menu
search

bモバイルで機種変更するときのスマホの買い方を徹底解説!iPhone/Androidに対応

データを使った分だけ支払う「990 JUST FIT SIM」が人気にbモバイル。

老舗企業の日本通信が運営しているので、安心して使っている人も多いと思います。

一方でbモバイルユーザーからは「機種変更ってどうやってやるの?」という声をよく聞きます。bモバイルはSIMカードのみ発行している格安SIMなので、端末は自分で用意しなくてはいけません。

「そもそもどこでスマホを買ったらいいの?」

「どんなスマホなら使えるの?」

「ドコモ回線とソフトバンク回線があるけど、用意するスマホも違うの?」

など、特に初めて機種変更する人には分からないこともたくさんありますよね。

そこで、この記事ではbモバイルユーザーが機種変更する方法を詳しく解説していきます。bモバイルで使えるスマホについて、どこでスマホを買うのかなど、具体的にお伝えするので、ぜひ参考にしてくださいね。

bモバイル公式サイトはこちら

bモバイルで機種変更はできる?

bモバイルはスマホの扱いがないとお伝えしましたが、もちろん、機種変更はできます。自分が好きなタイミングで、好きなスマホに機種変更できます。大手キャリアなどと比較しても、かなり自由にスマホを買い替えることができます。

そもそもスマホの買い替えのタイミングが分からない、という人もいると思います。具体的に◯年に1度と決まっているわけではないので、以下のスマホの状態を目安にして機種変更するのがいいでしょう。

  • 複数のアプリを立ち上げるとモタモタするようになった
  • バッテリーの持ちが悪くなりモバイルバッテリーが欠かせなくなってきた
  • 画面が割れてしまった
  • OSのアップデートが行われなくなった

最近のスマホは性能がいいので、3年、4年と使おうと思えば使えてしまいます。しかし、続けて使用していると動作が重くなってきたり、バッテリーの減りが早くなります

また、古いスマホになるとAndroidやiOSのアップデートが行われなくなります。別に新しいOSじゃなくてもいい、と思っている人もいるかもしれませんが、古いOSはセキュリティの面で危険なので、できれば最新のOSが使えるスマホに乗り換えることをおすすめします。

bモバイルで機種変更する方法は1つ

お伝えしているとおり、bモバイルではスマホの販売を行っていません。そのため、今使っているスマホから機種変更する場合は、SIMフリーのスマホを購入して機種変更する以外に方法はありません。

スマホに詳しい人は自分で購入して機種変更するのに向いている

一般的に格安SIMで機種変更する方法には「格安SIMが販売しているスマホを購入して機種変更する方法」と、「自分でSIMフリースマホを買って機種変更する方法」の2パターンがあります。

前者の「自社で販売しているスマホに機種変更する方法」は、どちらかというとビギナー向けの方法です。自社販売のスマホなら電波への対応を心配する必要はありませんし、初期設定をした状態で届けてくれることも多いです。

メリットはありますが、逆に言うと、それくらいしかメリットがありません。

bモバイルユーザーは、既に自分で用意したスマホを使っているはずですので、ある程度自分でスマホや回線について調べることができる人が多いと思います。

  • 世の中にあるSIMフリースマホの中から自分が好きなスマホを選べる
  • 買う場所を選べる
  • 中古でも買える

といったように、SIMフリースマホを使うメリットはたくさんあります。

bモバイル公式サイトはこちら

bモバイルで自分で購入した機種に変更する方法

bモバイルでSIMフリースマホを買って機種変更する方法と、注意点を確認しておきましょう。

  1. bモバイルで使える端末を確認する
  2. 条件を決める
  3. スマホを購入する
  4. 初期設定を行う

改めて確認していきましょう。

手順①:bモバイルで使える端末を確認する

引用元:https://www.bmobile.ne.jp/(2020/06/23現在)

まずはbモバイルで使えるスマホを確認します。

bモバイルの音声通話付きSIM「990 JUST FIT SIM」では、ドコモ回線とソフトバンク回線が使えます

  • ドコモ回線:LTE(PREMIUM 4G)、 LTE、LTE(800MHz)、 FOMA
  • SoftBank 4G LTE、 SoftBank 3G(「SoftBank 4G」には対応していません)

SIMフリースマホを買う場合は、それぞれの回線に対応した機種を購入してください。

bモバイルの公式サイトでは動作確認端末一覧が掲載されています。まずはこちらを確認して、自分が使いたいスマホの記載があるか確認しておきましょう。

利用できる端末(bモバイル公式サイト)

ソフトバンク回線のAndroidスマホへの対応は未確認

上記の端末一覧はドコモ、ソフトバンク回線それぞれの対応機種を確認できますが、ソフトバンク回線はiPhoneの動作確認しか行われていません

ソフトバンク回線をAndroidスマホで使いたい人もいると思います。あくまで理屈に基づけば、という話にはなりますが、SIMフリースマホでソフトバンクの周波数に対応していれば、Androidスマホでも使える可能性は高いです。

手順②:条件を決める

SIMフリースマホを購入する際に決めておきたい条件は以下のとおり。

  • AndroidスマホかiPhoneか
  • 予算
  • 容量
  • 新品か中古品か

まずは「AndroidスマホにするかiPhoneにするか」、そして予算を決めます。使える費用が決まれば容量や「中古か新品か」どちらを選べばいいのか、自ずと決まってきます。

手順③:スマホを購入する

自分でSIMフリースマホを買うなら、少しでも安く購入したいところです。

iPhoneの場合は、基本的には値引きして販売されることはありません。Apple Store、家電量販店など、どこで購入しても新品の価格は同じです。
少しでも安く購入したい人は中古を狙ってみましょう。

Androidスマホは店舗によって販売価格に差があります。新品を安く買いたい人におすすめなのが「他の格安SIMのキャンペーンを狙う」ことです。

格安SIMの中には新規・乗り換え契約が条件で、セットの端末を大きく値下げして販売することがあります。不要な回線契約が増えてしまいますが、トータルで考えるとお得になるケースもあります。他でお得なキャンペーンをやっていないかチェックしておきましょう。

手順④:初期設定(APN設定)

スマホを購入したら初期設定を済ませましょう。SIMカードを差し替えて「APN設定」を行います。

APN設定は、新しいスマホにbモバイルで通信するための情報を入力する作業です。AndroidスマホとiPhoneで方法が異なるので、それぞれの手順を確認してください。

AndroidスマホのAPN設定方法

Androidスマホは機種によって設定内の表記が異なります。以下を参考にして、設定を行ってみてください。

  1. SIMカードの挿入
  2. 「設定」>「無線とネットワーク」>「モバイルネットワーク」>「アクセスポイント名(APN)」を選択して、メニューから「新規追加」
  3. 以下のAPN情報を入力
  4. 入力したAPNを選択

③のAPN情報はドコモ回線、ソフトバンク回線で異なります。

【ドコモ回線のAPN情報】

  • 名前:b-mobile(任意)
  • APN:bmobile.ne.jp
  • ユーザー名:bmobile@4g
  • パスワード:bmobile
  • 認証タイプ:PAPまたはCHAP
  • PDP Type:IP

【ソフトバンク回線のAPN情報】

  • 名前:b-mobile(任意)
  • APN:sb.mvno
  • ユーザー名:bmobile@4g
  • パスワード:bmobile
  • 認証タイプ:PAPまたはCHAP
  • PDP Type:IP

※bモバイルのソフトバンク回線は「iPhone・iPad用」とされています。しかし、上記のAPN情報を入力すれば、Androidスマホでも使える可能性が高いです。

iPhoneのAPN設定方法(iOS12.2以降の場合)

  1. SIMカードを挿入
  2. Wi-Fiに接続
  3. Safariから以下のページにアクセスしてプロファイルをインストール
  4. ダウンロードできたらホーム画面に戻り「設定」>「プロファイルがダウンロードされました」>「インストール」でインストール
  5. 完了したら再起動
  6. 「設定」>「モバイルデータ通信」>「モバイルデータ通信」がオンになっているか確認
  7. 「設定」>「モバイルデータ通信」>「通信のオプション」>「4Gをオンにする」>「音声通話とデータ」または「データ通信のみ」を選択

③のプロファイルのダウンロードは以下から。

自分で用意した端末に機種変更するときの注意点

自分でSIMフリースマホを購入するときに注意したい点は以下の2点です。

  • ドコモ、ソフトバンクの周波数に対応しているか
  • 販売元がauのスマホは注意

注意点①:ドコモ、ソフトバンクの周波数に対応しているか

SIMフリースマホを購入する際に最も注意したいのが、それぞれの回線の周波数帯域に対応しているか、ということです。

SIMフリースマホならどんな回線でも使えるわけではなく、通信できる周波数が決まっています。対応している周波数は「Band●」というように、端末のスペック表に記載されていることが多いです。

ドコモ、ソフトバンクの周波数帯域は以下のとおり。自分が使いたいスマホで対応しているか確認しておきましょう。

  • ドコモ:Band 1/3/19/21/28/42
  • ソフトバンク:Band1/3/8/11/28/42

注意点②:販売元がauのスマホは注意

元々auで販売されたスマホで、SIMロック解除したものを買う場合は注意してください。SIMロック解除をしてSIMフリー化されていても、もともとはauの端末なので、対応している周波数が限られていることがあります

上の注意点と関連しますが、特にauのスマホを買う場合は、ドコモ、ソフトバンク回線の周波数に対応しているか、auの公式サイトの商品ページなどで確認してください。

端末保証オプションはない

bモバイルでSIMフリースマホを使う場合、持ち込みの端末で加入できる保証サービスはありません

自分で用意した端末で機種変更にかかる費用

SIMフリースマホを買って機種変更する場合、かかる費用はSIMフリースマホの代金のみです。

bモバイルの機種変更でお得なキャンペーン

2020年6月現在、bモバイルで機種変更する際に使えるキャンペーンはありません。

そこで、bモバイルで契約できる新しいサービスを1つだけ紹介します。

最近は自宅で仕事をする機会が増えています。bモバイルではテレワークでの利用を想定した、SIMカードとWi-Fiルーターがセットになったプランの提供を始めました。

お得なプラン「テレワークプラン」

引用元:https://www.bmobile.ne.jp/(2020/06/23現在)

ルーターとデータ通信がセットになったプランは特段珍しいわけではありません。

bモバイルではWi-Fiルーターと「1ヶ月間使えるSIMカード」をセットにして販売しています。

  • FS030W モバイルWi-Fiルーター+1GB月額カンタン移行SIMセット(17,380円)
  • FS030W モバイルWi-Fiルーター+hours 180H SIMセット価格(19,780円)

1GB月額カンタン移行SIMは15日間で1GBまで使えるSIMで、15日後にデータ専用SIMの「190PadSIM」に移行できます
まずはお試しで、という使い方に向いています。

hours 180H SIMは30日間で180時間使えるSIMカードです。
通信量ではなく時間で制限をかけたサービスは非常に珍しく、時間内であれば通信量は使い放題です。こちらは、30日後にチャージして継続利用ができます。

どちらも端末とSIMカードがセットで、届いたらすぐに使えます。急遽、自宅で仕事をすることになった人はうまく活用したいですね。

bモバイル公式サイトはこちら

bモバイルの機種変更によくあるQ&A

最後にbモバイルで機種変更する際によくある質問をまとめておきます。参考にしてください。

SIMカードの再発行やサイズ変更はできますか?

SIMカードの再発行および、サイズ変更はMy b-mobileから行うことができます。

  • 再発行料:3,000円
  • SIMサイズ:
    ソフトバンク→ナノSIM
    ドコモ→マルチカットSIM(標準/マイクロ/ナノSIM)

引用元:https://www.bmobile.ne.jp/

名義変更できますか?

結婚等により姓を変更された場合を除き、契約者様の名義変更はできません。

引用元:https://www.bmobile.ne.jp/

2年縛りなど、最低利用期間はありますか?

2019年10月1日のご契約より解約金・最低利用期間を廃止いたしました。

引用元:https://www.bmobile.ne.jp/

ドコモのSIMからソフトバンクのSIMに変更できますか?

いいえ変更できません(ソフトバンク→ドコモにも変更できません.)、新規にご契約の必要がございます。

引用元:https://www.bmobile.ne.jp/

まとめ

bモバイルで機種変更する方法や注意点を紹介しました。最後にこの記事の内容をまとめておきます。

  • bモバイルでは端末の扱いがないので、自分でSIMフリースマホを買って機種変更する
  • SIMフリースマホなら自分で好きな端末を選べる、好きな場所で買えるといったメリットがある
  • ドコモ、ソフトバンク回線に対応しているか確認する

bモバイルの機種変更はSIMフリースマホの購入が必須です。端末を選ぶのが大変だと思う人もいるかもしれませんが、あらゆる端末から自分が使いたいものを選べる自由があります。

回線の周波数にさえ気をつければ、AndroidスマホからiPhoneまで幅広く選べます。自分が使いたいお気に入りのスマホで、bモバイルライフを楽しんでくださいね。

bモバイル公式サイトはこちら

arrow_upward