menu
search

マイネオはデメリットが多い?マイネオを実際に使ったメリット・デメリットを徹底解説

「大手キャリアでスマホを使っているけど、毎月の料金がバカにならない」「格安SIMがお得って聞いたけど、デメリットが心配」などと思っている人はいませんか?

近年急速に格安SIMの登場が続いたことにより、以前よりもお得にスマホを利用できるようになりました。

とは言っても種類が多すぎて、それぞれの特徴やメリット・デメリットは分かりにくいですよね。

人気の格安SIMの一つがマイネオ。ネット上にはデメリットが多く書かれていることに気が付きますが、実際にはどうなのでしょうか。

今回はマイネオを実際に使用した私が感じた、メリットやデメリットを徹底解説します。

マイネオの公式サイトこちら

この記事の目次

マイネオとはどんな格安SIM会社?

マイネオ(mineo)は、株式会社オプテージが運営するMVNO(仮想移動体通信事業者)です。2014年6月から事業をスタートさせました。

2020年5月現在、格安SIM事業とスマホ販売事業を行っています。

たくさんの賞を受けている人気の格安SIM会社

マイネオはこれまでに、格安SIMに関する数多くの賞を受けました。

最近の主な受賞内容は次の通りです。

  • 2020年3月格安SIMサービスの満足度調査 顧客総合満足度 第1位(MMD研究所)
  • 2020年3月格安SIMサービスの満足度調査 NPS®(おススメしたくなる)第1位(MMD研究所)
  • 格安SIMアワード2019上半期 総合満足度 最優秀・コストパフォーマンス部門 最優秀(RBB SPEED TEST)
  • NTTコム オンライン NPS®ベンチマーク調査 2019 MVNO・サブブランド部門 第1位(NTTコム オンライン)

マイネオは3つの回線から選べる

マイネオの回線は、大手キャリアのドコモとau、そしてソフトバンクの全てに対応しています。キャリアに応じて格安SIMを探す必要がないのはうれしいポイントですね。

いま使っている大手キャリアと同じ回線を、そのままマイネオの格安SIMで使用できます。

マイネオの料金体系

マイネオの基本料金体系は次の通りです。

デュアルタイプ(音声通話とデータ通信のセットプラン)

Aプラン(au) Dプラン(ドコモ) Sプラン(ソフトバンク)
500MB 1,310円 1,400円 1,750円
3GB 1,510円 1,600円 1,950円
6GB 2,190円 2,280円 2,630円
10GB 3,130円 3,220円 3,570円
20GB 4,590円 4,680円 5,030円
30GB 6,510円 6,600円 6,950円

シングルプラン(データ通信のみのプラン)

Aプラン(au) Dプラン(ドコモ) Sプラン(ソフトバンク)
500MB 700円 700円 790円
3GB 900円 900円 990円
6GB 1,580円 1,580円 1,670円
10GB 2,520円 2,520円 2,610円
20GB 3,980円 3,980円 4,070円
30GB 5,900円 5,900円 5,990円

マイネオの公式サイトこちら

マイネオと大手キャリアを比較!マイネオのデメリット

格安SIMは料金がリーズナブルな代わりに、大手のキャリアと比べてデメリットがあるのは当然です。

大手キャリアと比較したマイネオのデメリットを見ていきましょう。

実在する店舗が少ないので対面で相談ができない

大手キャリアの場合は全国各地に店舗があるため、契約内容や使い方などで困ったことがあっても、直接スタッフに相談することができます。顔を合わせて相談をして、契約内容や使用方法を直接教えてもらえるのは安心ですよね。

しかしマイネオは実在する店舗が少ないため、大手キャリアのように対面で相談することができません

とは言っても電話やメール、チャットなどを通じて相談をすることができます。スタッフの対応もとても丁寧で教育されているため、安心して利用できますよ。

開通の手続きを自分で行う必要がある

2つ目は開通の手続きを自分で行う必要があることです。

大手キャリアで契約する場合は、店舗のスタッフが全ての手続きをしてくれるのでラクちんですよね。

一方のマイネオは自分で手続きをしなければいけません。しかし手続き自体は難しくないので、手順に沿って自分でも簡単にできます。

時間帯によっては通信速度がダウンする

マイネオの通信速度は比較的、大手キャリアと比べても遜色はありません。

しかし特定の時間帯は、通信速度がダウンしやすくなることが分かっています

特に平日の昼12時~13時の間です。

学校や会社の昼休みで、たくさんの人がインターネットを使用するためですね。回線が混雑するのです。体感的にはYouTubeなどの動画が、やや重くなる程度と言われています。

1日わずか1時間ほどのことですが、人によってはデメリットと感じるかもしれません。

自分に合ったプランを選ぶのがやや面倒

最後のデメリットは、自分のプランに合ったプランを選ぶのがやや面倒なことです。

前述したようにマイネオはドコモとau、そしてソフトバンクの3社に対応しています。すでにこれらの大手キャリアを利用している人は、そのまま同じ回線を使用すれば問題ありません。

しかしこれから初めて携帯契約をする人にとっては、どのプランを選べば良いのか迷うところ。

自分が住んでいるエリアや使用しているスマホの機種によっては、通信状況が良くないなど、選んだプランが上手く適さない可能性もあります。

実際に使ってわかったマイネオのデメリット

インターネット上にはマイネオに関するさまざまな情報が載っていますが、実際のところはやはり使ってみないと分かりません。

続いては私が実際にマイネオを使ってみて分かったデメリットを紹介します。

大手キャリアのメールが使えなくなった

マイネオに限らず格安SIMに乗り換えることで生じるデメリットですが、大手キャリアのメールが使えなくなったのは痛かったです。

最近はLINEやメッセンジャーなどのSNSで友人とやりとりをするのがほとんどですが、仕事関係ではキャリアメールを通してやりとりをしていました。

しかしマイネオに乗り換えると、これまで使用していたキャリアメールは使えなくなります

もともと取得していたフリーメールアドレスはありましたが、仕事関係先に変更の連絡をする必要があるのは面倒な作業でした。

オプションサービスが煩雑で選ぶのが大変

マイネオのオプションサービスは実に豊富です。スマート留守電や割込み通話、ウィルスバスターモバイル、パスワードマネジャーなど、全部で20種類以上もあります。

人によっては選択の幅が広がってメリットと感じるかもしれませんが、私にとっては選ぶのがとにかく大変でした。

似たような内容のものもあるので、全部の中身を理解して比較をするのはデメリットと感じます

フリータンクからデータ容量を引き出す際にログインする必要がある

マイネオにはユーザー同士で余ったデータ容量を共有のタンクに保管できる、フリータンク制度があります。データ容量がなくなった時にフリータンクから引き出せるので、かなり便利なサービスです。

しかし私が感じたデメリットは容量を引き出す際に、サイトにログインしなければいけないこと。

容量を使い切った後にいざ引き出そうと思っても、インターネットに接続できないのでサイトにログインもできません。つまり、通信ができない状態ではデータ容量を引き出せないということですね。

容量がなくなる前に気が付ければ良いですが、私は何度か使い切ってから気が付くことが何度かありました。ない場合はWi-Fiを使えばなんとかできます。

悪いことだけじゃない!マイネオのメリット

これまでマイネオのデメリットをたくさん紹介しましたが、もちろんメリットもあります。

実際に使用して分かったメリットを見ていきましょう。

通信速度のダウンは感じなかった

平日の昼12時~13時の間は、通信速度がダウンしやすいことが分かっていると説明しました。

しかし私自身が使用した限りでは、通信速度の低下を感じることはありませんでした。私が地方都市に住んでいることが理由かもしれませんね。

私が住んでいる都市はそもそも人口が多くないため、平日12時~13時でも通信状況が混雑することがないのでしょう。

東京や大阪などの人口密度が高い地域では、やはり通信速度はダウンしやすいのかもしれません。

10分かけ放題サービスが便利

マイネオでは月額850円で、10分間のかけ放題サービスがあります。

私は普段、長電話をすることはありません。家族や友人、仕事関係先にかけることが多く、ほとんど10分以内に通話は完了します。

かける回数自体は多いため、10分かけ放題サービスは私にとって大きなメリットでした

解約する際に解約金が不要

私が感じた最も大きいメリットが、解約する際に解約金が不要であることです。

多くの格安SIMでは、最低利用期間というものが設定されています。期間は会社によって異なりますが、6ヶ月から2年と幅があります。

もし最低利用期間前に解約をすると、解約金として8,000円~9,500円ほど取られてしまうのです。

私は海外に行く機会が多く、一度行くと数ヶ月は滞在します。そのため海外に行く度に日本のスマホを解約したいと思っており、解約金が不要なマイネオは大きなメリットとなるのです。

必要な時だけ格安SIMを使いたい人に、ぴったりなサービスと言えるのではないでしょうか。

マイネオの公式サイトこちら

【実際に使った感想】でも結局はマイネオを使ってよかった!デメリットよりもメリットが上回る満足度!

大手のキャリアや他の格安SIMと比べてデメリットもあるマイネオですが、私としてはメリットの方が多く、満足度はとても高いです。

特にこれまで大手キャリアで月に1万円近くもかかっていたスマホ料金が、マイネオでは半額以下にまでダウンしたことは大きなメリットでした。

自宅には容量制限なしのWi-Fiがあるので、マイネオのデータ容量は少ないもので十分。シンプルに通話と最低限のデータ容量さえあれば、間に合います。

通話品質やデータ通信速度も特に不満を感じることはないため、大満足です。

マイネオへの申し込みはキャンペーンを最大限に利用して!よりお得に使おう

最後にマイネオが実施しているキャンペーンを紹介します。

キャンペーンを最大限利用することで、さらにお得にマイネオを利用できますよ。

月額基本料金が6カ月間800円割引、データ容量は1GB増量(2020年8月2日まで)

大手キャリアからの乗り換える場合、2020年8月2日までの申し込み限定で月額料金が6カ月間800円引き、さらにデータ容量が毎月1GBプラスされます。

ただしデュアルタイプ、そして3GB以上のプランに申し込む場合のみです。

端末保証料金が3カ月間無料(2020年8月31日まで)

マイネオには使用している端末が破損や水没などで使用できなくなった場合に備えて、交換保証のサービスがあります。アンドロイド端末は月額550円、iPhone端末は月額500円~1,000円です。

2020年8月31日までのキャンペーンでは、端末保証料金が3カ月間無料になります。

条件はマイネオで端末を購入してサービスに申し込むことです。

マイネオの公式サイトこちら

【まとめ】デメリットもあるけど結局はメリットの方が多い!格安SIMならマイネオがおすすめ!

ネット上に書かれているものの他、私が実際にマイネオを使ってみてのデメリットもいくつかありました。

しかし大手キャリアと比べて通話品質や通信速度に遜色はなく、何よりも月額料金を大きくセーブできるのは大きなメリットです。

スマホ代を減らしたい、見直してみたいと思っている人は、一度検討してみてはいかがでしょうか。

期間限定のキャンペーンも賢く利用して、お得なスマホ生活を送ってくださいね。

マイネオの公式サイトこちら

arrow_upward