menu
search

DTI SIMのドコモ回線を徹底解説!「毎日1.4ギガ」がお得なオススメSIM

インターネットプロバイダとして20年以上の歴史があるDTIが提供する格安SIM「DTI SIM」。

DTI SIMではドコモ回線を使って通信ができますが、ドコモとの違いや速度、評判など気になることがたくさんありますよね。

そこでこの記事ではDTI SIMのドコモ回線の通信エリアやプラン、メリットやデメリットを詳しく解説していきます。

この記事で回線に関する悩みを解決して、DTI SIMの契約を検討してくださいね。

DTI SIM公式サイトはこちら

DTI SIMの回線は1種類

DTI SIMではドコモ回線のみ提供を行っています。回線を選ぶことができないデメリットがありますが、一方でドコモ回線にサービスを集中することで、ユーザーの満足度を高めているという考え方もできます。

docomo回線

DTI SIMはdocomo(ドコモ)から回線を借り受けてサービスを行っています。そのため、ドコモと同じ通信ができると思って問題ありません。

通信エリア

DTI SIMのドコモ回線はLTE「Xi®(クロッシィ)」エリア、3G回線の「FOMA®」エリアで利用できます。基本的にはLTEエリアで接続されますが、電波が悪いところでは3G回線に接続されます。

もしものときのために3G回線エリアでも使えるのは心強いですね。詳細なエリアはドコモ公式サイトで確認できます。

ドコモ回線のエリア(ドコモ公式サイト)

DTI SIMの回線ごとの料金プラン

DTI SIMの料金プランを確認しておきましょう。DTI SIMは非常にシンプルなプランで、初心者の方でも分かりやすくなっています。

容量 音声プラン データSMSプラン データプラン
1GB 1,200円 750円 600円
3GB 1,490円 990円 840円
5GB 1,920円 1,370円 1,220円
10GB 2,800円 2,250円 2,100円
毎日1.4ギガ使い切り 2,900円 2,350円 2,200円

音声プラン

DTI SIMの音声通話SIMには、毎月使えるデータ容量によって、5つの料金が設定されています。

特に注目したいのが「毎日1.4ギガ使い切り」です。文字通り、1日あたり1.4GBまで使えるプランで、容量を使い切ってしまった後は200kbpsに制限されます。しかし、翌日の0時にはリセットされるので、何日も速度が解除されるのを待たないといけない…なんてことがありません。

データSMSプラン

DTI SIMのデータSMSプランでは、データ通信に加えてSMSも利用できます。データ通信の容量は音声通話SIMと同じ5種類。特に10GBの通信が2,250円で使えるのはお得です。

たっぷりデータが使いたい人は「毎日1.4ギガ使い切り」を選んでもいいですね。10GBから100円プラスするだけで使えます。

データプラン

SMSが不要な人はデータプランでお得に使いましょう。1GBなら600円から使えます。SMSプランと同じく、10GBは2,100円と最安レベル。

毎日たくさんデータを使いたいならプラス100円で「毎日1.4ギガ使い切り」を選んでもいいですね。

DTI SIM公式サイトはこちら

DTI SIMの回線のメリット/デメリット

ここではDTI SIMで利用できるドコモ回線のメリットとデメリットを紹介します。契約してから後悔しないように、デメリットについても理解しておくといいでしょう。

メリット デメリット
・「毎日1.4ギガ使い切り」を選べる

・820円で10分以内かけ放題に加入できる

・初めての契約でお得に使える

・ドコモのスマホがそのまま使える

・運営元がDTIで安心できる

・回線を選べない

・スマホをセットで買えない

・最低利用期間がある

それぞれ確認していきましょう。

メリット① 「毎日1.4ギガ使い切り」を選べる

DTI SIMの中で最も特徴的なのが「毎日1.4ギガ使い切り」です。先程も紹介しましたが、毎日、1.4GBのデータ通信ができるプランで、音声通話SIM、SMS付データ専用SIM、データ専用SIMで利用できます。

  • 1.4GB×30日で最大で42GB/月まで高速通信できる
  • 制限後も200kbpsで低速通信ができる
  • 毎日0時には制限が解除される
  • 10GBプランとの差額はたったの100円

といった点がポイントです。

10GBから100円追加しただけで、毎月42GBの通信ができるようになるので、10GBを契約するなら「毎日1.4ギガ使い切り」を検討してもいいかもしれませんね。

メリット② 820円で10分以内かけ放題に加入できる

DTI SIMなら格安SIMでもかけ放題に加入できます。10分以内の電話がかけ放題になる「おとくコール10」(820円)は、10分を超えてしまっても10円/30秒で通話できます。もちろん電話を1回切れば、何度でもかけ放題です。

かけ放題が必要だから格安SIMには移行できない…という人も安心して乗り換えられます。

メリット③ 初めての契約でお得に使える

DTI SIMでは初めて契約する人を対象に、お得に使えるプランが用意されています。

  • 音声通話SIM→でんわ定額プラン3GB
  • SMS付データ専用・データ専用→半年お試しプラン3GB

音声通話SIMの「電話定額プラン3GB」は、3GBのデータ通信と10分以内かけ放題オプションが、最初の半年間1,520円で利用できます。通常は2,310円かかるので、一月あたり790円、半年で4,740円もお得になります。

またSMS付きデータ専用SIM・データ専用では「半年お試しプラン3GB」が用意されています。最初の半年間、なんと無料で使えるので、SMS付きなら5,940円、データ専用SIMなら5,040円お得になります。

初めて契約する人のみが対象ですが、いきなり正規の契約するのが不安…という人は、まずはお試しプランを使ってみましょう。

音声通話SIMの場合は、お試しプランでも最低利用期間(12ヶ月)があるので注意してください。

メリット④ 運営元がDTIで安心

これは回線のメリットではありませんが、DTI SIMを運営するDTIは、20年以上に渡ってインターネット業界で活動している企業です。

格安SIMの運営元の中には、新規参入でサービス面が不安な会社もあるので、これだけの実績があれば安心して契約できます。

デメリット① 回線を選べない

DTI SIMはドコモ回線以外の回線を選べません。最近では一つの格安SIMで2つ、3つの回線を扱っているところも珍しくありません。ドコモ回線しか選べないことをデメリットと感じる人もいるでしょう。

しかし、そもそも格安SIMはドコモ回線でいい、という人も多いと思うので、そのような人にとってはあまり関係ないことですね。

デメリット② スマホをセットで買えない

DTI SIMではSIMカードとセットで端末を買えません。格安SIMへの乗り換えのタイミングでスマホも買い替えたいなら、他でスマホを購入する必要があります。

ドコモのスマホがあればSIMロック解除なしでそのまま使える可能性が高いです。

デメリット③ 最低利用期間がある

音声通話SIMには最低利用期間があります。利用開始月から12ヶ月経過する月の末日までに解約する場合は、9,800円(税別)の解約違約金がかかります。

DTI SIMの回線は遅い?速度の口コミ

格安SIMを契約する上で重要なのが回線の速度。大手キャリアよりも速度が低下するのは仕方がないことですが、少しでも快適な通信ができる格安SIMを選びたいところです。

ここではDTI SIMを使っているユーザーの口コミを紹介します。

docomo回線

DTI SIMのドコモ回線を使っている人の口コミには以下のようなものがありました。

  • 遅すぎて話になりません。一番スマホを使いたい、通勤中の電車内、お昼休みのご飯中などは全く使い物になりません。
  • 突然せいげんがかかったりするので話になりません。
  • 少しだけ今までより遅い感じがするが、動画を視聴するとかでなければ十分
  • 繋がりにくいと思ったことはないし、速度も遅いと思ったことはない。
  • google speedtestで1.2Mから2Mぐらいでしょうか。午前8時から午後5時までは、1M以下になることが多いようです。

引用元:https://kakaku.com/

docomo回線の口コミの総評

口コミは賛否両論といったところでした。少しだけ遅いときもあるが気にならない、といった声がある一方で、遅すぎるという辛辣な意見もありました。

通信速度はエリアや時間帯によって大きく変わります。また同じ速度でも人によって感じ方は異なるでしょう。

1.2〜2Mbpsの速度が出ているという口コミが参考になりますね。最低でもこれくらいの速度が出るのなら、ストレスを感じることは少ないはずです。

DTI SIMの回線の申し込み手順

引用元:https://dream.jp(2020/06/07現在)

ここではDTI SIMの申し込み方法を確認しておきましょう。手続きは以下の流れで進めます。

  1. MNP予約番号の発行
  2. 公式サイトで申し込み
  3. SIMカードの受取り
  4. 初期設定

それぞれ確認していきましょう。

手順① MNP予約番号の発行

音声通話SIMの契約で他社から電話番号を引き継ぐときは、転出元でMNP予約番号を発行しておきましょう。

以下、大手キャリアでのMNP予約番号の発行方法です。

ドコモのMNP予約番号取得方法

  • 携帯電話:151
  • 一般電話:0120-800-000
  • Web:My docomo>各種お申し込み・お手続き

auのMNP予約番号取得方法

  • 携帯電話・一般電話:0077-75470
  • WEb:EZWebトップ>auお客様サポート>申し込む/変更する

ソフトバンクのMNP予約番号取得方法

  • 携帯電話・一般電話:0800-100-5533
  • Web:Yahoo!ケータイトップ>My Softbank>各種変更手続き

なお、MNP予約番号を発行してから4日以内に申込みをしないと、手続きできないこともあるので注意してください。乗り換え当日に発行するのがおすすめです。

手順② 公式サイトで申し込み

申込みをする前に、以下の書類等を用意しておきましょう。

  • MNP予約番号
  • クレジットカード
  • 本人確認書類

また、事前に使いたいスマホのSIMカードのサイズも調べておいてください。

公式サイトにアクセスして申込みを行います。最初に新規申し込みフォームにメールアドレスを入力すると専用の申し込みURLが届くので、そちらから手続きを進めます。

手順③ SIMカードの受取り

申込みから3〜5日後にSIMカードが到着します。DTI SIMの音声通話SIMは本人限定受取郵便で届きます。以下の方法でSIMカードを受け取ってください。

  1. 郵便局から契約者宛に通知書が届く
  2. 配達か窓口で受取り(自宅受取→郵便局に連絡して配達希望日の連絡/郵便窓口で受取→通知書に記載の窓口で受取り)

手順④ 初期設定

SIMカードを端末にセットして、同梱されているマニュアルに沿ってAPN設定を行ってください。

MNP乗り換えの場合は、APN設定の前にMy DTIにログインして「開通依頼の手続き」を行ってください。開通が完了してからAPN設定を行いましょう。

DTI SIMの回線は途中で変更/切り替えできる?

DTI SIMを契約して、途中で回線プランの変更はできるのでしょうか。

結論:Webから変更手続きが可能

DTI SIMでは同じプラン内での容量のみの変更、別のプラン種別への変更がMy DTI(マイページ)からできます。

音声通話SIM→データ専用SIMなど「別のプラン種別への変更」の場合は、新しいSIMカードが届き次第、旧プランのSIMカードが解約されるので、電話番号は変更されます。

手順①:同じプラン内の容量のみの変更

My DTIから申し込みをします。変更は申込みの翌月から適用されます。毎月25日まで申込みを受け付けています。手数料は無料です。

手順②:同じプラン内の容量のみの変更(SIMカードサイズの変更)

My DTIから申し込みをします。申込みが確認されると新しいSIMカードが発送されます。新しいSIMカードには旧SIMカードの通信容量が引き継がれます。

SIM発行手数料の3,000円、ドコモSIM発行手数料394円がかかります。

手順③:別のプラン種別への変更

My DTIから申し込みをします。新しいSIMカードが届き次第、古いSIMカードは解約になります。新しいSIMカードにはそれまでの当月の通信容量は引き継がれず、新しい契約プランのデータ容量が付与されます。

SIM発行手数料の3,000円、ドコモSIM発行手数料394円がかかります。

回線変更の注意点

容量・プラン変更の際は以下の点に注意してください。

  • 容量変更(SIMカードサイズの交換)の場合、申請翌日から新しいSIMが到着するまでの間、手持ちのSIMカードは使えなくなる
  • 容量変更(SIMカードサイズの交換)、別プランへの変更の場合、変更の申込み月の翌々月25日までに旧SIMカードを変更しないと、紛失手数料として3,000円がかかる

DTI SIMは今後5G回線に対応する?

2020年3月、これまでの4G回線と比べて高速・低遅延の次世代の通信サービス「5G回線」が大手キャリアでスタートしました。エリアはまだまだ限られていますが、今後はメイン回線として使われていく予定です。

そこで気になるMVNOの対応ですが、現時点でDTI SIMを含む格安SIMの5G回線の開始時期は未定です。

しかし、大手キャリアはMVNOに対しても5G回線を提供することを決めているので、近い内に格安SIMでも5G回線が利用できるようになるでしょう。

まとめ

DTI SIMで使えるドコモ回線について、プランやメリット・デメリットを紹介しました。

  • DTI SIMのドコモ回線はLTE以外に3G回線にも対応
  • プランは容量に合わせて5種類。毎日1.4ギガ使い切りがかなりお得
  • 速度の口コミは満足〜不満まで賛否両論

といった点がポイントでした。

速度については人によって口コミの差があるので、DTI SIMが気になる人は、まずはデータ専用SIMのお試しプランを使ってみるのがおすすめ

データ専用SIM(SMS付を含む)なら最低利用期間なしで、半年間は無料で使えます。通信速度を確認して満足いく結果を得られたなら、音声通話SIMへの乗り換えを検討するのが良さそうです。

DTI SIM公式サイトはこちら

arrow_upward