でんわ定額プラン 3GB 1,520円 2,310円

音声通話機能を付帯するだけではなく、10分以内の国内電話が何回かけても無料になるオプションが、自動的に付いてきます。このオプションは月額820円ですから、通常価格の1490円に加えると2,310円になります。半年間は1,520円になるわけですから、かなりお得です。

お試しプランは非常にお得ですが、注意しなければいけない点もありますのでまとめます。

  • 半年間無料のプランでも、申し込み月に事務手数料3,000円と発行手数料394円がかかります。
  • ユニバーサルサービス料金は別途かかります。(数円です)
  • 音声プランは最低利用期間があります。(12ヶ月)
  • 音声プランで最低利用期間内に解約したり、データプランへ移行すると解除料9,800円がかかります。
  • 契約から半年間の特典期間中は、データ量を翌月に繰り越し出来ません。

オプション

オプションは次の通りです。

音声プラン オプション 初期設定 月額基本料金
おとくコール10 なし
(音声プラン申し込み時に選択)
(MyDTIから申し込み)
820円10分以内の対象通話は無料です。
10分超過後は10円/30秒の通話料が必要です。
一部発信できない番号があります。
おとくコール なし
(音声プラン申し込み時に選択)
(MyDTIから申し込み)
無料
別途通話料金(10円/30秒)が必要です。
一部発信できない番号があります。
国際電話
(World Call)
あり 無料
別途通話料金が必要です。
(利用停止目安額:50,000円/月)
国際ローミング(World Wing) なし
(MyDTIから申し込み)
無料
別途通話料金が必要です。
(利用停止目安額:50,000円/月)
転送電話(国内) あり 無料
別途通話料金が必要です。
転送電話(国外) なし
(MyDTIから申し込み)
無料
別途通話料金が必要です。
留守番電話 なし
(MyDTIから申し込み)
300円
キャッチホン なし
(MyDTIから申し込み)
200円

初期設定になっている状態で契約すると、無料でも使えないオプションがあるので注意してい下さい。

特に、おとくコールは月額基本料金無料で、10円/30秒の通話料で電話が出来ます。国際通話・ナビダイヤル・緊急通報は利用できません)

専用アプリ「おとくコールアプリ」の利用が必要です。

おとくコール10をご利用しない方は、申し込まない手はありません。申し込まなかった場合は20円/30秒の通話料になります。

DTI SIMはdocomo回線のみの展開です。

docomoを現在お使いの方は、手持ちの端末をそのまま使えます。

SIMフリー機種をお使いの方も同様です。

iPhoneは、アップルで購入したSIMフリー版や、キャリアで購入した端末も使うことが出来ます。キャリア購入のiPhoneはau・SoftBank版はSIMロック解除する必要があります。

動作確認済み端末は公式ページで確認出来ます。

乗り換え前にはこちらを用意!

DTI SIMに乗り換える前の準備に、必要なものをまとめました。

  • MNP転出予約番号
  • クレジットカード
  • 本人確認書類(運転免許証・パスポート・マイナンバーカード等の顔写真付きの物)
  • 使用可能を確認した端末・SIMフリー端末
  • 連絡のとれるメールアドレス(フリーメールでOK)

日本郵便の本人限定受け取り郵便でのSIM発送になるので、受け取り時にも写真付き本人確認書類が必要です。2020年4月1日より健康保険証での受け取りは出来なくなりましたのでご注意下さい。

①現在使っているキャリアでMNP手続きをし、番号を発行する

番号を持って乗り換える場合には、契約中の通信会社に連絡して、MNP転出予約番号を受け取る必要があります。

MNP転出予約番号は15日間という期限があります。DTI SIMは11日間以上の有効期限が残っていないと乗り換え申し込みができません。申し込みは4日以内にしてください

有効期限を経過後はMNP転出予約番号が無効になり、自動的に現在の契約プランが続行されます。その場合、MNP転出手数料はかかりません。何も無かったことになるわけです。

どの会社でもMNP転出予約番号の発行方法は殆ど同じです。

ショップ・オンライン・電話の3通りの方法があります。

ショップに行ったら、MNP予約番号が欲しい旨を伝えればOKです。オンラインの場合も下記にある手順で出来ます。(docomo以外オンラインで出来るのは、ガラケー解約のみです)

オススメするのは電話での取得です。手間も時間も一番かかりません。

音声ガイダンスに従って、オペレーターに電話が繋がったら、本人確認の為の情報提供を求められます。確認がとれたら「MNP予約番号の発行をお願いします」と告げてください。(SoftBankの場合は契約時の暗証番号を求められます。解らない場合は放置しておくと、自動的にオペレーターに繋がります)

引き留める為に、現在契約中の通信会社からオファーの提示を受けることもあります。内容を吟味した上で判断してください。最終的に自分にとって、どちらがメリットがあるのか?お考えください。

そんな後にMNP転出予約番号(10桁の数字)が発行されます。口頭で伝えられるのを、念のためメモしても良いですが、電話を切った後に契約中のスマートフォンにSMS(ショートメッセージ)で送られてきます。これで電話での一連の作業は完了です。

docomoの場合

ご利用方法 MNP予約受付窓口 受付時間
携帯電話 151 9:00~20:00
一般電話 0120-800-000
パソコン My docomoより「各種お申し込み・お手続き」をご選択ください。 9:00~21:3

auの場合

ご利用方法 MNP予約受付窓口 受付時間
携帯電話/一般電話 0077-75470 9:00~20:00
EZWeb トップより「auお客さまサポート」をご選択ください。
その後「申し込む/変更する」をご選択ください。
9:00~21:30

SoftBankの場合

ご利用方法 MNP予約受付窓口 受付時間
携帯電話/一般電話 0800-100-5533 9:00~20:00
Yahoo!ケータイ トップより「My SoftBank」をご選択ください。
その後「各種変更手続き」をご選択ください。
9:00~21:30

②DTI SIM公式サイトにアクセスする

DTI SIM公式サイト右上にある「お申し込み」を押します。

降りてきたウィンドウから、「新規お申し込み」を押します。

ご自身のメールアドレスを入力して、「認証コード送信」を押します。

4桁の認証コードが入ったメールが到着します。

先ほどの登録画面に、認証コード入力フォームがあるので入力し、「認証する」ボタンを押します。

そのまま画面を下の方に送ると、利用規約等の確認をして同意欄にチェックを入れて、「次のページへ進む」を押します。

③プラン等を選択する

画面に表示されている項目をチェックして下に送っていきます。

「注意事項・利用規約・約款を確認する」ボタンを押します。

内容を確認して、チェック項目にチェックを入れてください。

MNP乗り換えするを選択して、予約番号等必要事項を全て入力してください。

次にオプションを選びます。おとくコール10を申し込まない場合は、おとくコールを無料で申し込んでください。

次にSIMカードサイズを選びます。iPhoneならnanoSIMです。Androidも最近の機種はnanoSIMが多いです。お使いになる端末のSIMサイズを選択してください。

④開通手続きが必要

手続きが完了したら、3~5営業日でSIMカードが届きます。必要な物のところでも説明しましたが、日本郵便の本人限定受け取り郵便で来ますので、受け取りに本人確認書類が必要です。

契約手続きを完了して、DTI SIMから荷物が到着しても、契約中の通信会社はまだ有効になっていて、開通・切替手続きをするまで普通に使えます。

荷物が到着後に、DTI SIMに回線を切り替える作業をしてください。

(新しいDTI SIMのSIMは、旧SIMの電波表示が圏外になってから差し込んでも良いと思います)

My DTIにログインをして開通依頼の手続きを行います。

ログインには以下の情報が必要です。

  • 申し込む際に登録したメールアドレス
  • 申し込み後に届く「DTI SIMご入会のご案内」に記載されているパスワード

作業を完了すると、開通完了のお知らせメールが届きます。このメールが届いた時点で、使っていた古いSIMは使用不可になります。

⑤開通にはAPN(ネットワーク)設定が必要

DTI SIMで、データ通信接続が出来る様に端末を設定する必要があります。

これがAPN設定です。

iPhoneAPN設定

こちらからプロファイルのインストールをしてください。

詳細は公式ページをご確認ください。

AndroidのAPN設定

Android9.0の画面で説明します。

バージョンや機種によって表示が異なる場合がありますが、概ね同じです。

1.スマートフォンの電源を切って、DTI SIMのSIMカードをセットしてください。

2.設定からネットワークとインターネットをタップ

*バージョンによっては、設定画面で下部にある「もっと見る」の中にある場合もあります。

画像:excite

3.モバイルネットワークをタップ

画像:excite

4.詳細設定をタップ

画像:excite

5.下部にあるアクセスポイント名をタップ

画像:excite

6.一覧の中にDTI SIMがあれば、選択します。

*あった場合はこれで完了です

画像:excite

7.一覧に無い場合は、上部左にある+をタップ

画像:excite

8.以下の項目に入力してください。

代表的な設定項目名 設定値
APN名、アクセスポイント名 任意(例:DTI)
APN、APN設定 dti.jp
ID、ユーザーID、ユーザー名 dti
Password、パスワード dti
認証タイプ、PPP認証タイプ、暗号タイプ CHAP または PAP
PDPタイプ *設定が必要な場合のみ IP
ダイヤル番号 *設定が必要な場合のみ *99***1#

画像:excite

9.画面を下に送ります

画像:excite

10.右上の・3つ縦に並んでいるところを選択して、保存を選択

画像:excite

以上で設定完了です。

DTI SIMに乗り換えに関するFAQ

DTI SIMのよくある質問です。

最低利用期間(縛り)はある?

音声通話機能付きSIMには、12ヶ月の最低利用期間があります

期間内の解約は9,800円の解除違約金がかかります。

端末はDTI SIMでも買える?

端末販売はしていません

契約直後からすぐ使えるようになりますか?

SIMカードの到着後に、MyDTIよりSIM有効化手続きを行います。

数分から2時間程度で使えるようになります

年末年始を除き10:00~17:00が受付時間です。

契約後すぐにSIMカードは受け取れますか?

申し込み完了の3~5営業日で発送されます

「毎日1.4ギガ使い切りプラン」の締めはいつですか?

1.4GBを一日のうちで使い切ると、月次プランと同じように200Kbpsにスピード制限がかかります。翌日の0:00にリセットされ1.4GB使えるようになります。

翌日への容量の繰り越しはありません。追加データをチャージした場合も同様です。

【まとめ】DTI SIMへの乗り換えは超簡単!通信費を安くお得にする第一歩を踏み出そう

docomo回線と契約中で、大容量プランを使っている方は、DTI SIMを検討してみる価値が大いにあります。MNPでDTI SIMに乗り換えれば、今使っているスマートフォンで、同じように使うことが出来るのに、月々の支払いが大幅に削減されます

今使っている番号を持って乗り換えるMNPは簡単です。手順さえキチンと踏めば、問題無く使えるようになります。

少しの手間と勇気で、月々に数千円は違う事が多いです。年間にすれば数万円単位で変わってきます。DTI SIMオススメいたします。

DTI SIM公式サイトはこちら

arrow_upward