menu
search

BIGLOBEモバイルで使える回線はどこ?料金や速度も解説します

インターネットやプロバイダ事業で25年以上もの実績があるBIGLOBE
安心と信頼のBIGLOBEが提供する格安SIM・スマホ事業が、BIGLOBEモバイルです。

これからBIGLOBEモバイルで格安SIMを利用しようと思っている人にとって気になるのが、

BIGLOBEモバイルでは、どこの回線を使用できるのか

ですよね。

格安SIM事業では主にドコモ・au・ソフトバンクといった、大手キャリアの回線を使用します。
いくら毎月の料金をセーブできるといっても、使いたい回線を利用できなければ人によっては意味がありませんよね。

今回はBIGLOBEモバイルではどこの回線を利用できるのか回線ごとの料金プランメリット・デメリット、そして気になる速度に関する口コミを紹介します。

BIGLOBEモバイル公式サイトはこちら

BIGLOBEモバイルの回線は2種類

2020年6月現在、BIGLOBEモバイルではドコモとauの2つの回線から選べます。

格安SIMキャリアの中には回線が1つしかないところもあるため、2つから選べるのはうれしいポイントです。
選択の幅が広がりますね!

ドコモとau、それぞれの回線の特徴を見ていきましょう。

ドコモ回線

まずはドコモ回線についてです。

BIGLOBEモバイルではタイプDとして規定されています。

通信エリア

ドコモ回線の通信エリアは次の通りです。

  • Xiエリア+FOMAエリア

au回線

続いてはau回線についてです。

BIGLOBEモバイルではタイプAとして規定されています。

通信エリア

au回線が提供している通信エリアは以下の通りです。

  • au 4G LTEが提供しているエリア

au回線は4G LTEが提供しているエリアで使用できます。

3Gには対応していないので注意しましょう。

BIGLOBEモバイルの回線ごとの料金プラン

BIGLOBEモバイルではどのような料金プランがあるのでしょうか。

まずは以下の3つのSIMタイプがあります。

  • 音声通話SIM(音声通話+データ通信+SMS)
  • データSIM(データ通信+SMS)
  • データSIM(データ通信のみ) ※タイプDのみ提供

さらに全てのSIMごとに、次のような月額プランが準備されています。

  • 1ギガ音声通話スタートプラン
  • 3ギガプラン
  • 6ギガプラン
  • 12ギガプラン
  • 20ギガプラン
  • 30ギガプラン

それぞれのプラン詳細をチェックしていきましょう!

1ギガ音声通話スタートプラン

1ギガ音声通話スタートプランは、音声通話SIMのみに対応しています。

  • 月額料金 1,400円

データ通信容量は1GBと、必要最低限となっています。

音声通話しか利用しない人、とりあえずスマホを持っておきたい人におすすめのプランです。

3ギガプラン

3ギガプランの月額料金は次の通りです。

  • 音声通話SIM          1,600円
  • データSIM(データ通信+SMS) 1,020円 
  • データSIM(データ通信のみ)      900円

6ギガプラン

最も人気なのが6ギガプランです。
月額料金は以下のようになっています。

  • 音声通話SIM         2,150円
  • データSIM(データ通信+SMS) 1,570円
  • データSIM(データ通信のみ)  1,450円

12ギガプラン

12ギガプランの月額料金は次の通りです。

  • 音声通話SIM         3,400円
  • データSIM(データ通信+SMS) 2,820円
  • データSIM(データ通信のみ)  2,700円

20ギガプラン

20ギガプランの月額料金を見ていきましょう。

  • 音声通話SIM         5,200円
  • データSIM(データ通信+SMS) 4,620円
  • データSIM(データ通信のみ)  4,500円

30ギガプラン

30ギガプランの月額料金は次の通りとなっています。

  • 音声通話SIM         7,450円
  • データSIM(データ通信+SMS) 6,870円
  • データSIM(データ通信のみ)  6,750円

BIGLOBEモバイルの中では最も月額料金が高いものの、30GBも使えてこの価格はリーズナブルですね!

容量を気にせずにたっぷり使えます。

データ追加チャージが可能

300円を払うごとに、100MBのデータチャージが可能です。

BIGLOBEモバイルの回線のメリット/デメリット

ドコモ回線とau回線からチョイスできるBIGLOBEモバイル。

続いてはそれぞれ回線ごとのメリットとデメリットを紹介します。

メリット デメリット
ドコモ回線 安定した通信速度

全てのSIMタイプを選べる

海外向けのSMS送信料が安い

特になし
au回線 auのキャリアをそのまま利用できる 3Gを利用できない

データSIM(データ通信のみ)を利用できない

ドコモ回線

まずはドコモ回線のメリット・デメリットを見てきましょう。

メリット

安定した通信速度

現在都市部やほとんどの地方では、大手キャリアによって通信速度が大きく変わることはないと言われています。
とは言うものの、山間部や郊外の一部では未だにキャリアによって電波が入りにくいことも

ドコモはどのエリアにおいても比較的安定した通信速度を保っていると言われています。

全てのSIMタイプを選べる

2つ目のメリットは、BIGLOBEモバイルで提供している全てのSIMタイプに対応していることです。
音声通話SIM(音声通話+データ通信+SMS)とデータSIM(データ通信+SMS)、そしてデータSIM(データ通信のみ)の全てを利用できます。

選択の幅が広いのは、大きなメリットとなるでしょう。

海外向けのSMS送信料が安い

最後は海外向けのSMS送信料が安いことです。
国内向けのSMS送信料はドコモとauで差はありません。

しかし海外向けのSMS送信料は次のようになっています。

  • ドコモ  50~500円(不課税)/回
  • au   100〜1,000円(不課税)/回

具体的な料金は送信する文字数によって異なりますが、auよりも半額であることが分かりますね。

海外にSMSを多く送信する人にとっては、大きなメリットとなるでしょう。

デメリット

ドコモ回線のデメリットは特にありません

月額プランがauと同じで、通信速度や選択できるSIMの種類が多いことなど、メリットばかりが目立ちます。

おすすめな人

現在ドコモ回線を使っている人、これから新しくスマホを契約しようと思っている人におすすめです。

安定したキャリアの回線とサービスで、誰でも問題なく利用できるでしょう。

au回線

続いてはau回線のメリット・デメリットについてです。

メリット

auのキャリアをそのまま利用できる

今までauを使っており、これからも同じ回線を使いたいと思っている人にとってはメリットですね。

回線を変更することなく、そのまま利用できます。

デメリット

3Gを利用できない

au回線では3Gを利用できません
全てのエリアで4G LTEのみの提供となります。

4G LTEに非対応の機種では利用ができません。

データSIM(データ通信のみ)を利用できない

データSIM(データ通信のみ)はドコモ回線のみです。

au回線で利用はできません

おすすめな人

今までauを使ってきた人、これからも使い続けたい人におすすめです。

4G LTEにしか対応していない点には注意が必要ですが、比較的新しい機種であればほとんど対応はしているでしょう。

通信エリアも日本全国ほとんどをカバーしています。

BIGLOBEモバイル公式サイトはこちら

BIGLOBEモバイルの回線は遅い?各回線ごとの速度の口コミ

スマホユーザーにとって重要なのが、回線の速度ですよね。
いくら月額料金が安くても速度が遅いと、人によっては大きなストレスとなるでしょう。

ドコモ回線とau回線に関する、実際の利用者による口コミを紹介します。

ドコモ回線

ランチタイムにネットをしようとするとストレスになります。例えば楽天などのショッピングサイトでサムネイルの表示が遅い。動画なんてもってのほか。
LINE程度ならどんな時間でも問題ないような気はします。

引用元:価格.com(2020年6月3日現在)

 

昼休みにあたる時間帯は繋がりにくいですが、それはMVNOだと仕方ないことです。それ以上のコストパフォーマンスがあるので許容範囲です。

引用元:価格.com(2020年6月3日現在)

 

口コミでは昼間に速度が落ちるようなことを書いてあるサイトもありましたが
ドコモなどのキャリアに比べれば遅いですが、普通に見られています。
他の格安SIMと同じくらいだと思います

引用元:価格.com(2020年6月3日現在)

 

主に大阪市で使用しています。
速度が遅いのはある程度我慢できますが、
通勤時や昼などはつながらなくなることもあります。
また、店舗の奥のほうでつながらなくなることや、
電波が著しく弱くなることがあります。

引用元:価格.com(2020年6月3日現在)

ドコモ回線の口コミの総評

他の格安SIMキャリアと同様に、混雑する平日の昼間は速度が遅くなると感じている人が多いようです。

動画の視聴などのデータ必要量が多いものは、昼間以外の時間帯に行うと良いでしょう。

au回線

繋がりやすいですね。
今の所、不満はありません。

引用元:価格.com(2020年6月3日現在)

 

タイプDと比べると場所によってアンテナピクトが半分になってしまうことが増えましたが、実効速度はむしろ向上しており、今のところ繋がりにくいという経験はありません。
また、私の行動範囲においては時間帯や場所による速度低下は今のところありません。(タイプDの時は顕著でした)

引用元:価格.com(2020年6月3日現在)

 

タイプA回線は平日昼の時間帯も私の利用用途であれば許容できる範囲で利用できており、月々のコストも鑑みればストレスを感じるほどの遅さはないと思います。

引用元:価格.com(2020年6月3日現在)

 

以前の格安SIMと比べて混雑時(特に平日のお昼)のスピード低下が改善されました。

引用元:価格.com(2020年6月3日現在)

au回線の口コミの総評

場所や時間帯を問わずにつながりやすいと感じている人が多いようです。

スピードが落ちやすいと言われている平日の昼間でも、比較的ストレスなく利用できるようですね。

BIGLOBEモバイルの回線の申し込み手順

引用元:BIGLOBEモバイル公式サイト(2020年6月3日現在)

BIGLOBEモバイルはどのように申し込みをするのでしょうか。
2020年6月現在、BIGLOBEモバイルではネットか電話で申し込みができます。

主な申し込み手順を見ていきましょう。

手順①申し込み前に準備しておくもの

申し込みをする前に、以下のものを事前に準備しておきましょう。

  • MNP予約番号(他社から乗り換えをする人)
  • 本人確認書類(運転免許証や健康保険証、パスポートなどで氏名・住所・生年月日の記載があるもの)

手順②申し込みを進める

以下の項目に沿って申し込みを進めていきます。

  • 端末を選択(端末をSIMとセット購入する場合)
  • 料金プランを選択
  • お客様情報の入力
  • MNP予約番号の入力
  • 本人確認書類データの提出(ネット申し込みの場合はデジタルデータで提出)

手順③SIMカードや端末が届く

申し込み完了後、2~3日でSIMカードや端末が届きます

SIMカードを端末に挿入し、ネットワークの設定を行えば完了です。

BIGLOBEモバイルの回線は途中で変更/切り替えできる?

au回線を使っていたけど、ドコモ回線に変更したい」など、利用の途中で回線を変えたくなることも考えられますよね。

BIGLOBEモバイルでは利用途中で回線の切り替えはできるのでしょうか?

結論:BIGLOBEモバイルは利用途中で回線の変更ができる!

BIGLOBEモバイルでは、利用の途中で回線の変更が可能です。

以下の手順に沿って行っていきましょう。

手順①モバイル契約情報にログインする

ネットにつないで、モバイル契約情報にログインします。

SIMカード変更手続きに沿って、必要項目を入力してください。

手順②新しいSIMカードが届く

申し込み後2日~1週間ほどで新しいSIMカードが自宅に届きます。

音声通話SIMの場合はモバイル契約情報から、MNP開通手続きを行ってください。

回線変更の注意点

回線変更には次の手数料が必要となります。

  • 変更手数料      3,000円(税別)
  • SIMカード準備料 394円(税別)

BIGLOBEモバイルは今後5G回線に対応する?

大手キャリアではすでに5Gサービスがスタートしましたが、格安SIMキャリアではまだ導入されていません
BIGLOBEモバイルの公式サイト上で正式な発表はまだありませんが、今後順次導入していくことが予想されます。

5Gが導入されれば、これまで以上に快適なスマホ生活を送れるようになるでしょう。

まとめ

2020年6月現在、BIGLOBEモバイルドコモ回線とau回線に対応しています。
月額プランの内容はどちらも同じです。

しかしそれぞれでメリットやデメリットは異なるため、個々人のニーズや事情に合わせて選びましょう。

時間帯によっては通信速度が低下すると感じている人もいるようですが、コスト面を考慮すると満足できるサービス内容と言えます。

BIGLOBEモバイルと一緒に、快適なスマホライフを楽しんでくださいね。

BIGLOBEモバイル公式サイトはこちら

clear 格安SIMおすすめ徹底比較
arrow_upward