menu
search

イオンモバイルの機種変更は公式が安心!iPhoneならSIMフリーを購入しよう

格安SIMを使っていて、そろそろ機種変更したいと思ったとき何からすればいいのでしょうか。

大手キャリアのようにどこにでもショップがあるわけではないので「どこでスマホを買ったらいいんだろう」「ネットで売っているSIMフリースマホって使えるの?」など、分からないことも多いと思います。

この記事ではイオンモバイルで機種変更したい人のために、その手順を紹介します。

イオンモバイルでは公式でスマホを購入する方法と、SIMフリースマホを購入する方法、2通りの方法で機種変更できます。この記事を読んで自分に合った方法で機種変更してくださいね。

イオンモバイル公式サイトはこちら

この記事の目次

イオンモバイルで機種変更はできる?

イオンモバイルユーザーは自分が好きなタイミングで機種変更できます

  • バッテリーが持たなくなってきた
  • 画面が割れてしまった
  • アプリや調べものをするときの動作が遅くなってきた
  • 最新のOSのアップデートが行われなくなった

上記のようなスマホを使っている人は、そろそろ機種変更を検討していいタイミングです。

イオンモバイルで機種変更する方法は2つ

イオンモバイルで機種変更する方法は大きく分けると以下の2つです。

  • イオンモバイル公式が販売しているスマホを買って機種変更する
  • 自分でSIMフリースマホを買って機種変更する

イオンモバイルでは非常に多くのスマホを販売しています。まずはイオンモバイル公式サイトから、どんなスマホが販売されているのか確認してみるのがおすすめです。

手間をかけずに機種変更したい人は公式での機種変更がおすすめ

以下のような人はイオンモバイルでスマホを購入するのがおすすめです。

  • スマホにあまり詳しくなくて、機種変更で失敗をしたくない人
  • 初期設定などできるだけ手間をかけたくない人
  • 自宅の近くにイオンがある人

格安SIMユーザーが機種変更する際によくあるのが「買ったスマホが使えなかった」という失敗です。イオンモバイル公式で販売されているスマホなら、その心配がないのでスマホに詳しくない人でも安心して契約できます。

また、初期設定を済ませた状態でスマホを届けてくれます。面倒な手続きをしなくても、今使っているスマホのSIMカードを入れ替えるだけで使い始められます

また、イオンモバイルは店舗でも端末を販売しています。自宅近くにイオンがある人は実際にスマホを選んで購入できます

使いたいスマホがある人は自分で購入して機種変更がおすすめ

逆に、以下のような人は、別途スマホを購入して機種変更した方がいいでしょう。

  • 自分が使いたいスマホがある人
  • iPhoneが使いたい人
  • ハイスペックなスマホが使いたい人

既に使いたいスマホが決まっている人は、イオンモバイル公式で購入する必要はないでしょう。また、イオンモバイルはiPhoneの取扱いがないので、iPhoneが使いたい人は自分で購入するしか方法はありません

また、イオンモバイルは比較的低価格帯のスマホが多いので、スペックの高いスマホが使いたい人も自分で購入した方がいいでしょう。

イオンモバイル公式サイトはこちら

イオンモバイル公式が販売している機種に変更する場合

イオンモバイル公式でスマホを購入して機種変更する方法は、さらに2つに分けることができます。

  • 公式サイト(イオンデジタルワールド)から購入する
  • ご契約即日お渡し店舗で購入する

おすすめは自宅から簡単に申し込みができる公式サイトからの方法です。

イオンモバイルが販売している機種一覧

引用元:https://aeonmobile.jp/(2020/06/17現在)

イオンモバイルは非常に多くの種類の端末を扱っています。2020年6月現在の取扱端末は以下のとおり(価格は税抜き)。

端末 価格
HUAWEI P40 lite 5G 39,800円
HUAWEI P40 lite E 24,800円
HUAWEI nova lite 3+ 24,800円
OPPO Reno A 35,800円
AQUOS sense2 SH-M08H 25,800円
ZenFone Max Pro(M2) 38,800円
arrows M05 34,800円
AQUOS sense2 やさしいスマホ 29,800円
AQUOS sense3 SH-M12 34,800円
motorola moto e5 14,800円
HUAWEI nova 5T 53,800円
ZenFone Max Pro(M2) 34,800円
ZenFone Max (M2) 22,800円
HUAWEI P30 77,800円
HUAWEI P30 lite 29,800円
ASUS ZenFone Live(L1) 14,800円
HUAWEI nova lite 3 17,800円
ZTE BLADE E02 12,800円
AQUOS sense2 SH-M08 22,800円
HUAWEI Mate 20 Pro 99,800円
HUAWEI nova 3 39,800円
AQUOS sense plus SH-M07 42,800円
HUAWEI P20 69,800円
HUAWEI P20 lite 31,800円
ASUS ZenFone 5Q 39,800円
ASUS ZenFone 5 52,800円
ASUS ZenFone 4 Selfie 29,800円
AQUOS sense lite SH-M05 19,800円
arrows M04 19,800円
AQUOS SH-M04 24,800円
HUAWEI nova lite2 25,800円
ZenFone 4 Max 24,800円
HUAWEI nova 37,800円
ASUS ZenFone 4 カスタマイズモデル 44,800円
AQUOS SH-N01(ケータイ) 24,000円

中には店舗にある在庫限りの商品もあります。Webから購入する際は、最新の在庫状況を確認してください。

分割支払いでの購入はできる

イオンモバイル公式で販売しているスマホは24回の分割払いにも対応しています。高額なスマホを購入する際は分割払いがあると助かりますね。

以下ではイオンモバイル公式サイトでスマホを購入して機種変更する流れを紹介します。

  1. イオンモバイル公式サイトで商品を選択
  2. 商品の注文
  3. 商品の受け取り
  4. データの移行

機種変更手順①:イオンモバイル公式サイトで商品を選択

引用元:https://aeonmobile.jp/(2020/06/17現在)

イオンモバイル公式サイトにアクセスして、欲しい端末のページを確認します。ここで商品を選べないときは、店舗でしか購入することができません

端末カラーを選択して「端末のみを申し込み」を選択して次に進みます。

機種変更手順②:商品の注文

イオンスクエアメンバーのIDでログイン(または新規登録)して、必要な情報を入力します。途中で運転免許証などの本人確認書類のアップロードが必要です。事前にスマホなどで撮影しておきましょう。

機種変更手順③:商品の受け取り

契約完了後、3日〜7日で商品が自宅に届きます。イオンモバイル公式で購入するスマホは、予め初期設定が完了した状態で届くので、これまで使っていたスマホのSIMカードを入れ替えるだけで、そのまま使えます。

機種変更手順④:データの移行

古いスマホから新しいスマホに、連絡先や写真などのデータを移行しましょう。Androidスマホの機種変更はGoogleアカウントのバックアップ機能を使えば、ほとんどのデータを簡単に移行できるのでおすすめです。

店舗で行うこともできる

あなたの町にも、おそらくイオンがあると思います。イオンモバイルでは全国の店舗でもスマホを購入して機種変更できます。イオンモバイルならではのメリットですね。

直接購入できる店舗は「ご契約即日お渡し店舗」です。公式サイトでお近くの店舗を確認できます。

端末を見て購入したい人や、当日に持ち帰りたい人は店舗に足を運んでみるのもいいですね。

イオンモバイル公式サイトで機種変更するときの注意点

公式サイトで機種変更する際に気をつけたい点は以下のとおり。

  • 店頭にしか在庫がないことがある
  • iPhoneの取扱いはない

注意点①:店頭にしか在庫がないことがある

公式サイトに掲載がある端末の中には、店舗でしか購入できない商品も含まれています。商品ページに「店舗在庫がなくなり次第終了」と書かれているスマホは店舗でしか購入できないので注意してください。

店舗在庫がある場合でも、どこの店舗に在庫があるかまではわかりません。店舗で購入する際は事前に問い合わせをしてから来店するのが良さそうです。

注意点②:iPhoneの取扱いはない

イオンモバイルはiPhoneの取扱いがありません。iPhoneが使いたい人は、自分でSIMフリーのiPhoneを購入して機種変更しましょう。

SIMフリーのiPhoneはApple storeや中古販売店などで購入できます。

機種変更にかかる費用

イオンモバイルの公式サイトで機種変更する際にかかる費用は以下のとおり。

  • 機種代金
  • 送料

送料は5,500円以上の端末なら無料なので、実際はかからないと思ってOKです。純粋にスマホ代金だけで機種変更できます。

イオンモバイルの機種変更でお得なキャンペーン

イオンモバイルでは機種変更で使えるキャンペーンがありません(2020年6月現在)。

ここでは機種変更の際にお得な価格で利用できる「ガラスコーティングサービス」を紹介します。

キャンペーン① ガラスコーティングサービス

引用元:https://aeonmobile.jp/(2020/06/17現在)

液晶画面にコーティング剤を塗って画面を傷から守ることができるサービスです。

Androidスマホの場合、通常の持ち込みだと4,400円かかるのですが、イオンモバイル公式でスマホを買った場合は、半額の2,200円でサービスを受けられます

公式サイトで購入後、30日以内にお近くのイオンモバイル店舗に持ち込んでください。その際に、購入した端末の「保証書シール」か、契約時の「注文完了メール」を提示すれば特別価格で施工してもらえます。

イオンモバイル公式サイトはこちら

イオンモバイル公式以外で購入した機種に変更する場合

イオンモバイル公式以外でSIMフリースマホを購入して、機種変更する方法を紹介します。

  1. 動作確認端末のチェック
  2. SIMフリースマホの購入
  3. 初期設定
  4. データ移行

手順①:動作確認端末をチェック

イオンモバイル公式サイトでは、イオンモバイルが動作を確認した端末が一覧で掲載されています。まずはこちらで自分が使いたいスマホの掲載があるか確認しておきましょう。

動作確認端末一覧(イオンモバイル)

手順②:SIMフリースマホの購入

SIMフリーのスマホを購入します。SIMフリースマホは家電量販店やインターネット、メルカリなどのフリマアプリで購入することができます。

手順③:初期設定

自分で購入したスマホは初期設定をしないとイオンモバイルでは利用できません。具体的にはAPN設定というイオンモバイルで通信するための情報をスマホに登録(インストール)する作業を行います。

Androidスマホの場合

「設定」>「無線とネットワーク」>「モバイルネットワーク」>「アクセスポイント名」を選択して、以下のAPN情報を入力して保存してください(Androidスマホは機種によって設定の項目が違います)。

【タイプ1のSIMカード】

  • APN:i-aeonmobile.com
  • ユーザー名:user
  • パスワード:0000
  • 認証タイプ:PAPまたはCHAP

【タイプ2のSIMカード】

  • APN:n-aeonmobile.com
  • ユーザー名:user@n-aeonmobile.com
  • パスワード:0000
  • 認証タイプ:PAPまたはCHAP

iPhoneの場合

以下のリンクからお手持ちのiPhoneに構成プロファイルをインストールしてください。

【タイプ1のSIMカード】

【タイプ2のSIMカード】

手順④:データの移行

古いスマホから新しいスマホにデータの移行もしておきましょう。もしスマホの売却を考えているなら、古いスマホが手元にあるうちに確実にデータを移行しましょう。

自分で用意した端末に機種変更するときの注意点

SIMフリースマホを購入して機種変更する際に注意したい点は以下の2つです。

  • イオンモバイルの回線に対応しているか注意
  • 中古端末の場合は残債に注意

注意点①:イオンモバイルの回線に対応しているか注意

先に動作確認端末一覧を確認することをお伝えしましたが、仮に一覧にない場合でも、国内で販売されているSIMフリースマホなら、イオンモバイルで使える可能性は高いです。

イオンモバイルのドコモ回線(タイプ1・2)はLTE・3Gエリアで、au回線(タイプ1)は4G LTEエリアで利用できます。

使いたいスマホがドコモ、auの周波数にも対応しているか確認しておきましょう。

  • ドコモ:Band 1/3/19/21/28/
  • au:Band1/3/11/18/26/28/42

また、au回線(タイプ1)を契約している人は、VoLTEに対応したスマホしか使えないので注意してください。

注意点②:中古端末の場合は残債に注意

中古ショップやフリマなどでSIMロックを解除したスマホ(元は大手キャリアで販売されたスマホ)を購入する場合は、そのスマホの分割払いが完済しているか確認しておきましょう。

分割払いが終わっていない場合、万が一、前のユーザーが支払いを滞らせるとスマホが使えなくなることもあります。

端末保証オプションはあるが機種変更では加入できない

イオンモバイルには自分で購入したスマホでも加入できる保証サービス「イオンモバイル持ち込み保証」があります。

しかし、イオンモバイルを契約するするときのみ加入でき、機種変更は対象外です。

自分で用意した端末で機種変更にかかる費用

SIMフリースマホの代金以外に、特にかかるものはありません

イオンモバイルの機種変更によくあるQ&A

最後にイオンモバイルで機種変更する際によくある疑問と回答をまとめておきます。参考にしてください。

以前の050番号は利用できますか?

はい、利用できます。機種変更後の端末に050IP電話をインストールした後に、050IP電話の初期設定を行ってください。 ※050IP電話の初期設定は、アプリを再インストールして起動直後に表示される[050IP電話の初期設定]から行います。

引用元:https://faq.aeonmobile.jp/

利用中の携帯電話・スマートフォンの下取りは行っていますか?

一部商品即時お渡し店舗にて、WAONポイントと交換にて下取りを行っております。取扱いの有無に関しては、店舗へご確認ください。
イオンモバイル契約時に直前まで利用していた端末のみ下取りが可能です。
下取りにお出しいただく機種・端末の状態によっては、下取りできない場合や、WAON特典が無い場合もございます。

引用元:https://faq.aeonmobile.jp/

現在支払いに利用しているクレジットカードを変更したいのですが、可能でしょうか?

クレジットカード変更の手続きは以下の方法がございます。
①イオンモバイル取扱いの全国イオン店舗での手続き
※ご契約即日お渡し店舗に限ります
②イオンモバイルお客さまセンターでの電話手続き
いずれの場合も、契約者ご本人さまからのご申告が必要となります。

イオンモバイルお客様センター
Tel:0120-025-260(営業時間10:30~19:30/年中無休)

引用元:https://faq.aeonmobile.jp/

イオンモバイルではテザリングは使用可能ですか?

お使いの機器がテザリングモードを搭載しており、かつイオンモバイルのAPNを指定できるようになっていれば利用できます。
料金体系はそのままです。

引用元:https://faq.aeonmobile.jp/

まとめ

イオンモバイルユーザーが機種変更する方法を紹介しました。内容をまとめると以下のとおりです。

  • イオンモバイル公式では多くのAndroidスマホを扱っている
  • 公式で購入したスマホなら初期設定が不要
  • 公式ではiPhoneの扱いはない
  • イオン店舗(ご契約即日お渡し店舗)でも購入できる

公式でも非常にバラエティ豊富な端末から選べるので、まずは自分が使いたいものがあるか確認してもいいでしょう。

iPhoneが使いたい人は、イオンモバイル以外でSIMフリースマホを購入して、機種変更しましょう。

イオンモバイル公式サイトはこちら

arrow_upward