menu
search

BIGLOBEモバイルのテザリングの特徴とは?利用手順を紹介

「BIGLOBEモバイルでテザリングを利用できるのか知りたい」「BIGLOBEモバイルでテザリングするにはどうすれば良いのか知りたい」

スマートフォンのモバイルデータ通信を利用して他のデバイスとインターネット接続を行う「テザリング」は、非常に便利な仕組みです。
「モバイルルーターを解約して、外出先のデータ通信環境はテザリングだけですべてカバーしよう」と考えている人もいるのではないでしょうか。

私も約2年ほどBIGLOBEモバイルを利用していますが、テザリングには非常にお世話になっています。外出先でタブレットやパソコンをインターネットに接続したい時、スマートフォンをテザリングさせれば安全かつ手軽にデータ通信を行えます。

本記事ではBIGLOBEのテザリング方法についてご紹介します。記事内では私の利用しているiPhoneを実際にテザリングさせて、利用の流れについても分かりやすく解説しますので、ぜひ最後までご一読ください。

BIGLOBEモバイル公式サイトはこちら

テザリングとは

テザリングとは、スマートフォンをモバイルルーターのように、データ通信の中継基地として活用する方法です。スマートフォンのモバイルデータ通信を利用して、Wi-FiやBluetooth、USBケーブルを経由して他のデバイスとインターネット接続できます。

例えば外出先でパソコンやタブレットをインターネットに接続するとき、ポケットWi-FiやフリースポットWi-Fiを活用する人も多いでしょう。
しかしモバイルルーターは格安SIMとは別に月額通信費が発生しますし、ルーターを持ち運ぶので荷物もかさばります。またフリースポットWi-Fiはセキュリティー面で不安が残りますね。

一方でテザリングは、スマートフォンのモバイルデータ通信を利用してインターネットにデバイスを接続させるため、安全かつ身軽に他のデバイスをインターネットに繋げることが可能です。
コストを抑えつつ外出先でインターネットを利用するなら、スマートフォンのテザリングを活用してみてはいかがでしょうか。

フリーWi-FiやポケットWiFiと比べてどう?

外出先でデバイスをインターネットに接続させる方法は、「テザリング」の他に「ポケットWiFi」や「フリーWi-Fi」が挙げられます。

下記では、各インターネット接続方法のメリット・デメリットについてご紹介します。

テザリング フリーWi-Fi ポケットWiFi
メリット 簡単に利用できる 誰でも利用できる 外出先で高品質データ通信回線を確保できる
デメリット スマホのバッテリーを消費する セキュリティ面で不安がある 荷物が増える

テザリングのメリットは、なんといっても簡単に利用できること。スマートフォンを持ってさえいればテザリングを利用できます
ただし通信キャリアによってはテザリングを利用するのに契約が必要であったり、スマートフォンのバッテリーを消費するなどデメリットもあります。

フリーWi-Fiのメリットは、契約不要で誰でもWi-Fiを利用できること。高速データ通信容量があまり余っていない時や、外出先で急にWi-Fiを利用したい場合に便利です。
一方でだれでも登録不要でWi-Fiを利用できることから、セキュリティ面でのリスクがあります。
銀行や証券会社のサイトなど重要なサイトにログインするのは、情報流出や悪用を防ぐために控えたほうがよさそうです。

ポケットWiFi(モバイルルーター)のメリットは、比較的安定した大容量高速データ通信回線を利用できることです。バッテリーも長持ちするので、よほど長時間連続使用しない限り、1〜2日程度は充電せずに利用できるでしょう。
ただしルーターを持ち運ぶ必要があるので、荷物が1つ増えてしまうというデメリットもあります。

BIGLOBEモバイルのテザリングの特徴

下記では、BIGLOBEモバイルのテザリングの特徴についてご紹介します。

BIGLOBEモバイルのテザリングは、対応端末であれば申し込み不要ですぐに利用可能です。追加のテザリング料金なども発生しないので、気軽に利用できます。

①申し込み不要で利用できる

BIGLOBEモバイルのテザリングは、利用するのに申し込み等は不要です。

テザリングに対応したスマートフォンにBIGLOBEモバイルのSIMカードを挿入すれば、テザリングを利用できます。

②SIMフリー端末でも基本的に利用可能

BIGLOBEモバイルが販売しているスマートフォン以外でも、BIGLOBEモバイルのテザリング機能は利用できます。ただし一部のスマートフォンでは、テザリング機能のみ対応していないモデルもあります

テザリングの有無は動作確認端末ページの「テザリング対応」欄からチェックできます。動作確認されているモデルでも、テザリングに対応していないスマホもあります。「テザリング対応」に〇がついていなければテザリングを利用できないので、注意しましょう。

③テザリング利用料が発生しない

BIGLOBEモバイルでテザリングを使用しても、利用料は発生しません

一部の通信キャリアでは、テザリングを利用すると追加料金が発生します。一方でBIGLOBEモバイルなら、追加料金なしでテザリングを利用できます。

ただし高速データ通信容量は消費するので、使いすぎて速度制限がかからないよう注意は必要です。

BIGLOBEモバイルのテザリング方法

下記では、BIGLOBEモバイルで利用できるテザリングの方法についてを紹介します。

デザリング方法は3種類

テザリングの方法は「Wi-Fi接続」「Bluetooth接続」「USB接続」の3種類があります。

Wi-Fi

最も一般的なテザリング方法は、Wi-Fi接続です。

対応しているデバイスの多さ、設定方法の手軽さ、通信速度の速さなどはメリットとして挙げられます。一方でスマートフォンのバッテリー消費が早くなるので、長時間テザリングを利用する場合は不向きです。

Blootooth

長時間テザリングを利用したいときにオススメの接続方法が、Bluetooth接続です。

Bluetooth接続はWi-Fi接続に比べてバッテリー消費をあまりしないため、長時間テザリングでインターネット共有を利用できます。ただし通信速度はWi-Fi接続よりも遅いこと、通信可能範囲がWi-Fi接続よりも狭いことがデメリットとして挙げられます。

USB

スマートフォンのバッテリー持ちが気になる人は、USB接続でのテザリングをおすすめします。

パソコンとUSB接続しながらテザリングを利用すれば、データ通信速度は早く、かつスマホに充電できます。ただしUSB接続するには、USBケーブルが必要です。実用性には優れていますが、USBケーブルを持ち運ばないといけない煩わしさが、デメリットとして挙げられます。

【Wi-Fiで使う】BIGLOBEモバイルのiPhoneのテザリング方法

下記では、iPhoneでBIGLOBEモバイルのテザリングを利用する方法についてご紹介します。。

下記で掲載している画像は私が利用しているiPhone SE (2020年モデル)に、BIGLOBEモバイルの音声通話SIM (ドコモ回線)を利用して撮影しました。OSのバージョンによっては、画面や名称など異なる可能性があることをご了承ください。

手順①「設定」アプリを開き「インターネット共有」をタップする

まずはiPhoneの「設定」アプリをタップして、設定画面を開きましょう。

画面の上から5番目にある「インターネット共有」をタップします。

手順②「ほかの人の接続を許可」をオンにする

インターネット共有をタップすると、上記画像が表示されます。

ほかの人の接続を許可」をタップして、インターネット共有をオンにしましょう。

手順③(Wi-Fi接続の場合)「Wi-Fiをオンにする」を選択

Wi-FiやBluetoothがオフになっていると、上記画面が表示されます。

Wi-Fi接続を利用したい場合は「Wi-Fiをオンにする」をタップ、Bluetooth接続やUSB接続を利用したい場合は「BluetoothとUSBのみ」をタップします。ちなみに最初からWi-FiやBluetoothがオンになっている場合は、上記画面は表示されませんでした。

手順④接続する側のデバイスでパスワードを入力する

上記画像は、Windows10搭載のデスクトップパソコンでWi-Fiスポットを検索したときのアクセスポイント一覧です。「〇〇のiPhone」と表示されたアクセスポイントが見つかりました。

後はアクセスポイントをクリックし、パスワードを入力すればiPhoneとWi-Fiでテザリングできます。パスワードは、設定アプリのインターネット共有画面に表示されています

【Blootoothで使う】BIGLOBEモバイルのiPhoneのテザリング方法

下記では、Bluetooth接続のテザリングを利用する方法についてご紹介します。

ドコモ回線のBIGLOBEモバイルSIMを搭載したiPhone SE(2020年モデル)Windows10搭載デスクトップパソコンに、実際にBluetooth接続を利用してテザリングしてみました。

手順①「設定」アプリから「インターネット共有」を開く

まずは「設定」アプリを開き、インターネット共有をタップします。

手順②「Bluetooth」をオンにする

今回は「BluetoothとUSBのみ」をタップしてみましょう。Bluetooth接続がオンになります。

なお、上記画面は既にWi-FiとBluetooth接続がオンになっている場合は表示されません。

手順③PIN番号の一致を確認する

Bluetooth接続を利用する場合、PINコードを確認する必要があります。

上記画像は、Windows10搭載デスクトップパソコンの画面です。パソコンの設定からBluetooth設定画面を開き、「新しいBluetooth機器を追加する」を選択して表示された自分のiPhoneをクリックすると、上記画面のようになります。

上記画像は、iPhone側の画面です。

パソコン側とiPhone側のPINコードが一致していれば、「接続(ペアリング)」をタップしましょう。

無事にペアリングが完了すると、上記画面が表示されます。

手順④(Windowsパソコンの場合)Bluetoothのテザリングを活用してインターネット接続する方法

残念ながら、パソコンとiPhoneをBluetooth接続しただけではテザリング(インターネット共有)を利用できません。以下では、Windows 10搭載デスクトップパソコンでどのようにiPhoneのBluetoothテザリングを設定するのか、手順をご紹介します。

まずはパソコンの画面右下に表示される、Bluetoothマーク(青色のアイコン)を右クリックします。

Bluetoothマークが表示されていないときは、アイコンが隠れている可能性があります。上矢印(上記画面では、Bluetoothマークの左隣にある)をクリックすれば、Bluetoothマークが表示されるでしょう。

Bluetoothマークを右クリックすると、上記画像が表示されます。

パーソナルエリアネットワークへ参加」をクリックしましょう。

Bluetooth接続が適切に完了をしていれば、お手持ちのiPhoneが表示されます。

iPhoneのアイコンにカーソルを合わせて右クリックして、「接続方法」→「アクセスポイント」をクリックすれば、Bluetooth接続でのテザリングが開始されます

【USBで使う】BIGLOBEモバイルのiPhoneのテザリング方法

下記では、USB接続でテザリングを行う方法についてご紹介します。

注意点ですが、iPhoneとWindowsパソコンをUSBでテザリングする場合のみ、パソコン側にiTunesをダウンロードさせる必要があります。iTunesがダウンロードされていないWindowsパソコンにiPhoneをUSBで接続しても、パソコン側が認識せず、テザリングを利用できないので注意しましょう。

手順①(Windows 10パソコンに接続する場合)iTunesをダウンロードする

まずはWindowsパソコンにiTunesをダウンロードさせましょう

Windows版iTunesのダウンロードはこちらから行えます。

手順②iPhoneで「インターネット共有」をオンにする

iPhone側では、設定アプリからインターネット共有をタップし、テザリングをオンにします。

上記画面が表示されたら「BluetoothとUSBのみ」をタップしましょう。

手順③LightningケーブルでiPhoneとパソコンを接続する

USB接続を行う場合は、ケーブルが必要になります。

iPhoneをパソコンに接続するには、Lightningケーブルが必要になります。Lightningケーブルは、iPhone充電用として利用しているケーブルを利用できます。

USB接続でテザリングできているか確認する方法

Windowsパソコン側にiTunesがダウンロードされており、iPhone側でインターネット共有がオンになっていれば、後はケーブルをつなぐだけで自動的にインターネット共有(テザリング)を利用できます

ただし本当にテザリングでインターネット共有されているか不安に思う人もいるでしょう。そこで下記では、USB接続でテザリングができているか確認する方法をご紹介します。

まずはWindowsメニューの設定から「ネットワークとインターネット」をクリック。

画面下の「ネットワークと共有センター」をクリックします。

画面左側の「アダプターの設定の変更」をクリックします。

「Apple Mobile Device Ethernet」(iPhone)と接続できているのが確認できます(インターネットに繋げない会社は、×マークが表示される)。

BIGLOBEモバイル公式サイトはこちら

BIGLOBEモバイルのテザリングをするときの注意点

下記では、BIGLOBEモバイルでテザリングを利用するときに注意すべきポイントについてご紹介します。

注意点①対応端末がテザリング可能か確認する

簡単に利用できるBIGLOBEモバイルのテザリングですが、テザリングを利用できない機種もあります

テザリングの有無は「動作確認端末」ページの「テザリング対応」欄からチェックできます。テザリング対応が○になっていない端末は、テザリングを利用できない可能性があるので注意しましょう。

注意点②端末の名前を確認する

上記画像ではモザイクで隠していますが、「〇〇のiPhone」の〇〇の部分には、自分の本名が表示されることがあります

知らない間に自分の本名が表示されるのも、少し気味が悪いと感じる人もいるでしょう。表示される端末の名前を変更したい人はApple公式サイトのガイドを参考に、端末の名前を変更しましょう

注意点③データ通信の残量は問題ないか確認する

テザリングは手軽に利用できるインターネット共有サービスですが、利用するとスマホの高速データ通信残量を消費します

テザリングでたくさんデータ通信を行うと、利用可能なギガ数を全て使い切ってしまい、速度制限が発生します。データ通信の残量に注意し、必要に応じてボリュームチャージやデータ通信プランの変更を行いましょう

BIGLOBEモバイルのテザリングがうまく繋がらない時は

下記では「BIGLOBEモバイルのテザリングがうまく繋がらない時にどう対処すべきか」についてご紹介します。

データ容量が不足していて繋がらない

高速データ通信容量を使い切って速度制限が発生した場合は、テザリングでも通信速度が遅くなります

My BIGLOBEアプリやBIGLOBEマイページを確認し、高速データ通信容量が余っているか確認しましょう。もし通信容量が不足したら、ボリュームチャージで速度制限を解除できます

来月以降もたくさんデータ通信を行う予定なら、より大容量の通信プランへの変更をおすすめします。

通信環境が良くない

電波の通信状況が悪くて通信速度が遅くなる場合もあります

地下や建物内、山奥や離島など、電波が届きにくい場所にいると通信速度が遅くなります。通信状況が良くないなら、場所を変えて再度通信を行ってみましょう

端末がテザリングに対応していない

データ通信残量の確認や通信環境の改善を行ってもテザリングを利用できない場合、そもそもお手持ちの端末がテザリングに対応していない可能性があります

BIGLOBEモバイルでテザリングを利用できる端末かどうかは、動作確認端末」ページの「テザリング対応」欄からチェックできます

BIGLOBEモバイルのテザリングでよくある質問

下記では、BIGLOBEモバイルのテザリングを利用する上でよくある質問についてご紹介します。

テザリングに対応した機種はどこから確認できるのか

テザリングの有無は「動作確認端末」ページの「テザリング対応」欄からチェックできます。

テザリング対応が○になっていない機種または動作確認端末ページに載っていない機種では、テザリングをうまく利用できない場合があります。

「エンタメフリー・オプション」はテザリングでも適用されるのか

BIGLOBEモバイルとの契約を考えている人の中には、YouTubeやAbemaTVをデータ通信量を気にせず利用できる「エンタメフリーオプション」を魅力的に思っている人も多いでしょう。

実はテザリングで接続した端末でも、エンタメフリーオプションは適用されます

例えばBIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションを契約したiPhoneでiPadやMacBookにテザリングを行った場合、接続先のiPadやMacBookでYouTubeやAbemaTVをたくさん見ても、データ通信量が消費されません。

ただし「複数台・複数アプリで同時利用を行うと、エンタメフリーの対象外になる可能性もある」とのことです。複数の機器でテザリングを行い、同時にYouTubeなどを視聴すると、エンタメフリーの対象外になる恐れもあるので注意しましょう。

(引用:BIGLOBEモバイル公式サイト 2020/6/16現在

テザリングでも速度制限は発生するのか

テザリングでも、速度制限は発生します

テザリング利用中にデータ通信容量の残量が尽きた場合、速度制限がかかった端末でテザリングを行う場合など、テザリングを利用しても速度制限は適用されます。ボリュームチャージを行い、通信速度制限を解除することをおすすめします。

またエンタメフリーオプションを契約している人は、対象のサービスを利用する分には速度制限は適用されません。ただし検索結果の表示や画像の表示などは、速度制限の対象となるので注意しましょう。

(引用:BIGLOBEモバイル公式サイト 2020/6/16現在

まとめ

「テザリングは便利そうだけど、なんとなくうまく利用できるか不安」と悩んで、利用できずにいる人もいるかと思います。

確かに少し前まで、テザリングは初心者にとって利用しづらいサービスでした。通信キャリアによっては別途追加料金が発生し、テザリングできる端末も限られていました。
しかしBIGLOBEモバイルなら特別な契約手続きをせずに、対応端末を利用していれば簡単にテザリングを利用できます

インターネットに接続できるデバイスが増えた昨今、外出先でもインターネットと繋がりたいというニーズが高まっています。テザリングはお気軽に、安全なインターネット通信回線を利用できるサービスです。
BIGLOBEモバイルを契約している人なら、ほぼ誰でも簡単に利用できるテザリング。あなたもこの機会にテザリング利用にチャレンジしてみませんか。

BIGLOBEモバイル公式サイトはこちら

トム-D

この記事の著者
トム-D

ガジェット・スマホ・家電などが大好きなライターです。
格安SIM歴はIIJmio→LINEモバイル→BIGLOBEモバイル。日常生活ではカウントフリー・オプションをフル活用してます。
最近は楽天モバイルの自社回線プランとドコモの5G対応ルーターに興味あり。

arrow_upward